カソバリヘッダー001

ガソリン車

正直残念!ヴィッツGR SPORT/GR SPORT"GR"加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

ヴィッツGR SPORT/GR SPORT"GR"といえばトヨタのコンパクトカーの代表車、ヴィッツのスポーティグレードです。

ノーマルのヴィッツ(ガソリン車)の加速力は残念な結果になりましたが、スポーツモードのヴィッツGR SPORT/GR SPORT"GR"も正直残念な加速性能となっていますので、期待をして購入せずにきちんと加速性能は把握しておくべきです。

 

 
スポンサードリンク

 

その1.ヴィッツGR SPORT/GR SPORT"GR"の馬力とトルクを評価!

 

出典:toyota.jp

~加速力、馬力のあるコンパクトカーをお探しのあなたへ!~

国産コンパクトカーの0-100km/h加速ランキング、馬力ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト21!国産コンパクトカー0-100km/h加速ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト10!国産コンパクトカー馬力ランキングはこちらです!

 

ヴィッツGRのエンジンは

・1NZ-FE型:1.5L 直4 DOHC 自然吸気(ノンターボ)

となっており、カローラシリーズやシエンタに搭載されているエンジンと同一です。

 

通常のヴィッツのガソリン車が、1.0Lと1.3Lの自然吸気エンジンですから、排気量の面でもグレードアップしているのが分ります。

参考

⇒【軽自動車並みに遅い!】ヴィッツガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

これはヴィッツRSの時代でも同じ値だったので、GRはRSの後継機だということができます。

 

それではヴィッツGR SPORT/GR SPORT"GR"の最高出力(最大馬力)、最大トルクを評価してみましょう。

ヴィッツGRには、ライトチューンモデルのGR SPORTと、さらにスポーツ性を高めたGR SPORT"GR"というグレードがありますが、エンジン性能に両車の違いはありません。

 

【ヴィッツGR SPORT/GR SPORT"GR"の最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
・GR SPORT
・GR SPORT"GR"
80(109)/6,000 136(13.9)/4,800

 

上記のように検証すると、1.5Lとしては平凡な馬力とトルクです。

スポーツモデルだからといって特別に馬力やトルクを引き出して加速力を上げるというよりは、単純に排気量を上げたという印象です。

 

よくある、エアロと足回りを強化しただけのスポーツモデルという感じがしますが、果たしてノーマルの1.5Lエンジンでどこまで走りの質が増したのか?

 

次は実際の加速感について評価していきます。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.ヴィッツGR SPORT/GR SPORT"GR"の実際の加速感

 

それでは、実際の加速感を評価していきましょう。

グレード名が大変わかり難いと思いますが、GR SPORTはライトチューンモデルです。

ボディ補強やシャーシ性能を向上させて1.5リッターの動力を活かします。

 

GR SPORTの場合CVTを選択すると普通ヴィッツと同じタイプのCVTが搭載されるので、もちろん加速力を得るためにMT1択になります。

またGR SPORT"GR"ほどではないですが、コーナリングや直線安定性が程よく高められています。

ですから、GR SPORTはちょっとスポーティ感がほしい人向けといえます。

 

GR SPORT"GR"は前出のGR SPORTと比べると、よりハードなセッティングになっています。

エンジンこそノーマルな量産仕様ですが、

・ボディ補強

・アンダーフレーム強化ブレース追加

・ザックス製チューニングサス

など、スポーツ性を感じられる要素が満載です。

 

地味なところですがステアリングホイルが小径になっているところも、スポーツ感を感じるためには結構重要なポイントなのでうれしいところです。

何よりGR SPORT"GR"が加速に有利なのはCVTが専用仕様になることです。

10速シーケンシャルシフトマチックの採用し、多段化したCVTにより、エンジンのパワーを上手に使いきることができます。

 

普通このような機構はコンパクトカーのようなコストが重視されるクラスには採用されない場合が多いのですが、ヴィッツGR SPORT"GR"の場合そんなことは度外視して性能を重視させています。

上位グレードらしい潔さを感じます。

 

ヴィッツGR SPORT"GR"全体で見ても、通常のヴィッツとは別次元の性能ですが、1番スポーティでダイレクトな加速を堪能できるのはやはりGRの5MTです。

 

個人的にはGR SPORT"GR"のCVT(10速シーケンシャル)も悪くはないと思いますが、多段のシーケンシャルは、面白く無駄にカチャカチャしたくなってしまいそうです。

街乗りが多い場合MTだと、運転していて疲れが溜まりますから、街乗りもするけど加速も重視したい人はヴィッツGR SPORT"GR"のCVTがおすすめです。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.ヴィッツGR SPORT/GR SPORT"GR"の0-100km/hの加速タイム

 

それでは、ヴィッツGR SPORT/GR SPORT"GR"の実際の加速性能を評価します。

ヴィッツGR SPORT/GR SPORT"GR"の0-100km/hタイムは以下になります。

・GR SPORT:9.2秒

・GR SPORT"GR":8.9秒

 

上記のようにヴィッツGR SPORTとGR SPORT"GR"のタイムを比較すると、ほぼ変わりのないことがわかります。

セッティングに違いはあるものの、エンジンが同じため大きな差は出ていません。

 

ただ、エンジンが「ド・ノーマル」ということだけあり、かなり残念なタイムです。

 

ライバル車のスイフトスポーツの0-100km/hの加速タイムは

・スイフトスポーツ1.4L:6.9秒

となっていますので、相手にもなっていない加速タイムです。

参考

⇒【クラス2位】最速王ならず!スイフトスポーツの加速と馬力を徹底評価!

 

 

俺の一言

 

ヴィッツGR SPORT/GR SPORT"GR"はなかなかスポーティであると評価できますが、グレードの名前もコンセプトも理解し難いものがあります。

この上のクラスのGRMNがあります。

参考

⇒【圧巻のクラス1位!】最速王ヴィッツGRMNの加速と馬力を徹底評価!

 

しかし、GR SPORT"GR"くらいに、足回りから何から変更するのであればエンジンもターボなり、吸排気系を見直して馬力アップさせるとかしないと、本格チューニングのくせに意外に遅いと評価されてしまいます。

 

あなたの清き1フォローが、より良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

~加速力のあるコンパクトカーをお探しのあなたへ!~

国産コンパクトカーの0-100km/h加速ランキング、馬力ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト21!国産コンパクトカー0-100km/h加速ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト10!国産コンパクトカー馬力ランキングはこちらです!

 

関連記事

 

⇒【軽自動車並みに遅い!】ヴィッツガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

⇒正直残念!ヴィッツGR SPORT/GR SPORT"GR"加速と馬力を徹底評価!

⇒【加速力は残念!】ヴィッツハイブリッドの加速と馬力を徹底評価!

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです

 

-ガソリン車

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.