カソバリヘッダー001

ガソリン車

【ノンターボは絶対買うな!】ルーミーの3つの加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

ルーミーは、1.0Lのコンパクトな5人乗りのトールサイズな車で、ファミリー向けにも注目される車です。

ですが、ノンターボ車の場合、車両重量のわりに馬力、トルク共に軽自動車並みになっていますので、加速力を気にする方は、購入前には必ず今回の記事を最後まで読んでください。

 

 
スポンサードリンク

 

その1.ルーミーの馬力とトルクを評価!

 

出典:toyota.jp

~加速力、馬力のあるコンパクトカーをお探しのあなたへ!~

国産コンパクトカーの0-100km/h加速ランキング、馬力ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト21!国産コンパクトカー0-100km/h加速ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト10!国産コンパクトカー馬力ランキングはこちらです!

 

ルーミーは、ダイハツの「トール」のOEMモデルであり、基本的には

・タンク(トヨタ)

・トール(ダイハツ)

・ジャスティ(マツダ)

を含めた4車種はエンジンの性能は、同一エンジンになっていますが、エアロパーツなどの空力対策が各社違いますので、加速時には多少の違いが出てきます。

参考

⇒【ターボ1択!】クラス最低!タンクの3つの馬力と加速を徹底評価!

⇒【ターボ以外買うな】クラス最下位!トールの加速と馬力を徹底評価!

 

ルーミーのエンジンは2種類あります。

・ノンターボ:1KR-FE型 996cc 直列3気筒DOHC

・ターボ車:1KR-VET型 996cc 直列3気筒DOHCターボ

ノンターボ車の「1KR-FE型」はトールはもちろん、パッソ、ヴィッツ、ブーンと同じエンジンを使用しています。

参考

⇒【最低レベル!】軽自動車以下!ブーンの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

ターボ車の「1KR-VET型」はトール4兄弟のタンク、ジャスティ、トールのみに使用されているエンジンとなっています。

 

それでは実際にエンジンのスペックを検証していきましょう。

 

【ルーミーの最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
【ノンターボ】
・X/X“S”
・G/G“S”
・カスタムG/カスタムG“S”
51(69ps)/6,000 92(9.4)/4,400
【ターボ車】
・G-T
・カスタムG-T
72(98)/6,000 140(14.3)/2,400~4,000

※ターボ車はFFのみ

 

上記のように検証すると、1.0Lの自然吸気エンジンは、はっきり言って馬力・トルク共に加速時には期待はできません。

軽のターボエンジンで馬力は64PS、トルクも10kgmがあたりまえの今、車両重量が1,100kgのリッターカーでこの値は、正直厳しいといわざるを得ません。

 

一方ターボ車は、NAよりも馬力やトルクに余裕があります。

「ソリオ」のガソリン車1.2Lエンジンのモデルは

・馬力:91PS

・トルク:12.0kgm

となっているのでそれよりは、動力性能としては優れています。

参考

⇒【ハイブリッドより速い!】ソリオガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

では次項では、貧弱なエンジンを積んだルーミーの実際の加速感を検証してみましょう。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.ルーミーの実際の加速感は?

 

それでは、実際の加速感を評価していきす。

厳しいことを言いますが、はっきり言って1.0Lのノンターボモデルの加速は全く期待できません。

 

一番軽いグレードでも1,070kgあり、軽自動車に毛が生えたくらいの馬力やトルクでは、加速はなり心もとないです。

加速を重視する人にとっては信号待ちからの加速さえもストレスに感じると思います。

さらに、5人乗りのファミリータイプというコンパクトカーですから、乗車人数が多いときには、加速時や上り坂では目も当てられない状況になってしまいます。

 

買い物や通勤のみといった近場の運転で、

・幹線道路の合流もめったにしない

・高速道路も運転しない

・加速性能は気にしない

といった「足代わりに乗れれば良い」という人以外はおススメできません

 

ターボモデルであれば、まあ、一応納得の出来る加速力です。

特に発進時、上り坂など、大きなパワーが必要になるシーンではターボ車とノンターボ車では明らかな差があります。

 

また、両車共にコーナリングの加速は全く評価できません。

ステアリングの遊びが多く、特にステアリングインフォメーション(ハンドルから路面の状況が伝わってくること)が皆無で、コーナーでの加速は結構危険です。

 

それでは、次にルーミーの実際の加速感を0-100km/hのタイムではどのくらいかを検証、評価してみましょう。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.ルーミーの 0-100km/hの加速タイムは?

 

では実際の加速はどうでしょうか?

馬力やトルクを評価するときに、スペックだけでは分からない点もあります。

そんな時、参考になるタイムに0-100km/hのタイムがあります。静止状態から100km/hのタイムを計ることによって、トルクと馬力がいかに、効果を発揮しているかどうかが分かります。

 

ルーミーを実際に購入したネット上のユーザーレビューや、動画サイトなどの加速タイムの平均値が以下のようになります。

・ルーミーX(ノンターボ車):13.9秒

・ルーミーG-T(ターボ車):10.80秒

上記のタイムを検証すると、軽ターボ車にも遅れをとる可能性もありますので、ノンターボの評価は厳しくせざるを得ません。

5人乗れる以外で、軽のスーパーハイトクラスに勝る点を見出すことがありません。

参考

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

 

一方ターボの方は、なかなかの加速性能です。

これらいであれば街中では力不足を感じにくいですが、ただリードするほどの実力はありません。

 

1.0Lのコンパクトのターボモデルでは、スズキの「クロスビー」があります。

クロスビーの直噴ターボの馬力は99PSと、ルーミーを大きく上回っています。

しかも、クロスビーにはハイブリッドも付きますので、加速性能ではクロスビーの方が評価できます。

参考

⇒【イマイチな加速力!】クロスビーの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

俺の一言

 

まず、加速から考えれば、ルーミーの選択肢はターボ一択になります。

ソリオを意識しただけに、ターボモデルはソリオハイブリッドよりも加速力はいいですが、ハイブリッドのアシストのあるソリオに比べ、アクセルを踏み込んだとき、ルーミーのターボ車はエンジンの回転数が上がりうるさくなるので、その辺の加速感は評価が分かれるところです。

参考

⇒本気で非力!ソリオハイブリッド/マイルドハイブリッドの加速と馬力を徹底評価!

 

あなたの清き1フォローが、より良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

~加速力のあるコンパクトカーをお探しのあなたへ!~

国産コンパクトカーの0-100km/h加速ランキング、馬力ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト21!国産コンパクトカー0-100km/h加速ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト10!国産コンパクトカー馬力ランキングはこちらです!

 

関連記事

 

⇒【ターボ1択!】クラス最低!タンクの3つの馬力と加速を徹底評価!

⇒【ターボ以外買うな】クラス最下位!トールの加速と馬力を徹底評価!

⇒【最低レベル!】軽自動車以下!ブーンの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【イマイチな加速力!】クロスビーの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです

 

-ガソリン車

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.