カソバリヘッダー001

0-100km/h総合ランキング

【2020】ハイブリッド車限定! オール国産車0-100km/h加速ランキング!

投稿日:

アイキャッチ

~本気で速い国産車を探している「あなた」へ!~

現行の国産車のクーペ、セダン、SUV等、全てのカテゴリー(ハイブリッド/ガソリン車含む)を含めた0-100km/h加速ランキングはこちらです!

⇒【2020】決定版!オール国産車0-100km/h加速ランキング!

※別ウインドウで開きますので後日読んでみるのもオススメです!

 

今回は全てのジャンルの現行車種のハイブリッド車限定で0-100km/h加速ランキングを行います。

 

中にはGTRに迫る圧巻の2秒台という車種も存在していますので、加速マニアのあなたは、是非!全車種をチェックしておいてください!

 
スポンサードリンク

 

トップ20!国産ハイブリッド車0-100km/h総合ランキング!

レース用車両の画像

~爆速ハイブリッド車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

今回の現行車のハイブリッドカーの加速ランキングに使用しているタイムは、国内外のサイトやユーザーの実測値等のデータの平均値になります。

 

なので、実際に所有している人が計測したタイムとは誤差がある場合もありますが、そのあたりはご容赦ください。

 

同率18位:レクサス・IS300h

レクサスIS300hの外観の画像

出典:lexus.jp

更に詳しいレクサスIS300hの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒0-100km7.9秒!レクサスIS300hの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100㎞/h加速タイム】

・レクサスIS300h"F SPORT":7.9秒

パワー
トレイン
最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
システム
総合出力
162(222) -
【エンジン】
・2AR-FSE型
131178
/6,000
22122.5
/4,200-4,800
【モーター】
・1KM型
105143 30030.6

・エンジン:「2AR-FSE型」2493㏄ 直列4気筒 DOHC

・モーター:「1KM型」交流同期電動機

・駆動形式:FR/4WD

・変速機:CVT

・車両本体価格:5,259,630円~

 

タイムとしては決して遅い部類では無いですが、レクサスブランドのアッパーミドルセダンとしての実力と考えると少々不足気味です。

 

高級車のゆとりを感じるには物足りない性能と言えるでしょう。

 

更に詳しいレクサスIS300hの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒0-100km7.9秒!レクサスIS300hの加速と馬力を徹底評価!

 

同率18位:トヨタ・クラウンHYBRID(2.5L

クラウンの外観の画像

出典:toyota.jp

更に詳しいクラウンHYBRID(2.5L)の馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒0-100km7.9秒!クラウンハイブリッド2.5Lの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100㎞/h加速タイム】

・クラウンHYBRID S(2.5L):7.9秒

パワー
トレイン
最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
システム
総合出力
166(226) -
【エンジン】
・A25A-FXS型
135184
/6,000
22122.5
/3,800-5,400
【モーター】
・1KM型
105143 30030.6

・エンジン:「A25A-FXS型」2487㏄直列4気筒DOHC

・モーター:「1KM型」交流同期電動機

・駆動形式:FR/4WD

・変速機:CVT

・車両本体価格:5,059,000円~

 

足回りの強化をして、先代モデルとは随分印象が変わりました。

 

3.5Lのハイブリッドもラインナップしているので、それと比べると大きく見劣りしますが、街乗りレベルではほぼストレスを感じない加速感に仕上がっています。

 

更に詳しいクラウンHYBRID(2.5L)の馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒0-100km7.9秒!クラウンハイブリッド2.5Lの加速と馬力を徹底評価!

 

17位:トヨタ・カムリ

カムリの走行時の画像

出典:toyota.jp

更に詳しいカムリの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【予想外の速さ】0-100km7.7秒!カムリの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100㎞/h加速タイム】

・カムリ(WS):7.7秒

パワー
トレイン
最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
システム
総合出力
155(211) -
【エンジン】
・A25A-FXS型
131178
/5,700
22122.5
/3,600~5,200
【モーター】
・3MN型
88120 20220.6

・エンジン:「A25A-FXS型」2487㏄ 直列4気筒 DOHC

・モーター:「3MN型」型交流同期電動機

・駆動形式:FF/4WD

・変速機:CVT

・車両本体価格:3,456,000円~

 

マークX無き今、トヨタで唯一といってもいいアッパーミドル系セダンですが、この程度の実力では走りのセダンマークXの代わりにはなれません。

 

FFですしね。。。

 

更に詳しいカムリの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【予想外の速さ】0-100km7.7秒!カムリの加速と馬力を徹底評価!

