カソバリヘッダー001

ガソリン車

【予想外に遅い】0-100km9.3秒!ノートNISMOの加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

ノートNISMOといえば、純ガソリン仕様のノート(e-POWERではない)のスーパーチャージャー搭載モデルをNISMOがチューンしたスポーツモデルです。

 

日産が世界に誇るNISMOのモデルですから、加速や馬力、走りには要注目です。

 

今回はノートNISMOを

・馬力とトルク

・実際の走り

・0-100km/hの加速タイム

という3点で評価、検証していきます。

 

 

 
スポンサードリンク

 

ノートNISMOの加速と馬力を徹底評価!

 

出典:nissan.co.jp

日産「ノート」シリーズの加速と馬力が気になるあなたへ!

⇒【クラス2位!】新型ノートe-POWER NISMO Sの3つの馬力と加速を徹底評価!

⇒【クラス4位!】ノートe-POWER NISMOの加速と馬力を徹底評価!

⇒【クラス2位のトルク!】ノートe-POWERの加速と馬力を徹底評価!

⇒【残念な加速力?】ノートNISMO Sの3つの加速と馬力を徹底評価!(ガソリン車)

⇒【NA車は絶対買うな!】ノートガソリン車の加速と馬力を徹底評価!(ガソリン車)

 

ノートNISMOには似たモデルで「ノートNISMO S」というモデルもありますが、こちらは排気量1.6L、ノンターボエンジンで、NISMOが専用チューンしたモデルなので動力性能が全く違います。

 

今回は通常型1.2Lスーパーチャージャー搭載のノートの上位モデル「ノートNISMO」に絞って評価していきたいと思います。

 

その1.ノートNISMOの馬力とトルクを評価!

 

ノートNISMOに搭載されるエンジンは1.2L、スーパーチャージャー搭載エンジンです。

エンジン性能は以下になります。

 

【ノート NISMO 最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
・ノート NISMO 72(98)/5600 142(14.5)/4400

 

上記のように検証すると、通常型ノート(ガソリン車)のターボチャージャー搭載モデル

・X DIG-S

・MEDALIST

と同じスペックを示しています。

 

上記の最高出力と最大馬力を見ると、「ノートNISMO S」をはじめ、「34型フェアレディーZ」や「35型GT-R」のようにNISMOチューンは行っておらず、使用エンジン「HR12DDR型」は、ドノーマルなことがわかります。

 

では、スーパーチャージャー搭載の通常型ノートと、ノートNISMOは何が違うのでしょうか?

 

スーパーチャージャー搭載の通常型ノートと、ノートNISMOの違いとは?

 

現行型E12型ノートの販売された2012年には、ノートNISMOは販売されておらず、2014年のマイナーチェンジ当時にノートNISMO、ノートNISMO Sが販売されました。

 

これはノートのライバル車のフィットやヴィッツがスポーツグレードRSをラインナップされていたことによる、販売の差が出たことで投入されました。

 

実は、ノートNISMOは、エンジン自体には手を入れておらず、

・NISMO専用エアロパーツ

・ボディー剛性

・サスペンション

・タイヤサイズ15→16インチ

というように、スポーティーな走りを実現するための装備を施し、

更にCVTの最終減速比を

3.753→3.517

に変更したにすぎません。

 

変更点を検証するとお分かりになるように、コーナーでの旋回性能、立ち上がりの加速に重点を置いたチューニングということがわかります。

 

では、エンジン自体は同じスペックですが、ノートNISMOの実際の加速感はどのような変化があるのでしょうか?

 

 

その2.ノートNISMOの実際の加速感

 

それでは実際の加速感を評価していきたいと思います。

 

実際のところ、スパーチャージャー(SC)を搭載しているところにノートNISMOは、通常型の「X DIG-S」「MEDALIST」と同じ特徴があります。

 

加速ですがSCの搭載により、ノートのスーパーチャージャー搭載車両はコンパクトカーの実用領域である0km/h~80km/hまでの加速は非常に得意としています。

 

ここまでは、通常型のノートと同じですが、前項で説明した、NISMO専用のエアロパーツが、かなり実用的でフロントバンパー、サイドシルプロテクター、リアバンパー、ルーフスポイラーの形状を最適化した結果、大きなダウンフォースを獲得しました。

 

それにより、通常型ノートよりもダイレクトにパワーを路面に伝えることができ、加速感は増すことができています。

 

ただ、ノートNISMOは本格的なNISMOチューンではありません。

実際にスポーツクーペやラリーモデル車のように限界領域を攻める車ではないので、実用領域の加速が得意なことは非常に評価できます。

普段使いで加速やスポーティーな走りを楽しめる車といえるでしょう。

 

 

その3. 「0-100km/h」の加速タイム

 

では実際の加速はどうでしょうか?

 

それではノートNISMOの0-100km/hの加速タイムを検証してみましょう。

・ノート NISMO:9,3秒

 

ノートNISMOは専用の空力対策などを行っていますが、通常型ノートのSCモデルとエンジンが同じで、車重も大差ないため、実際の加速タイムはNISMOでもそう変わりはありません。

ここで明らかな違いを求めるのであれば1.6リッターエンジンのノートNISMO Sのほうがおすすめです。

参考

⇒【残念な加速力?】ノートNISMO Sの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

ただ足回りや各種セッティングにNISMOの手が入っているため、コーナリングでの加速などは普通のノートと次元が違います。

コンパクトカーとは思えない仕上がりになっています。

 

 
スポンサードリンク

 

俺の一言

 

ノート NISMOの一つ足りない点としてはMT車がない点です。

 

ノート NISMO Sのみの設定ではなく、ノート NISMOにもMTの選択肢があれば、

「スーパーチャージャーをもっと楽しく使え評価できたのに・・」という欲が沸いてきます。

ベースが通常のノートの1.2リッターSCなのでそこまで求められないのは十分わかっていますが、それ以外が良くできているだけに欲がでてきてしまう車です。

 

あなたの清き1フォローが、より良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

~加速力のあるコンパクトカーをお探しのあなたへ!~

国産コンパクトカーの0-100km/h加速ランキング、馬力ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト21!国産コンパクトカー0-100km/h加速ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト10!国産コンパクトカー馬力ランキングはこちらです!

 

 
スポンサードリンク

 

関連記事

 

⇒【クラス2位!】新型ノートe-POWER NISMO Sの3つの馬力と加速を徹底評価!

⇒【クラス4位!】ノートe-POWER NISMOの加速と馬力を徹底評価!

⇒【クラス2位のトルク!】ノートe-POWERの加速と馬力を徹底評価!

⇒【残念な加速力?】ノートNISMO Sの3つの加速と馬力を徹底評価!(ガソリン車)

⇒【NA車は絶対買うな!】ノートガソリン車の加速と馬力を徹底評価!(ガソリン車)

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです

 

-ガソリン車

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.