カソバリヘッダー001

SUV&スペシャリティクラス

【激遅】0-100km17.8秒!新型ハスラー(NA)の加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

アイキャッチ

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

新型ハスラーのNA(自然吸気)モデルは新型エンジンを搭載していますが、馬力とトルクは先代よりもスペックダウンしており、更にCVTの設定ミスになっているので、正直、加速性能は激遅になっています!

 

もし、あなたが、新型ハスラーのNA(自然吸気)モデルの購入を検討しているのでしたら、今回の記事を読めば同車の馬力とトルク、各速度域の加速性能、0-100km/h加速タイムが全て理解できますので、絶対に!購入前には最後まで読んで後悔をしない買い物をして下さい!

 
スポンサードリンク

 

その1.新型ハスラーのNAモデル(MR92S)の馬力とトルクを評価!

新型ハスラーの外観の画像

出典:suzuki.co.jp

~加速力のある軽自動車をお探しのあなたへ!~

全軽自動車加速ランキング、ベスト18はこちらです!

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

2020年にフルモデルチェンジした新型ハスラーは、ターボ車に関しては先代の初代ハスラーの「R06A型」+ターボを使用していますが、NAモデル(自然吸気)に関しては新型エンジンを採用しており、先代とはイメージが刷新されています。

 

それでは、まずは新型ハスラー(NA)のエンジンから評価していきましょう!(ちなみに今回のハスラーはターボ・NA含めて全車マイルドハイブリッドが標準装備です。)

 

【エンジン】

・[新開発]R06D型:657㏄水冷6気筒DOHC

【モーター】

WA04C型:直流同期電動機

 

上記のエンジンは、2020年1月にマイナーチェンジした「ワゴンR」の自然吸気モデルにも採用されており、燃焼効率を高める「デュアルインジェクションシステム」やノッキングを抑え、燃焼タイミングを最適化する「クールドEGR」が同社の軽自動車では初採用されています。

 

それでは、新型ハスラーの最高出力(最大馬力)と最大トルクを評価してみましょう。

 

【エンジンの最高出力(馬力)と最大トルク】

グレード 最高出力
kW
PS/rpm
最大トルク
N
mkgm/rpm
HYBRID X
HYBRID G
3649/6,500 585.9/5,000

 

エンジンのスペックは先代のハスラーに搭載されていたR06A型エンジンから馬力は3psダウン、トルクは0.5kgⅿダウンしています。

 

改良型エンジンなのにスペックが下がってしまうのはかなり残念ですね。

 

燃費も大事ですが、燃費を良くして加速性能も維持するのが企業努力というものではないでしょうか・・・

 

さて続いてモーターの評価に移ります。

 

【新型ハスラーのモーターの最高出力(馬力)と最大トルク】

グレード 最高出力
kW
PS/rpm
最大トルク
N
mkgm/rpm
・WA04C型 1.92.6/1,500 404.1/100

 

上記の様にモーターの馬力とトルクを検証すると、マイルドハイブリッドに搭載されるモーターのため、申し訳程度の馬力トルクしかありません。

 

小さい軽自動車ですから、この程度のパワーでも出だしの加速や燃費に貢献することは間違いありませんが、思いきりアシストするようなタイプのモーターでないことは明らかです。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.新型ハスラーのNAモデル(MR92S)の実際の加速感を評価!

新型ハスラーの外観の画像

出典:suzuki.co.jp

 

新型ハスラーのNAモデル(MR92S)の実際の加速感を速度域に分けて加速感を評価したいと思います。

 

私個人としてはスズキの車づくりにはかなり信頼を置いており、安くて使い勝手の良い車をたくさん出しているところがとても気に入っています。

 

ですが!今回は酷評せざるを得ません!

 

低速域での加速感を評価!

市街地

 

「走り始めからとにかく遅い!」

「どうしたハスラー?」

と言いたくなるほど遅いんですね。

 

これには2の理由が考えられます。

 

1つめはまず単純にエンジンの馬力とトルクの両方の性能が落ちたこと、2つ目はCVTが副変速機機構付きからシングルギアのCVTに変ったことがあげられます。

 

特にCVTの改悪度は大きく、超高ギア設定になってしまっています。

 

「ギア比って?」

という方もいらっしゃるかと思うので簡単に説明すると、新型ハスラーの加速は、極端にいえば自転車で一番重いギアで走り出しているようなものです。

 

普通自転車でもギア付きなら軽いギアから漕ぎ始めて、スピードに乗ってきたらギアを重いものに変えていきますよね?