 

16位:ホンダ・アコード

アコードの走行時の画像

出典:honda.co.jp

更に詳しいアコードの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【意外に速い】0-100km7.6秒!アコードの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100㎞/h加速タイム】

・アコードEX:7.6秒

パワー
トレイン
最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
システム
総合出力(馬力)
158(215) -
【エンジン】
・LFA型
107145/6,200 17517.8/4,000
【モーター】
・H4型
135184/5.000-6.000 31532.1/0-2.000

・エンジン:「LFA型」1993㏄ 直列4気筒 水冷DOHC

・モーター:「H4型」交流同期電動機

・駆動形式:FF

・変速機:CVT

・車両本体価格:4,650,000円~

 

見かけによらずなかなか加速の良いアコードは70/hまではエンジンが発電にまわり、モーターが加速を担うというタイプのハイブリッドになっています。

 

モーターのみのリニアな加速は好みが分れます。

 

更に詳しいアコードの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【意外に速い】0-100km7.6秒!アコードの加速と馬力を徹底評価!

 

15位:日産・ノートe-POWER

出典:nissan.co.jp

更に詳しいノートe-POWERの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【クラス6位】0-100km7.5秒!ノートe-POWERの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100㎞/h加速タイム】

・ノートe-POWER S:7.5秒

パワー
トレイン
最高出力
kW
PS/rpm
最大トルク
N
mkgfm/rpm
【発電用エンジン】
・HR12DE
5879
/5,400
10310.5
/3,600~5,200
【モーター】
フロント
・EM57型
80109
/3,008-10.000
25425.9
/0-3,008
【モーター】
リア
・N2型
3.5(4.8)
/4,000
15(1.5)
/1,200

・発電用エンジン:「HR12DE型」1198㏄ 水冷直列3気筒 DOHC

・駆動用モーター

フロント:「EM57型」交流同期電動機

リア:「N2型」交流同期電動機

・駆動形式:FF/4WD

・変速機:CVT

・車両本体価格:1,937,100円~

 

エンジンを搭載していながら、エンジンは発電用でモーターのみで走るタイプのハイブリッド車のノートe-POWEは、燃費も上々な上に加速も良好な優等生です。

 

ただ、ワンペダルドライブはお世辞にもスポーティとは言い難いのが難点です。。。

 

更に詳しいノートe-POWERの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【クラス6位】0-100km7.5秒!ノートe-POWERの加速と馬力を徹底評価!

 

14位:日産・リーフ(電気自動車)

リーフの走行時の画像

出典:nissan.co.jp

更に詳しいリーフの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【クラス最大トルク!】0-100km7秒!リーフの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100㎞/h加速タイム】

・リーフS:7.04秒

モーター 最高出力
kW
PS/rpm
最大トルク
N
mkgm/rpm
EM57 110(150)
3,283~9,795
32032.6
0~3,283

・モーター:「EM57型」交流同期電動機

・駆動形式:FF

・変速機:CVT

・車両本体価格:3,326,400円~

 

国内屈指の量産型EV(電気自動車)のリーフは加速も良好で、初代CMでは名車180SXとのゼロヨンバトルのような演出もされるほど加速にも力を入れたエコカーです。

 

ガソリン車のような高揚感は得られませんが気づいたら速度が上がっていることに驚くほどの加速性能は正に新時代を象徴しています。

 

更に詳しいリーフの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【クラス最大トルク!】0-100km7秒!リーフの加速と馬力を徹底評価!

 

同率12位:日産・ノートe-POWER NISMO

ノートe-POWER nismoの外観の画像

出典:nissan.co.jp

更に詳しいノートe-POWER NISMOの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【クラス4位】0-100km7.0秒!ノートe-POWER NISMOの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100㎞/h加速タイム】

・ノートe-POWER NISMO:7.0秒

パワー
トレイン
最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
【発電用エンジン】
・HR12DE
5879
/5,400
10310.5
/3,600~5,200
【モーター】
・EM57型
80109
/3,008~10,000
25425.9
/0~3,008

・発電用エンジン:「HR12DE」1198㏄ 水冷直列3気筒 DOHC

・モーター:「EM57型」交流同期電動機

・駆動形式:FF

・変速機:CVT

・車両本体価格:2,534,400円~

 

そのままでも速いノートe-POWERをパワーアップさせたノートe-POWER NISMOはパワートレインこそノーマルと同じですが、足回りなどの強化によりさらに加速が良くなり、魅力が増しています。

 

更に詳しいノートe-POWER NISMOの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【クラス4位】0-100km7.0秒!ノートe-POWER NISMOの加速と馬力を徹底評価!

