カソバリヘッダー001

スーパーハイトクラス

【クラス2位】0-100km12.4秒!NBOXの加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

現行型2代目NBOXは2017年のフルモデルチェンジでエンジンも一新され、ノンターボ車には「VTEC」ターボ車には「電動アクチュレーター」を搭載し、スーパーハイトクラスでは2位の加速力となっています。

 

もし、あなたが、新型NBOXの購入を考えているのでしたら、今回の記事では新型NBOXの加速と馬力、そして0-100km/hの加速タイムに関して評価していきますので、是非、購入前には確認をしておいてください!

 

 
スポンサードリンク

 

その1.馬力とトルクを検証

出典:honda.co.jp

大人気!全軽自動車加速ランキング、ベスト18はこちらです!

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

現行型2代目NBOXは、2017年のフルモデルチェンジで新型エンジンを搭載し、ノンターボ車には軽自動車初となる「VTEC」を搭載し、ターボ車にも軽自動車初となる「電動アクチュレーター」を装備して加速性能は大幅にアップしました。

 

まずは、NBOXに搭載されているエンジンについて検証しましょう。

・S07B型:658cc 直列3気筒DOHC

・S07B型:658cc 直列3気筒DOHCターボ

上記の新型エンジンは現在の所、NBOXのみに搭載され、「S660」「NONE」といったホンダの軽自動車では、旧来のS07A型エンジンを使用しています。

 

それでは、NBOXの最高出力と最大馬力を検証、評価していきましょう。

 

【NBOX/NBOXカスタム 最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
G/G/L/G/EX 43(58PS)/7,300 65(6.6kgf・m)/4,800
G・Lターボ
G・EXターボ
47(64)/6,000 104(10.6)/2,600

※カスタム含む

 

上記のように検証すると、新型NBOXのノンターボ車は、通常のノンターボ52psに対して最大馬力の58psを誇りますが、これは旧NBOX時代からの58psを引き継いだ形になります。

 

ライバルのスズキ・スペーシアの馬力の最大値が52PS、トルクが6.1kgmですから、NBOXの値は評価できます。

【スペーシア】

出典:suzuki.co.jp

参考

⇒【要確認】クラス最速!新型スペーシアの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

これは、今回の新型NBOXではエンジンを旧来の「S07A型:658cc 直3 DOHC」から「S07B型:658cc 直3 DOHC」に変更しました。

 

新型の「S07B型」エンジンは馬力とトルクを大幅に向上したものではなく、旧NBOXでは燃費が非常に悪いということで、ボア×ストローク比を変更したもので、自然吸気のノンターボモデルは加速性能が悪いということで、シビックタイプRでおなじみの軽自動車初のホンダの伝家の宝刀VTEC(ブイテック)が搭載されております。

 

ターボ車に関しては軽自動車の馬力は安全のための自主規制値があり64psが限界の値となっており、最近の技術では64ps以上出すことも可能なのですが、大手メーカーの軽ターボ車は64psになっているのが現状です。

 

ターボモデルの馬力は軽自動車トップ(同1位がたくさんいます)、トルクにも軽ターボ車の中ではトップクラスの数値で、エンジンの動力性能として不足は無いようです。

 

 

 
スポンサードリンク

 

その2.NBOXの実際の加速感と馬力感を評価!

出典:honda.co.jp

 

実際の加速感はどうでしょう。

 

新型NBOXは先代モデルからかなりのダイエットに成功し車重の重かった「カスタムGターボLパッケージのモデル」で比較すると80kgの減量に成功しています。

 

性能や使い勝手・また大きさを変えずに、80kgも減らすのは安全性の基準もクリアしなくてはならないので本当にすごいことです。

 

軽くなったことと、先にご紹介したVTECの効果により、旧NBOXでは遅いとされた出足はかなり軽快さが増しました。

 

また、ターボモデルは低速域からトルクが出る設定で、馬力も低速からある程度出てきますが、ただ、出足を重視した感があり、高回転域になると馬力・トルクともに頭打ちになります。

 

ターボモデルでは、電動アクチュエータを搭載しブーストコントロールを緻密に行いターボの力をより有効活用できるようになっています。

 

ノンターボモデルでは、やはりVTECが光ります。

 

小さなエンジンから、自然吸気で低速域から高速域まで淀みないパワーを引き出すことができ、スタートの加速力が旧NBOXとは比較にならず、全領域でスムーズな加速ができます。

 

当然、加速感・馬力感が上なのはターボ車ですが、乗っていて気持ちいいのはノンターボ車かもしれません。

 

ただ、ターボ車でいうと、スズキのスペーシアカスタムのほうが低速を「ハイブリットモーター」+高トルクの「パワーモード」でサポートしているので低速~高速域の伸びがあり、加速感が上になります。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.NBOXの0-100km/h加速タイムの評価!

出典:honda.co.jp

 

車の加速感や馬力感を数値化して評価する際に有効な値に0-100km/hのタイムがあります。

 

革新的なエンジンのNBOXの実力はどうでしょうか?検証していきましょう。

 

なお、NBOXの0-100km/hの加速タイムに関しては、ネット上の加速動画やユーザーレビュー等を集計した平均値となりますので、実際の場合との誤差はご容赦ください。

 

・カスタムGLターボ:12.4秒

・G(ノンターボ):約16.0秒

 

ターボ車はやはりかなり加速力があり評価できます。

 

これなら街中での加速では余裕すら感じることが出来るでしょう。

 

一方ノンターボもなかなか評価のできる実力で、VTECの恩恵は半端ではありません。

 

ライバルのダイハツ・タントのノンターボが18秒程度ですから、ノンターボ車としてもいかに俊逸かどうか分かります。ノンターボ車でも特に街中で馬力や加速に関して不足を感じることはないでしょう。

【タント】

出典:daihatsu.co.jp

参考

⇒【トルクが細い】買うのはやめろ!タントの加速、馬力を徹底評価!

 

俺の一言

 

初代NBOXは広大ボディで革新的でしたが、現行モデルはかなり2017年のフルモデルチェンジで軽快なモデルとなりました。

 

「ノンターボ=遅いモデル」になっていない点も評価できます。

 

 

あなたの1フォローが、より良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

大人気!軽自動車加速ランキングはこちらです!

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

関連記事

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【要確認】クラス最速!新型スペーシアの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【トルクが細い】買うのはやめろ!タントの3つの加速、馬力を徹底評価!

⇒【とにかく遅い!】デイズルークスの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【購入するな!】問題アリ!eKスペースの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【ターボ1択】重過ぎて遅い!ウェイクの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです

-スーパーハイトクラス

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.