 

それがシングル機構なので、非常に効率が悪いのです。(自転車の例はイメージで実際にはシングルでも変速はしています)

 

そういった点から、新型ハスラーの低速域はかなり壊滅的で、正直これだけで購入する意欲は消え失せてしまいそうです。。。

 

中速域での加速感を評価!

郊外

 

中速域でもハイギアードの弊害は大きく、加速はかなり貧弱なものです。

 

ほめられる点があるとすれば、旧型よりハンドリングが正確になった点と足回りがしっかりした点です。

 

このことにより走行の安定性や、コーナーでの加速性能は多少高まっています。

 

とはいえ、馬力の下がったエンジンと改悪CVTのおかげで、鈍足なのは変わりがありません。

 

高速域での加速感を評価!

高速道路

 

高速域では高回転重視にしたCVTによって、軽にしてはエンジン音がうるさくないのが特徴です。

 

しかし、だからといって高速道路中心のツーリング向きというにはエンジンの性能に限界があり、あまり良さを出せていない気がします。

 

そもそも、軽自動車の使い方としては「街乗りのストップアンドゴーをどう快適に過ごせるか」ということの方がはるかに重要なので、新型ハスラーのCVTの方向性自体に問題があります。

 

しかも、高ギア重視で高速向けにしていると思ったら、自動追従機能はターボ車のみという設定で完全にキャラが迷走しています。

 

新型ハスラーのNAモデルの加速性能をまとめると?

 

新型ハスラーのNAモデルはかなり遅いので、ルックス重視の方以外はターボモデルを強くお勧めします。

 

こうなった背景には、カタログの燃費性能を比較して購入する人が多いので、それにこたえなくてはいけないメーカー側の事情もあるのかもしれません。

 

カタログ値よりも実際の加速性能や実燃費を重視すれば、口コミやネットで良さが浸透していきそうですけどね・・・

 

 
スポンサードリンク

 

その3.新型ハスラーのNAモデル(MR92S)の0-100km/h加速タイムを評価!

新型ハスラーの走行時の画像

 出典:suzuki.co.jp

 

新型ハスラーの加速性能を0-100/hの加速をもとに評価していきます。

 

加速タイムは新型ハスラーユーザー様の測定値やネットに上げられているものを参考にして独自集計したものになります。(多少の誤差はご容赦ください。)

 

新型ハスラーNA(自然吸気)の0-100/h加速タイムは以下の通りになります。

 

・HYBRID G(2WD):17.8秒(Sモード)

 

普通のドライブモードだと18秒中盤なので、やはりかなり遅いです。。。

 

ターボモデルと比較して評価してみます。

 

HYBRID X ターボ(2WD):13.7秒(Sモード)

 

これくらいなら街中を機敏に走ることも可能なので、やはりハスラーはターボでなければ走らないということが明確に分かります。

 

ただ、残念ながらハスラーのターボ仕様車も今回のフルモデルチェンジで1.5秒以上先代よりも遅くなっています。

⇒0-100km13.7秒!新型ハスラーターボの加速と馬力を徹底評価!

 

クロスオーバー的なルックスなので4WDと迷われる方もいらっしゃるかもしれませんが、シャシの基本構造がワゴンRですからそこまでの走破性は期待できません。

 

雪国でなければ馬力も変わらないので50kg程度軽くなる2WDの方が良いでしょう。

 

俺の一言!

 

スズキの車を酷評するのはあまり気が進みませんがやはり、R06D型エンジンと新開発CVTの組み合わせがあまりにもひど過ぎるので正直がっかりした半面、私の愛車であるアルトワークスがR06A型エンジンで良かったと切に思っています。

 

ハスラーは近年稀にみるスズキの大ヒット車だったのでもう少し優れた加速性能が欲しいものです。

 

なお、私の愛車「アルトワークス」についてのレビュー記事は下記の記事をご覧ください!

【愛車アルトワークス】

⇒【レビュー】2.5万km乗って分かった!アルトワークスの加速と走行性能評価!

 

 

あなたの1フォローが、より良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

大人気!軽自動車加速ランキングはこちらです!

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

関連記事

⇒0-100km13.7秒!新型ハスラーターボの加速と馬力を徹底評価!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【要確認】クラス最速!新型スペーシアの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【MT1択】0-100km13.9秒!新型ジムニーの加速と馬力を徹底評価!

⇒【トルクが細い】買うのはやめろ!タントの3つの加速、馬力を徹底評価!

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです

-SUV&スペシャリティクラス

Copyright© バリキックス , 2020 All Rights Reserved.