カソバリヘッダー001

ハイブリッド/ディーゼル

0-100km9.5秒!意外に遅い!プリウスαの加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

アイキャッチ

~加速の良い新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

プリウスαは通常のセダン型プリウスと違い燃費に極振りしていないために、加速力はプリウスよりはありますが、やはり、イマイチです!

 

もし、あなたが、プリウスαの購入を検討しているのでしたら、今回の記事を読めば同車の馬力とトルク、各速度域の加速性能、0-100km/hの加速タイムが全て理解できますので、絶対に!購入前には最後まで読んで後悔をしない買い物をして下さい!

 
スポンサードリンク

 

その1.プリウスαの馬力とトルクを評価!

プリウスαの外観の画像

出典:toyota.jp

 

まずはプリウスαに搭載されているエンジンとモーターから評価していきましょう!

 

プリウスαに搭載されるエンジンとモーターは以下の通りです。

 

2ZR-FXE型:1797㏄水冷直列4気筒DOHC

5JM型:交流同期電動機

 

それではプリウスαの最高出力(最大馬力)と最大トルクを評価していきましょう。

 

【エンジンの最高出力(馬力)と最大トルク】

グレード 最高出力
kW
PS/rpm
最大トルク
N
mkgm/rpm
・2ZR-FXE型 7399/5,200 14214.5/4.000

※全グレードFF・CVTの組み合わせのみの設定

 

エンジンの馬力とトルクは1.7Lエンジンということを考えると若干抑えめとなっており、トヨタのハイブリッドシステムの定石でもある、エンジンのパワーを落としてモーターでの補助で燃費を稼ぐという仕様になっています。

 

次にモーターのスペックを評価してみましょう。

 

【モーターの最高出力(馬力)と最大トルク】

モーター型式 最高出力
kW
PS
最大トルク
N
mkgm
5JM 6082 20721.1

 

プリウスαはその名の通り、プリウスをワゴンタイプに拡張させた車なのでハイブリッドシステムもプリウスのシステムを引き継いでいます。

 

モーターもプリウスの3JM型モーターと名称こそ違うものの、馬力・トルクのスペックは全く同じになっています。

 

プリウスαのモーターとエンジンパワーを合わせたシステム出力は馬力にして136psとなっており、これも30系プリウスと同じ値になっています。

 

現行の50系プリウスはシステム出力が122psにダウンしてるので、現行プリウスよりはパワーがありますが、旧型プリウスよりサイズが大きくなっているプリウスαでは、サイズ増分パワー不足を感じてしまいます。

【現行型プリウス】

プリウスの外観の画像

出典:toyota.jp

⇒【予想外に遅い】0-100km9.8秒!プリウスの加速と馬力を徹底評価!

 

 
スポンサードリンク

 

その2.プリウスαの各速度域の加速感を評価!

プリウスαの外観の画像

出典:toyota.jp

 

それでは、プリウスαの実際の加速感を速度域に分けて加速感を評価していきます!

 

低速域での加速感を評価!

市街地

 

プリウスが1350kg程度の車重に対して、プリウスαの車重帯が1450kg1500kgと、同じ動力のプリウスに対して100kg以上重いので、走り出しはやはり軽やかではなく、ずっしりと重みを感じる加速感です。

 

プリウスよりもCVTの設定をローギア―ドにしているため、ある程度のテコ入れはされているのですが、CVTの恩恵は感じず乗って感じるのはただ重くなったプリウスという印象です。

 

中速域での加速感を評価!

郊外

 

中速域になると意外にプリウスとプリウスαの加速感の差は少なく、不快な程遅い感じはしません。

 

ただ、お世辞にも加速が良いとは言えず、まあ街中でも問題ないレベルというところでしょうか。

 

足回りのセッティングはプリウスよりも断然に良くなっているので安定して走ることができますが、ワゴンカテゴリーにはレヴォーグやMAZDA6というような足回りが高級セダン並みの車も少なくないので、それらのライバルたちと比べてしまうと正直足回りにも不満が残ります。

 

高速域での加速感を評価!

