カソバリヘッダー001

「SUV」 一覧

【2020年版】予想外の結果!ベスト26!国産SUV0-100km加速ランキング!

2018/12/17  

現在の国産SUVはハイブリッド車も多く、コンパクトカー並みの馬力とトルクのモーターを搭載した車種もあります。

ガソリン車、ディーゼル車もクロスオーバータイプが増えてきたこともあり、以前のモッサリとした加速感と違い、スポーツクーペ並みの鋭い加速性能を実現している車種も多くあります。

もし、あなたが、鋭い加速力のあるSUVをお探しでしたら、今回の記事の0-100km/h加速ランキングをチェックしておいてください!

【0-100km10.9秒!】決して速くない!イグニスの加速と馬力を徹底評価!

2018/12/14  

イグニスは1.2Lのマイルドハイブリッド車ですが、車両重量は880kgと軽自動車並みに軽量化されていますので、馬力感、トルク感は実際のスペック以上に感じることができます。

ですが、所詮、1.2LなのでSUVの中では加速力はあまりありません。

今回の記事では、イグニスの加速性能、馬力、トルクについて詳しく解説いたしますので、是非、最後までお読みください!

【0-100km11.3秒!】エンジンが古い!RVRの加速と馬力を徹底評価!

2018/12/14  

現行型の3代目RVRは2010年に発売され、2011年以降エンジンはSOHCの古い仕様のままで、馬力とトルクは標準的ですが、正直、加速では伸びがありません。

 

もし、あなたが、現行型RVRの購入を考えているのでしたら、今回の記事を読めば加速性能に限らず、走行性能で時代遅れの車なので、RVRの購入を控えた方が良いということが良く分かりますので、是非、最後までお読みください!

【最鈍足クラス】0-100km12.2秒!SX4Sクロスの加速と馬力を徹底評価!

2018/12/14  

SX4Sクロスに搭載されている「M16A型」1.6Lノンターボエンジンは正直、トルクと馬力がスペック不足になっているために、加速性能はSUV最下位クラスになってしまっています。

今回の記事を読めば、「SX4Sクロス」の加速性能がいかに悪いかが良く分かりますので、是非、最後までお読みください!

【2.0L並み】0-100km9.3秒!エスクードの馬力と加速を徹底評価!

2018/12/14  

現行型のエスクードは、現在1.4Lのターボ仕様車のみのラインナップとなっています。

一見、現在人気のダウンサイジングターボ車と思ってしまいますが、実際は「スイフトスポーツ」に搭載されているエンジンを搭載されていますので、馬力とトルクは1.8L~2.0L並みのパワーを秘めています。

今回の記事では、1.4Lの排気量のエスクードの加速力も2.0Lのノンターボ車並みになっていることがよく理解できますので、是非、最後までお読みください!

【本気で遅い】0-100km9.25秒!レガシィアウトバックの加速と馬力を徹底評価!

2018/12/12  

2014年から販売を開始した現行型「レガシィアウトバック」は、もはやスバル車という面影はなく、馬力やトルクも標準的、加速性能も標準的という、つまらない車になり果ててしまいました。

今回の記事を読めば、現行型レガシィアウトバックが先代の様なスパルタンな面影が無く、「スバリスト」を納得させられない加速性能であることが良く理解できますので、是非、最後までお読みください!

0-100km8.9秒!エクリプスクロス(ガソリン車)の加速と馬力を徹底評価!

2018/12/12  

久々の新開発エンジン「4B40型」を搭載したエクリプスクロスですが、エンジンの実力を加速よりも燃費に設定を寄せているために、馬力とトルク、そして加速性能は残念ながら凡庸になってしまっています。

今回の記事を読めば、本来の実力をかなり抑えてしまったせいで、全ての面で凡庸になってしまったエクリプスクロスの加速感、馬力感などが良く理解できますので、是非、最後までお読みください!

【本気で遅い】0-100km11.4秒!ハイラックスの加速と馬力を徹底評価!

2018/12/12  

ダカールラリーでおなじみの「ハイラックス」ですが、現在販売されている車両は「GAZOO Racing」のラリー仕様車とは全く違い、トルク重視の実用性に富んだSUVになりますので、加速性能、馬力感はありません。

今回の記事を読めば、市販されているハイラックスの加速感が無く、ラリー使用とは全く別物ということが良く分かりますので、是非、最後までお読みください!

【SUV最速!】0-100km6.5秒!レクサスLX570の加速と馬力を徹底評価!

2018/12/11  

レクサスLXは国内で正規に販売されているSUVの中では最重量の2680kg~2730kgという車両重量をになっていますが、巨大な排気量と化け物じみた馬力とトルクで国産SUVでは最速の加速力を誇っています。

今回の記事では、レクサスLXの加速力、0-100km/hの加速タイムが如何に素晴らしいかがよく理解できますので、是非、最後までお読みください!

【0-100km7.4秒!】ランドクルーザー200系の加速と馬力を徹底評価!

2018/12/11  

現行型ランドクルーザー200系は、車両重量がSUVの中では2番目に重い2,430kg~2,690kgになっていますが、4.6Lの有り余る馬力とトルクがあるので、加速性能は極めて優秀です。

今回の記事を読めば、超重量級の巨漢SUVのランドクルーザーが、いかに加速力があるかが良く分かりますので、是非、最後までお読みください!

Copyright© バリキックス , 2020 All Rights Reserved.