 

同率12位:日産・リーフNISMO(電気自動車)

リーフ NISMOの走行時の画像

出典:nissan.co.jp

更に詳しいリーフNISMOの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【クラス5位】0-100km7.0秒!リーフNISMOの馬力と加速を徹底評価!

 

【0-100㎞/h加速タイム】

・リーフNISMO:7.0秒

モーター 最高出力
kW
PS/rpm
最大トルク
N
mkgm/rpm
EM57 110(150)
/3,283~9,795
32032.6
/0~3,283

・モーター:「EM57型」交流同期電動機

・駆動形式:FF

・変速機:CVT

・車両本体価格:4,107,400円~

 

EV(電気自動車)NISMOバージョンと言う意欲作ですが、モーターのセッティングは変わっていません。

 

足回りの強化などもされていますが、直線での加速力はそれほどノーマルとは変わらないのは残念です。

 

更に詳しいリーフNISMOの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【クラス5位】0-100km7.0秒!リーフNISMOの馬力と加速を徹底評価!

 

11位:日産・ノートe-POWER NISMO S

ノートe-POWER NISMO Sの走行時の画像

出典:nissan.co.jp

更に詳しいノートe-POWER NISMO Sの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【クラス2位】0-100km6.7秒!ノートe-POWER NISMO Sの馬力と加速を徹底評価!

 

【0-100㎞/h加速タイム】

・ノートe-POWER NISMO S:6.7秒

パワー
トレイン
最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
【発電用エンジン】
・HR12DE
6183
/6,000
10310.5
/3,600-5,200
【モーター】
・EM57型
100136
/2,985~8,000
32032.6
/0-2,985

・発電用エンジン:「HR12DE型」1198㏄ 水冷直列3気筒 DOHC

・モーター:「EM57型」交流同期電動機

・駆動形式:FF

・変速機:CVT

・車両本体価格:2,721,400円~

 

そのままでも速いノートe-POWER NISMOを更にパワーアップさせたノートe-POWER NISMO Sは新時代のハイブリッドカーです。

 

エンジンもモーターもノーマルよりパワーアップしており、ハイブリッド車にしてはかなりハードなセッティングです。

 

燃費だけでは飽き足らないエコな走り屋にはもってこいです。

 

更に詳しいノートe-POWER NISMO Sの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【クラス2位】0-100km6.7秒!ノートe-POWER NISMO Sの馬力と加速を徹底評価!

 

第10位:日産・リーフe+(電気自動車)

リーフe+ 馬力 トルク

出典:nissan.co.jp

更に詳しいリーフe+の馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【クラス最速】0-100km6.6秒!リーフe+の加速と馬力を評価!

 

【0-100㎞/h加速タイム】

・リーフe+ X:6.6秒

モーター 最高出力
kW
PS/rpm
最大トルク
N
mkgm/rpm
EM57 160218/4600~5800 34034.7/500~4000

・モーター:「EM57型」交流同期電動機

・駆動形式:FF

・変速機:CVT

・車両本体価格:4,411,000円~

 

リーフの馬力と電池強化バージョンのリーフe+の実力は、直線加速だけでいえば相当優秀です。

 

テスラのように尖った性能ではありませんが、エコ一辺倒でない加速性能は車の行く末に、加速の良さで一石を投じたと言えるモデルとなっています。

 

9位:日産・シーマ

シーマの走行時の画像

出典:nissan.co.jp

更に詳しいシーマの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【予想外の加速力】0-100km5.8秒!シーマの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100㎞/h加速タイム】

・シーマ HYBRID:5.8秒

【シーマの最高出力と最大トルク】

パワー
トレイン
最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
システム
総合出力
268(364) -
【エンジン】
・VQ35HR型
225306
/6,800
35035.7
/5,000
【モーター】
・HM34型
5068 27027.5

・エンジン:「VQ35HR型」3.498㏄ V6気筒 DOHC+モーター

・モーター:「HM34型」交流同期電動機

・駆動方式:FR

・変速機:7AT

・車両本体価格:8,231,300円~

 

スカイライン・フーガのハイブリッド車と共用のハイブリッドシステムは設計は古いもののかなり強力です。

 

モーターとエンジンのバランスではエンジンが主体のシステムなので、モーターの加速感が苦手な人でも比較的許容しやすい感覚を味わえます。

 

更に詳しいシーマの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【予想外の加速力】0-100km5.8秒!シーマの加速と馬力を徹底評価!

