カソバリヘッダー001

ハイブリッド/電気自動車

【クラス4位】0-100km7.0秒!ノートe-POWER NISMOの加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

ノートe-POWER NISMOは、コンパクトカー「トップクラス」の加速性能を誇るe-POWERの走りを強化したNISMOバージョンです。

 

通常型ノートe-POWERの加速力は評価も高いだけに、さらなるNISMOチューンが加わると加速や馬力も一般コンパクトカーの域を超えてしまいます。

 

今回はノートe-POWER NISMOの加速と馬力を

・馬力とトルク

・実際の加速感

・0-100km/hの加速タイム

の3点で評価、検証いたします。

 

 
スポンサードリンク

 

その1.ノート e-POWER NISMOの馬力とトルクを評価!

出典:nissan.co.jp

~新型ノートe-POWER NISMO Sの加速と馬力が気になるあなたへ!~

⇒【クラス2位!】新型ノートe-POWER NISMO Sの3つの馬力と加速を徹底評価!

※別ウインドウで開きますので、後日読んでみるのもお勧めです!

 

ノートe-POWER NISMOの動力源は、通常のノートe-POWERと同じですが、新型ノートe-POWER nismo Sとは違います。

参考

⇒【クラス2位!】新型ノートe-POWER NISMO Sの3つの馬力と加速を徹底評価!

 

エンジンとモーターを搭載していますが、あくまでも動力を発生するのはモーターの役割で、エンジンはモーターに電力を供給するために発電をしています。

 

よって、ノートe-POWER NISMOの加速を評価するにはモーターの性能を評価する必要があります。

 

ノート e-POWER NISMOの最高出力、最大トルクは以下のようになります。

 

【ノート e-POWER NISMO 最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
ノート e-POWER NISMO 80(109PS)/3,008-10,000 254N・m(25.9kgf・m)/0-3,008rpm

 

上記のように検証すると、馬力もトルクがとても優れており、2Lターボ並みのトルクは、ノートe-POWER NISMOにはオーバースペックともいえるほどです。

 

ただ、モーター自体には特別なチューニングは行われておらず、通常型のノートと同じスペックになっています。

参考

⇒【クラス2位のトルク!】ノートe-POWERの加速と馬力を徹底評価!

 

それでは、NISMOチューンによってe-POWERはどのように変わったのかを実際の加速感とともに事項では解説します。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.ノート e-POWER NISMOの実際の加速感を評価!

 

それでは、実際の加速感はどうしょうか?

「ノートe-POWERとモータースペックが一緒だからかわらないんでしょ?」

と思っている方も多いのではないのでしょうか?

 

日産肝いりのNISMOの冠を背負っていますから、そんなわけはありません。

ノートe-POWER NISMOのモーターの出力をコントロールするコンピュータのセッティングが変わっているため相当キャラクターが変わっています。

 

通常のノートe-POWERにもSモードという、いわゆるパワーモードがありますが、ノートe-POWER NISMOのSモードはちょっとやり過ぎでは、と思うくらいに反応が過敏になっています。

 

アクセルを踏み込んだことに対する、トルク感、馬力感のレスポンスが格段に向上しています。

モーターはエンジンと違っていきなりパワーが出るので、パワーを引き出すことよりも制御する方が難しいのですが、コンピュータのセッティングの変更でコンパクトカー最速クラスに加速力も増しました。

 

正直言いまして、ノートe-POWER NISMOの発売当初、この車には何の期待もしていませんでした。

最近他のメーカーでも、エコスポーツという名目で、エコカーのスポーティバージョンが出ています。

 

しかし、ほとんどが、

「足回りを少し固めて、見た目重視のエアロパーツを付けて終わり・・」

という残念なモデルな気がします。

 

個人的にはノートe-POWER NISMOもその類だろうと思っていましたが、ノートe-POWER NISMOは良い意味でその期待を裏切ってくれました。

 

もともとモーターの力強さで定評があるノートe-POWERをさらに磨き上げ、新世代のスポーツを打ち出せた点は非常に評価できます。

 

なお、より詳しいノートe-POWER NISMOの加速性能については、オーナーさんにインタビューしてきましたので、下記の記事をご覧になってください!

⇒【レビュー】7カ月乗って分かった!ノートe-POWER NISMOの加速と魅力!

 

 
スポンサードリンク

 

その3. ノートe-POWER NISMOの0-100km/h加速タイムを評価!

 

それでは、ノートe-POWER NISMOの実際の加速性能を0-100㎞/hのタイムをもとに考えていたいと思います。

ノートe-POWER NISMOのタイムは以下の通りです。

・ノートe-POWER NISMO:7.0秒

まさに、コンパクトカーでは最速クラスですね。

 

通常ガソリン車のノートのNISMOバージョンには排気量を1,2L→1.6Lに変更した「ノートNISMO S」というバージョンもありますが、0-100km/hの加速タイムは8.95秒なので、e-POWER NISMOの加速力がいかに良いかわかります。

参考

⇒【残念な加速力?】ノートNISMO Sの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

特に60㎞/hまでの加速は同クラスの中では群を抜いています。

 

100㎞/hくらいまでは、面白いようにスピードメーターの針が動いて行き、スーパーカーの出だしのようなメーターの動きです。(言い過ぎかもしれませんが・・・)

 

ただゼロミッション(ゼロミッション車ではなく、変速ギアがないという意味)なので、100㎞/hを越えたあたりからの伸びはだんだんと厳しくなってきます。

 

高速域での伸びが無いことが弱点とも言えますが、ノートe-POWER NISMOのキャラクターを考えれば、街中やワインディングロードをキビキビ走ってくれれば十分でしょう。

 

ライバルに、コンパクトの本格スポーツのスイフトスポーツがありますが、加速性能はほぼ同じくらいです。

ちなみに0-100km/hのタイムが6.9秒

参考

⇒【クラス1位】最速王!スイフトスポーツの加速と馬力を徹底評価!

 

ただ、直線で性能は同程度ですが、コーナリングでの加速はスイフトスポーツのほうが断然上です。

ノートe-POWER NISMOの回生ブレーキを使ったワンペダルの操作では、楽ではありますが意のままに操れるとは言い難いです。

街乗りでは評価が高いんですけどね・・・

 

俺の一言

 

ノートe-POWER NISMOの加速はすごいです。エコとスポーツは同居できないという、私の偏見を見事に打ち砕いてくれました。

 

しかし、ワンペダル走行はやはり、加速を好む人には邪魔になりそうです。

若干回生ブレーキの介入は抑えられているようですがNISMOバージョンだけに、もっと違う仕様を打ち出してほしかったですね。

 

 

あなたの清き1フォローが、より良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

~加速力のあるコンパクトカーをお探しのあなたへ!~

国産コンパクトカーの0-100km/h加速ランキング、馬力ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト21!国産コンパクトカー0-100km/h加速ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト10!国産コンパクトカー馬力ランキングはこちらです!

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

関連記事

 

⇒【レビュー】7カ月乗って分かった!ノートe-POWER NISMOの加速と魅力!

⇒【クラス2位!】新型ノートe-POWER NISMO Sの3つの馬力と加速を徹底評価!

⇒【クラス2位のトルク!】ノートe-POWERの加速と馬力を徹底評価!

⇒【残念な加速力?】ノートNISMO Sの3つの加速と馬力を徹底評価!(ガソリン車)

⇒【旋回性能重視】速くない!ノートNISMOの加速と馬力を徹底評価!(ガソリン車)

⇒【NA車は絶対買うな!】ノートガソリン車の加速と馬力を徹底評価!(ガソリン車)

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです

 

-ハイブリッド/電気自動車

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.