カソバリヘッダー001

ガソリン車

【ターボ1択!】クラス最低!タンクの3つの馬力と加速を徹底評価!

投稿日:

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

タンクは、車高が高い上に1.0Lの小排気量なので加速に関してはかなり残念な性能になっています。

特にノンターボ車の購入を検討している方は、とりあえず今回の記事を最後まで読んでから、購入を検討してください!

 

 
スポンサードリンク

 

その1.タンクの馬力とトルクを評価!

 

出典:toyota.jp

~加速力、馬力のあるコンパクトカーをお探しのあなたへ!~

国産コンパクトカーの0-100km/h加速ランキング、馬力ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト21!国産コンパクトカー0-100km/h加速ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト10!国産コンパクトカー馬力ランキングはこちらです!

 

トヨタのタンクは、同じく同社のルーミーと「似てるなあ」と思った方も多いと思いますが、この車は販売チャネルによる違いで、見た目と名前が違いますが、基本性能は変わりません。

ちなみにタンクとルーミーはダイハツの開発した「トール」をベースにしたOEMモデルになっており、販売店は

・タンク:ネッツトヨタ店、トヨペット店

・ルーミー:トヨタ店・カローラ店

となっています。

参考

⇒【ノンターボは絶対買うな!】ルーミーの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

更にトールのOEMでは、スバルのジャスティがありますので、これら4車種

・トール

・タンク

・ルーミー

・ジャスティ

のエンジンは同一なので、馬力やトルクは共通していることを先に確認する必要があります。

参考

⇒【ターボ以外買うな】クラス最下位!トールの加速と馬力を徹底評価!

 

それでは、タンクの最高出力(最大馬力)と最大トルクを検証してみましょう。

 

【タンクの最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
【ノンターボ】
・X/X“S”
・G/G“S”
・カスタムG/カスタムG“S”
51(69ps)/6,000 92(9.4)/4,400
【ターボ車】
・G-T
・カスタムG-T
72(98)/6,000 140(14.3)/2,400~4,000

※ターボ車はFFのみ

 

上記のようにタンクの動力原であるエンジンは2種類のラインナップがあります。

ひとつは1.0Lノンターボモデル、もう一つは1.0Lターボモデルです。

 

ダイハツのトールの解説でもお話ししたように、ノンターボ車の馬力はわずか69psとなっておりますが、車両重量が1,070kg~1,130kgという重量になっていますので、現在人気の軽自動車のタントやNBOXといったスーパーハイトワゴンのターボクラスとほぼ同じスペックになっています。

参考

⇒【トルクが細い】買うのはやめろ!タントの3つの加速、馬力を徹底評価!

⇒【合格点】軽N/A最大馬力!新型NBOXの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

上記のように馬力とトルクを検証するとターボ車の方が圧倒的にパワーがありますので、車を選ぶ際に、「加速」という項目が、少しでも選択基準にある方は絶対にターボモデルがおススメです。

ノンターボでは、車格に対しての馬力やトルクが圧倒的に不足しているので、購入した後に後悔することは必至です。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.タンクの実際の加速感

 

それでは、タンクの実際の加速感を評価していきます。

まず、1.0Lモデルは正直全域でパワー不足が否めません。

踏んでも唸るだけで馬力感は希薄で、全体的に「もっさり」とした印象を受けます。

平坦な街中の走行で、運転手1人だけしか乗らず、買い物専用であれば許容範囲と感じる方もいるかもしれません。

 

1.0Lーターボ車は確かに、馬力感や加速感は自然吸気(ノンターボ)モデルよりも優れていますが、踏み込むと結構がさつな音がして、スポーティー感は皆無です。

 

ライバル車のスズキ・ソリオのハイブリッドモデルと比較すると、ソリオの方が出だしも滑らかで、エンジンとハイブリッドで流れるような滑らかな加速を味わうことが出来ます。

そう考えると、もともとハイブリッドのパイオニアのトヨタなのですから、タンクにもハイブリッドモデルがあれば、もっと質感の高い加速が実現できたのではないかと思います。

参考

⇒本気で非力!ソリオハイブリッド/マイルドハイブリッドの加速と馬力を徹底評価!

 

売れ行き好調の、スズキソリオに対向するために付け焼刃的にパッソを上に引き伸ばした感が強く感じるので、なんとなくタンクの完成度には疑問符が付きます。

もう少し、加速に関しても先進技術を盛り込んでもらえれば、もっと魅力のある車になったと思うところは残念です。

 

 
スポンサードリンク

 

その3. タンクの0-100km/h加速タイム

 

馬力やトルクの評価だけでは、実際の加速性能は測りきれないので、0-100km/hのタイムを参考にすることがあります。

 

それではタンクの0-100km/hの加速タイムを検証しましょう。

・タンクX(ノンターボ車):13.9秒

・タンクG-T(ターボ車):10.80秒

となっています。

 

ノンターボ車は、正直言うとコンパクトカーの中では最鈍足クラスです。

そういった加速を重視する車でないと言われればそれまでですが、軽ターボよりも遅いので街中でも、動力不足を感じるシーンは多くあります。

坂道の多い地域の方にはあまりおすすめできないような評価です。

参考

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

 

一方のターボモデルはなかなか快調な加速力を持っています。

コンパクトカーのカテゴリーでは決してトップクラスに速いとは言い難いですが、街中での走行は問題なくこなせます。

幹線道路の合流や、高速道路の走行も問題ない評価の加速性能です。

 

俺の一言

 

色々用途の豊富なタンクですが、加速性能は馬力とトルクに優れるターボエンジンのおかげで、必要十分な加速を得ることが出来ますが、もともとのエンジンが1.0Lなので限界があるのが正直なところです。

ハイブリッドのグレードもあれば魅力が増したのではと思ってしまいます。

 

あなたの清き1フォローが、より良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

~加速力のあるコンパクトカーをお探しのあなたへ!~

国産コンパクトカーの0-100km/h加速ランキング、馬力ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト21!国産コンパクトカー0-100km/h加速ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト10!国産コンパクトカー馬力ランキングはこちらです!

 

関連記事

 

⇒【ノンターボは絶対買うな!】ルーミーの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【ターボ以外買うな】クラス最下位!トールの加速と馬力を徹底評価!

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです

 

-ガソリン車

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.