 

8位:レクサス・GS450h

レクサスGS450hの外観の画像

出典:lexus.com

更に詳しいレクサスGS450hの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒0-100km5.6秒!レクサスGS450hの加速と馬力を徹底評価!

⇒0-100km5.5秒!レクサスGS450h Fスポーツの加速と馬力を評価!

 

【0-100㎞/h加速タイム】

・GS450h"F SPORT":5.5秒

【GS450hの最高出力と最大トルク】

パワー
トレイン
最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
システム
総合出力
256(348) -
【エンジン】
2GR-FXE
217295
/6,000
35636.3
/4,500
【モーター】
1KM
147200 27528.0

・エンジン:「2GR-FXE」3.456㏄V型6気筒DOHC(自然吸気)

・モーター:「1KM」交流同期電動機

・駆動方式:FR

・変速機:CVT

・車両本体価格:7,576,759円~

 

モデル末期のレクサスGS450hですが加速性能はまだまだ現役で行けるレベルです。

 

セダンの中でもかなり大型な方ですが、その巨体をものともせず加速していく加速感は最高級ブランドのレクサスに恥じないものになっています。

 

更に詳しいレクサスGS450hの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒0-100km5.6秒!レクサスGS450hの加速と馬力を徹底評価!

⇒0-100km5.5秒!レクサスGS450h Fスポーツの加速と馬力を評価!

 

7位:日産・フーガ(ハイブリッド)

フーガ ハイブリッドの外観の画像

出典:nissan.co.jp

更に詳しいフーガ(ハイブリッド)の馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【意外な速さ】0-100km5.8秒!フーガハイブリッドの加速と馬力を評価!

 

【0-100㎞/h加速タイム】

・フーガ HYBRID:5.4秒

【フーガ(ハイブリッド)の最高出力と最大トルク】

パワー
トレイン
最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
システム
総合出力
268(364) -
【エンジン】
・VQ35HR型
225306
/6,800
35035.7
/5,000
【モーター】
・HM34型
5068 27027.5

・エンジン:「VQ35HR型」3.498㏄ V型6気筒 DOHC

・モーター:「HM34型」交流同期電動機

・駆動方式:FR

・変速機:7AT

・車両本体価格:6,549,400円~

 

CVT採用のハイブリッド車が多い中フーガハイブリッドはシーマ・スカイラインと同様の7AT仕様です。

 

ATによるダイレクト感は加速性能にも大きく影響し、2012年度にはハイブリッド車の0-400m加速のギネスを樹立した、元祖爆速ハイブリッドセダンともいえる存在です。

 

更に詳しいフーガ(ハイブリッド)の馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【意外な速さ】0-100km5.8秒!フーガハイブリッドの加速と馬力を評価!

 

同率5位:レクサス・LS500h

レクサスLS500h Fスポーツの画像

出典:lexus.jp

更に詳しいLS500hの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【絶対買うな】0-100km5.3秒!レクサスLS500hの加速と馬力を徹底評価!

⇒0-100km5.2秒!レクサスLS500h Fスポーツの加速と馬力を評価!

 

【0-100㎞/h加速タイム】

・LS500h"F SPORT":5.2秒

【LS500hの最高出力と最大トルク】

パワー
トレイン
最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
システム
総合出力
260(354) -
【エンジン】
・8GR-FXS型
220299
/6,600
35636.3
/5,100
【モーター】
・2MN型
132180 30030.6

・エンジン:「8GR-FXS型」3456㏄ V型6気筒 DOHC

・モーター:「2NM」交流同期電動機

・駆動方式:FR/AWD

・変速機:CVT

・車両本体価格:11,422,000円~

 

レクサスのフラッグシップセダンのLSシリーズのハイブリッド車であるLS500hは、加速性能は相当のものです。

 

その辺のクーペでさえも青ざめる354psもの馬力のシステム出力は圧巻で2トンに迫る車重でも難なく加速していきます。

 

クラウンの3.5Lハイブリッドの方がこれより最新式のシステムを搭載しているのが少し残念に感じます。

 

更に詳しいLS500hの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【絶対買うな】0-100km5.3秒!レクサスLS500hの加速と馬力を徹底評価!