高速道路

 

ローギア―ドにした分ファイナルギアがロー寄りになっているため、高速域は苦手な領域です。

 

ワゴンタイプになったプリウスということで、レジャーなどに使われることも多いと思うので、プリウスのパワートレーンを使いまわしするのではなく、エンジンンを2.0Lエンジンにするとか、モーターと電池を大型にするとか、パワートレーンにテコ入れが必要だったと思います。

 

ただ、現状でも価格が高くコンセプトのあいまいなプリウスαにそこまでして売れるモデルになったかどうかも微妙なところです。

 

このような市場での評価もあり、プリウスαはプリウスがモデルチェンジしたのにもかかわらず、モデルチェンジできず、1代限りではないかとの噂もちらほら出てきています。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.プリウスαの0-100km/h加速タイムを評価!

プリウスαの走行時の画像

出典:toyota.jp

 

プリウスαの加速性能を0-100/h加速タイムを参考に評価していきます。

 

加速タイムは全国のユーザーの加速タイムの測定値や、加速動画のタイムを独自に集計して平均値を出したものになっていますので、多少の誤差はご理解くださいm(__)m

 

プリウスαの0-100/h加速タイムは以下の通りです。

 

・プリウスα(G):9.5秒

 

現行50系プリウスは9.8秒なので、それよりはタイムが良くなっていますが、ワゴンタイプの車にしてはそれほど速いとは言えません。

⇒【予想外に遅い】0-100km9.8秒!プリウスの加速と馬力を徹底評価!

 

同じステーションワゴンクラスのMAZDA6ディーゼルターボのタイムを確認してみましょう。

 

【MAZDA6(XD)】

MAZDA6の走行時の画像

出典:mazda.co.jp

・0-100km/h加速タイム:8.6秒

⇒0-100km8.5秒!MAZDA6ワゴンディーゼルの加速と馬力を評価!

 

ステーションワゴンにハイブリッド車のライバルがいないので、ライバル対決という訳ではありませんが、ガソリン車でないステーションワゴンということを考えると断然MAZDA6の方が加速が良く質感もかなり上です。

 

サイズは多少小さくなりますがレヴォーグの1.6Lターボの下位グレードの実力を見てみましょう。

【レヴォーグ1.6GT S EyeSight】

レヴォーグの走行時の外観出典:subaru.jp

・0-100km/h加速タイム:9.1

⇒0-100km9.1秒!レヴォーグ1.6Lの加速と馬力を徹底評価!

 

下位グレードでもプリウスαよりも速く、4WDシステムも信頼できるためレジャーでも活躍できそうです。

 

このようにワゴンタイプの車と比べてみると、プリウスαがいかに中途半端な立ち位置にいるかが分ります。

 

プリウスα登場当時には少なかった、ミニバンのハイブリッドカーも増えているので、大人数が乗れるハイブリッドカーならミニバンの方が良いですし、ステーションワゴンを選ぶなら、高速での加速性能や4WD性能にこだわる人が多いのも事実です。

 

そういった意味ではプリウスαのコンセプト自体微妙な上に加速も微妙・設計も古いということで、今となっては良いところを探すのが難しくなっています。

 

俺の一言!

 

プリウスに比べ室内空間にゆとりが有るプリウスαは登場当時ではかなり評価されたところもありますが、パッケージ的に時代遅れな感じがどうしてもしてしまいます。

 

それでも加速や走りの性能に誇れるものがあれば、まだまだ評価できる車になったと思いますが、肝心な加速も微妙という残念な車です。。。

 

 

あなたの清き1フォローをよろしくお願いいたしますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

関連記事

 

⇒【予想外に遅い】0-100km9.8秒!プリウスの加速と馬力を徹底評価!

⇒0-100km9.1秒!レヴォーグ1.6Lの加速と馬力を徹底評価!

⇒0-100km8.5秒!MAZDA6ワゴンディーゼルの加速と馬力を評価!

⇒0-100km13.0秒!インプレッサスポーツの加速と馬力を評価!

⇒【予想外に遅い】0-100km9.8秒!プリウスの加速と馬力を徹底評価!

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです!

 

-ハイブリッド/ディーゼル

Copyright© バリキックス , 2020 All Rights Reserved.