カソバリヘッダー001

セダンクラス

【買うのは待て!】馬力不足!ミライースの3つの加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

ミライースは2017年にフルモデルチェンジを行い2代目として生まれ変わりました。

車重も初代ミライースと比較すると、最大80kg軽量化に成功しましたので、加速力は向上しましたので、新型ミライースの購入を検討している方は要チェックです。

今回は、ミライースの加速と馬力を3つの視点から評価していきます。

 

 
スポンサードリンク

 

その1.エンジンの馬力とトルクを評価

 

出典:daihatsu.co.jp

大人気!全軽自動車加速ランキング、ベスト18はこちらです!

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

ミライースはダイハツの中で軽最高燃費を追及しなくてはいけない、燃費のフラッグシップとも呼べるモデルです。

そのため、当然ですが加速を第一に重きを置いていません。

そういった理由で、ミライースにはターボモデルがなく、ノンターボのみの設定となっております。

 

ミライースに搭載されるエンジンは「 KF-VE型 0.658L 直3 DOHC DVVT」で、ダイハツではメインの汎用型になっており、ムーヴシリーズ、タント、キャストのノンターボ車に搭載されています。

これは先代から受け継がれたエンジンで、燃料噴射装置、アクセル開度に対する加速性能など多少の改良があるものの、ほとんど性能の変化はありません。

ではミライースの最高出力と最大トルクのスペックを検証してみましょう。

 

【ミライース 最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
全グレード(ノンターボ) 36(49 )/6 ,800 57(5.8 )/5 ,200

 

馬力・トルクともに燃費に振っているため、同じ型式のエンジンを積むムーヴやキャストのノンターボのモデルよりも数値が抑えられています。

軽のノンターボ車で馬力は大半が52psなので、ノンターボ49psは日産のデイズシリーズ、三菱eKシリーズと同様に馬力感が少ない値といえます。

 

またトルクもノンターボの軽自動車の平均値としては5kgf・mは超えてきているのでこれに関しても、他と比べてしまうと今一つの値です。

燃費を追及しているモデルなので、エンジンの設定としてはこのあたりで妥当といえるのかもしれません。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.実際の加速感

 

続いて実際の加速感の評価です。

エンジン性能が向上している訳ではないので、加速性能も上がっていないのではないかと思われますが、意外とそうでもありません。

 

初めにお話ししたように2017年にフルモデルチェンジした今回のミライースの最大の改良点は車両重量を最大80kg減量に成功しているところです。

初代ミライースと比較すると、

・初代ミライースL(FF):730kg

・2代目ミライースL(FF):650kg

という驚異的な減量に成功しています。

80kgというのは成人男性の平均体重より重い値ですから、ドライバーが一人乗ったとしても先代の誰も乗っていない状態よりも軽いという計算になります。

 

車が軽いことは、加速にも燃費にも良い効果があります。

特に、もともと非力な軽自動車において車の重量は、静止状態からの出だしの加速を左右する要因となります。

そのほかサスペンションなどの設定を見直すことによって、先代よりも加速性能が格段にアップしています。

もともと得意だった燃費性能の進化は据え置きにして、快適性能のレベルアップをはかったのが今回のモデルチェンジの目的となっており、そのため加速性能も初代よりもぐっと上がって、街中でも軽快な走りを実現できるようになっています。

実際にエンジンの性能としては燃費重視で加速はイマイチですが、軽量ボディのため街中でのパワー不足は感じないと思います。

 

ただ、こういったミライースの進化は、ダイハツが望んだものではありません。

ライバルのアルトが先のモデルチェンジの際650kg(Lグレード)で出されてしまったために、追従せざるを得なくなったのが正直なところかと思います。

参考

⇒【コスパ最高】軽N/A最速クラス!アルトの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

 
スポンサードリンク

 

その3.「0-100km/h」のタイム

 

軽くなって軽快になったミライースですが、実際の値はどうでしょうか?

トルク感、加速感を、馬力感を評価する上で重要な値に0-100km/hのタイムがあります。

・ミライース・・・18秒

 

ミライースには「Dレンジ」というシフトゲートのほかに「Ds」という加速力が欲しい時のためのレンジがあります。

そのレンジに入れた時の値が上の値です。

 

はっきり言ってとても速いとは言えませんが、燃費のことや先代よりも軽量になったことで加速感や馬力感も出てきたのは間違いありません。

せっかく軽くなったのでアルトターボRSのようにターボモデルもあると、もっと選択肢を増やせて加速を重視するユーザーにも評価されたと思います。

参考

⇒【注目】軽最速クラス!アルトターボRSの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

ちなみにライバルのスズキ・アルトは、

【アルトL(FF)】

・車重:650kg

・最大馬力:52PS

・最大トルク:6.4kgf・m

・燃費(JC08):37㎞/L

となっています。

ミライースは車重のみ互角、他はアルトに負けています。

 

ミライースの方が後発のため、後出しジャンケンで負けた感は否めません。

ただ、ミライースも十分進化しているので、それだけアルトの性能の進化が素晴らしいということでしょう。

 

俺の一言

 

ダイハツの軽セダンの旗振り役のミライースですが、もう少し加速性能も求めて欲しかった点を考えると、ミライースの性能よりもアルトの性能を評価しておきます。

 

まとめ

 

今回は2017年にフルモデルチェンジを行った新型ミライースの加速と馬力を検証してきました。

総合的に評価すると、馬力は軽自動車最下位クラスで、加速性能は初代よりもアップしたものの実力不足です。

また、ノンターボのみのラインナップということもありますので、同じセダンタイプを購入するなら、スズキ「アルト」シリーズにした方が良いでしょう。

 

あなたの1フォローが、より良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

大人気!軽自動車加速ランキングはこちらです!

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

関連記事

 

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです

 

-セダンクラス

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.