⇒0-100km5.2秒!レクサスLS500h Fスポーツの加速と馬力を評価!

 

同率5位:トヨタ・クラウンHYBRID3.5L

クラウン ハイブリッド 3.5L 馬力とトルク

出典:toyota.jp

更に詳しいクラウンハイブリッド(3.5L)の馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒0-100km/h5.2秒!クラウンハイブリッド3.5Lの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100㎞/h加速タイム】

・HYBRID Advance(3.5L):5.2秒

【クラウンハイブリッドの最高出力と最大トルク】

パワー
トレイン
最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
システム
総合出力
264359
【エンジン】
8GR-FXS
220299
/6,600
35636.3
/5,100
【モーター】
2NM
132180 30030.6

・エンジン:「8GR-FXS型」3,456㏄ V型6気筒

・モーター:「2NM型」交流同期電動機

・駆動方式:FR/4WD

・変速機:CVT

・車両本体価格:6,352,500円~

 

レクサスLS500hをも上回るシステム出力をもつクラウンハイブリッドの3.5L車は、これまでのクラウンのイメージを覆すほど走れるセダンです。

 

先代までのクラウンはアスリートでさえ足回りがフワフワしていましたが、ギュッと引き締まった足回りは単なるオジサマセダンではなく、若者にももっと注目して欲しいくらい加速性能において魅力が高まっています。

 

更に詳しいクラウンハイブリッド(3.5L)の馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒0-100km/h5.2秒!クラウンハイブリッド3.5Lの加速と馬力を徹底評価!

 

4位:ホンダ・レジェンド

レジェンド0-100km/h加速タイム

出典:honda.co.jp

更に詳しいレジェンドの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【クラス2位】0-100km5.1秒!レジェンドの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100㎞/h加速タイム】

・レンジェンド Hybrid EX:5.1秒

【レンジェンドの最高出力と最大トルク】

パワー

トレイン

最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
システム
総合出力
427(581) 646(65.9)
【エンジン】
・JNB型
373(507)
/6,500-7,500
550(56.1)
/2,000-6,000
【モーター】
フロント
・H2型
3548
/3,000
14815.1
/1,500-2,000
【モーター】
リア
・H3型
(1基あたり)
2737
/4,000
737.4
/0-2,000

・エンジン:「JNB型」3471cc 水冷V4気筒 横置 SOHC

・モーター:

H2型(前輪):交流同期電動機

H3型(後輪×2):交流同期電動機

・駆動方式:4WD

・変速機:7AT

・車両本体価格:7,205,000円~

 

エンジン1基とモーター3基のハイブリッドシステムは国産車ではレジェンドとNSXだけです。

 

コンピュータによってトルクのバランスを制御された走りは正確無比の走りで、レジェンドの車体が一回り小さく感じられるほどハンドリングがクイックです。

 

直線加速もハイブリッド車では超高性能で、ホンダの最高級セダンとして正にレジェンド的な存在です。

 

更に詳しいレジェンドの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【クラス2位】0-100km5.1秒!レジェンドの加速と馬力を徹底評価!

 

3位:日産・スカイラインGT(ハイブリッド)

新型スカイラインの走行時の画像

出典:nissan.co.jp

 

【0-100㎞/h加速タイム】

・GT(ハイブリッド):4.9秒

【スカイラインGT(ハイブリッド)の最高出力と最大トルク】

パワー
トレイン
最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
システム
総合出力(馬力)
264(359) -
【エンジン】
・VQ35HR型
225(306)
/6,800
350(35.7)
/5,000
【モーター】
・HM34型
50(68) 290(29.6)

・エンジン:「VQ35HR型」3.498㏄ V6気筒DOHC

・モーター:「HM34型」交流同期電動機

・駆動方式:FR4WD

・スカイラインHV4.9

・変速機:7AT

・車両本体価格:・5,575,900円~

 

このランキングの中でも相当設計が古いモデルですが、いまだにこの順位の加速性能があるのは驚きです。

 

車好きでなくとも名車としてスカイラインの名前は知名度が高いですが、その名に恥じない加速性能といえます。

 

