カソバリヘッダー001

ガソリン車

【モデル超末期!】時代遅れ!キューブの3つの加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

キューブは現行型で3代目となりますが、発売が2008年となっており、現在までエンジン、CVTには抜本的なモデルチェンジは行っていませんので時代遅れ感が出てしまっています。

 

もし、あなたがキューブの購入を考えているのでしたら、今回の記事を読むといかに加速には時代遅れ感があるかが理解できるはずです。

 

今回はキューブの加速と馬力を

・馬力とトルク

・実際の加速性能

・0-100km/hの加速タイム

という3点で評価、検証していきます。

 

 
スポンサードリンク

 

その1.キューブの馬力とトルクを評価!

 

出典:nissan.co.jp

~加速力、馬力のあるコンパクトカーをお探しのあなたへ!~

国産コンパクトカーの0-100km/h加速ランキング、馬力ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト21!国産コンパクトカー0-100km/h加速ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト10!国産コンパクトカー馬力ランキングはこちらです!

 

現行型3代目キューブは2008年のフルモデルチェンジ以降、マイナーチェンジのみを繰り返してきていますので、すでにモデル末期と言えます。

一部噂によると、次期4代目キューブの販売はせずに、このまま販売終了になるともいわれています。

 

それでは、現行型3代目キューブのエンジンから評価してみましょう。

キューブに搭載されるエンジンはノンターボモデルの

・HR15DE型:1.498cc  DOHC・水冷直列4気筒

になります。

現在、日産のコンパクトカーではマーチ1.5Lのみが使用しているエンジンとなります。

参考

⇒【絶対に購入するな!】マーチガソリン車の3つの加速と馬力を徹底評価!

 

上記「HR15DE型」エンジンは若干古めのエンジンになりますが、キューブの発売が2008年ですから仕方が無いといえば仕方が無いのですが、先代ノートと同じエンジンですからさすがに設計は古めです。 

しかし、この頃のエンジンは今ほど燃費性能の競争も過激ではなかったため、馬力やエンジンを絞っていない点には希望が持てます。

 

それではキューブの最高出力(最大馬力)と最大トルクを検証してみましょう。

【キューブの最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
15X
15X Vセレクション
15G
82(111)/6,000 148(15.1)/4,000

 

上記のようにキューブの最高出力と最大トルクを検証すると、性能としては1.5リッターの自然吸気エンジンでは並のパワーです。

しかしながら、エコのために変に力を絞りすぎていないので、この点に関しては評価できます。

 

それでは次にキューブの実際の加速感について検証してみましょう。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.キューブの実際の加速感は?

 

実際の加速感はどうでしょうか?運転して感じる加速フィーリングを評価していきましょう。

 

まずキューブはコンパクトカーにしては1,200kg~1,210kgと結構な重さがあります。

スズキのソリオの車両重量がガソリン車FFでは930kgに抑えれれていることから見ても、現在の車種としてはかなり重たいことがわかります。

参考

⇒【ターボ1択!】クラス最低!タンクの3つの馬力と加速を徹底評価!

 

またフロントのピラーがせり立っているため風の抵抗をかなり受けるため、ボディの形状から考えると加速に関してネガティブな点が多いのが難点です。

 

さらにCVTの出来も一昔前と言わざるを得ません。

エンジンで発生したパワーを正確に動力に反映しているとは言い難い変速機です。

しかも、エンジンの回転数と実際のスピードが比例関係にないため、踏み込んだときに違和感や、もたつきを感じやすく、低速時にはあまり気になりませんが、急にパワーが必要になったときには、それが顕著に現れます。

 

高速の合流時や急勾配の登りなどでは、「ちぐはぐ」した加速感を感じざるを得ないでしょう。

最近のCVTはその辺りのネガティブな点は克服しつつありますが、キューブの発売された時代のままなので残念です。

 

実際の加速感は、どうしても古さを感じます。

それ同時にアクセルワークで意のままにならないCVTの特性に不快に感じる人も多いかもしれません。

 

 
スポンサードリンク

 

その3. キューブの0-100km/hの加速タイム

 

それではキューブの実際のタイムはどうでしょうか?

ネット上のキューブのユーザーのレビューや加速動画の0-100km/hの平均値を出すと以下のようなタイムになります。

・キューブ15X:12.5秒

 

ゆっくり街中をドライブするには問題ありませんが、急な加速力を要するシーンでは物足りなさを感じると思います。

前出のライバル車のスズキ・ソリオはあまり速いほうでもありませんがそれでも0-100km/hの加速タイムは

・ソリオG:9.33秒

 となっていますので、やはり10年の技術革新は大きいものがあります。

参考

⇒【ハイブリッドより速い!】ソリオガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

キューブも何回かマイナーチェンジをしていますが、10年の月日にはそれだけでは越えられない絶対的な壁を感じます。

 

キューブのスポーティ風グレードのライダーはよく変更がかかりますが、実際のところ見た目だけのチューニングが多く加速にはほとんど寄与していないので、ノーマルのキューブとさして変わりはありません。

スポーティなグレードでは、エンジン自体を変えるなどの大きな変更があればまだ魅力が残されていたかもしれません。

 

俺の一言

 

キューブは個性的なフォルムが評価されてきたモデルですが、さすがに超モデル末期で走行性能においても時代遅れ感が甚だしくなっています。

モデルチェンジ以外で一発逆転を狙うとすれば、ノートe-POWERのように、キューブe-POWER化することでしょうか?ただレイアウト的に可能なのか、開発費等を考えるとあまり現実的でないように感じます。

 

あなたの清き1フォローが、より良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

~加速力のあるコンパクトカーをお探しのあなたへ!~

国産コンパクトカーの0-100km/h加速ランキング、馬力ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト21!国産コンパクトカー0-100km/h加速ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト10!国産コンパクトカー馬力ランキングはこちらです!

 

 関連記事

 

⇒【ハイブリッドより速い!】ソリオガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

⇒【ターボ1択!】クラス最低!タンクの3つの馬力と加速を徹底評価!

⇒【ノンターボは絶対買うな!】ルーミーの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【ターボ以外買うな】クラス最下位!トールの加速と馬力を徹底評価!

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです

 

-ガソリン車

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.