開発段階から世界最速ハイブリッドセダンを目標にしていますから、その辺のハイブリッド車とは加速に対する向き合い方がまるで違うことが乗ってみるとすぐに分ります。

 

2位:レクサス・LC500h

LC500

出典:lexus.jp

更に詳しいLC500hの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【国産8位】0-100km4.7秒!レクサスLC500hの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100㎞/h加速タイム】

・レクサス・LC500h:4.7秒

【LC500hの最高出力と最大トルク】

パワー
トレイン
最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
システム
総合出力
264(359) -
【エンジン】
・8GR-FXS型
220(229)
/6,600
356(36.3)
/5,100
【モーター】
・2NM型
132(180) 300(30.6)

・エンジン:「8GR-FXS型」3456cc V型6気筒 DOHC

・モーター:「2NM型」交流同期電動機

・駆動方式:FRのみ

・変速機:CVT

・車両本体価格:13,772,407円~

 

ハイブリッドのクーペなんかと出始めのころは、どこか馬鹿にしていたところもありますが、この加速タイムを見るとそうも言っていられません。

 

0-100/h5秒を切ってくると加速性能が良すぎてフルアクセルを踏むシーンすら少なくなってくるほどです。

 

LC500hも例外なくシートに体が押し付けられるような強力な加速を体感できます。

 

1位:ホンダ・NSX

NSXの走行時の画像

出典:honda.co.jp

更に詳しいNSXの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【国内3位の加速力】0-100km2.9秒!NSXの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100㎞/h加速タイム】

・NSX:2.9秒

【NSXの最高出力と最大トルク】

パワー
トレイン
最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
システム
総合出力
427(581) 646(65.9)
【エンジン】
・JNC型
373(507)
/6,500-7,500
550(56.1)
/2,000-6,000
【モーター】
フロント
・H3型
(1基あたり)
27(37)
/4,000
73(7.4)
/0-2,000
【モーター】
リア
・H2型
35(48)
/3,000
148(15.1)
/500-2,000

・エンジン:「JNC型」3492㏄ 水冷V6気筒 DOHC ツインターボ

・モーター

フロント:H3型 交流同期電動機×2基

リア:H2型 交流同期電動機×1基

・駆動方式:4WD

・変速機:9AT

・車両本体価格:24,200,000円~

 

モーター3基とエンジンのハイブリッドという新世代スーパーカーのNSXは、先代の最高のエンジンを積んだ官能的な走りとは決別して、最新技術をふんだんに施したNSXは現代版スーパーカーとして国内外の評価を集めています。

 

加速タイムも国産ハイブリッド車としてはダントツの2.9秒で、もはやサーキットのみでしか全開走行できない代物に仕上がっています。

 

更に詳しいLC500hの馬力、トルク、実際の加速感などの解説はこちらです!

⇒【国産8位】0-100km4.7秒!レクサスLC500hの加速と馬力を徹底評価!

 

 
スポンサードリンク

 

俺の一言

 

二十数年前プリウスとインサイトが出始めの頃、今のような加速の良いハイブリッド車が出てくるとは全く想像もしていませんでした。

 

ハイブリッドと加速性能と言うのは一見対極にある概念と思ってしまいますが、各メーカーの競争により加速を重視するユーザーにも十分評価される車も増えてきました。

 

あと5年もしたらEVがもっと上位ランクインしているかもしれません。

 

車はエンジンを回してナンボという古い考えを持つ私もそろそろ考えを改めなくてはならない時期に来ているのを痛感する結果となりました!

 

あなたの清き1フォローが、より良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~本気で速い国産車を探している「あなた」へ!~

アイキャッチ

現行の国産車のクーペ、セダン、SUV等、全てのカテゴリー(ハイブリッド/ガソリン車含む)を含めた!0-100km/h加速ランキングはこちらです!

⇒【2020】決定版!オール国産車0-100km/h加速ランキング!

※別ウインドウで開きますので後日読んでみるのもオススメです!

 

~爆速ハイブリッド車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

 
スポンサードリンク

 

関連記事

⇒【2020】決定版!オール国産車0-100km/h加速ランキング!

⇒【2020】ガソリン車限定!オール国産車0-100km加速ランキング!

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです

 

-0-100km/h総合ランキング

Copyright© バリキックス , 2020 All Rights Reserved.