カソバリヘッダー001

ガソリン車

0-100km8.2秒!新型カローラセダン1.8Lガソリン車の加速と馬力を評価!

投稿日:

アイキャッチ

 

カローラセダンの1.8Lガソリン車は意外にも、加速性能はそれほど悪くはありません!

 

もし、あなたが、カローラセダンの1.8Lガソリン車の購入を検討しているのでしたら、今回の記事を読めば同車の馬力とトルク、各速度域の加速性能、0-100km/h加速タイム全てが理解できますので、絶対に!購入前には最後まで読んで後悔をしない買い物をして下さい!

 
スポンサードリンク

 

その1.新型カローラセダン(ガソリン車)の馬力とトルクを評価!

カローラセダンの外観の画像

出典:toyota.jp

 

カローラセダンのガソリン車には1.2Lの「ダウンサイジングターボモデル」のラインナップもありますが、特性が違うので今回は1.8LNA車に絞って評価していきます。

 

まずは、新型カローラセダンに搭載されるエンジンについて評価していきましょう!

 

同車に搭載されているエンジンは以下の通りです。

 

2ZR-FAE型:1,797㏄ 直列4気筒 DOHC

 

上記のエンジンは、現行型は2012年に2世代目になったエンジンで、「プレミオ」「アリオン」の1.8Lモデルと共通になります。

 

それでは、新型カローラセダンの最高出力(最大馬力)と最大トルクを評価していきましょう。

 

【新型カローラセダンの最高出力(馬力)と最大トルク】

グレード 車重
kg
最高出力
kW
PS/rpm
最大トルク
N
mkgm/rpm
G-X 1,250 103140/6,200
17017.3/3,900
・S 1,300
・W×B 1,320

 

上記の様に馬力とトルクを検証すると、1.8Lとしては並みの値となっています。

 

ただ、アリオン、プレミオと比較すると、若干ですが馬力とトルクは絞られています。

 

【2ZR-FAE型搭載モデルの最高出力(馬力)と最大トルク】

グレード 最高出力
kW
PS/rpm
最大トルク
N
mkgm/rpm
アリオン
・プレミオ
105(143)/6,200 173(17.6/4,000

 

ちなみに、先代のカローラアクシオのガソリン車は1.3L1.5Lの組み合わせでしたが、今回の新型カローラセダンでは1.8Lの自然吸気と1.2Lのダウンサイジングターボの組み合わせになりました。

 

旧カローラアクシオ・新カローラセダンの馬力・トルクを比較してみましょう。

【カローラアクシオ】

カローラアクシオの外観の画像

出典:toyota.jp

 【新旧カローラの馬力とトルク比較】

車種 排気量
パワートレイン
最高出力
kW
PS/rpm
最大トルク
N
mkgm/rpm
・新カローラセダン 1.8L
NA
103(140)/6,200 170(17.3)/3,900
1.2L
ターボ
85116/5,200-5,600 18518.9/1,500-4,000
・旧カロ―ラアクシオ 1.3L
NA
7095/6,000 12112.3/4,000
1.5L
NA
80109/6,000 13814.1/4,400

⇒【0-100km12秒!】カローラアクシオ・ガソリン車の加速と馬力を評価!

 

新型カローラセダンの走りのモデルはてっきり1.2Lのダウンサイジングターボ1択かと思っていましたが意外とそうでもありませんね。

 

トルクこそ新型カローラセダンの1.2Lターボが若干リード気味ですが、馬力に関しては新型カローラセダンの1.8L車がワンランク上です。

 

これだけの馬力差があると1.2Lターボよりも1.8L車の方が速いかもしれません。。。

 

あなたの予想はいかがでしょうか?

 

最後までこの記事をお読みになるとその答えが分りますのでお楽しみに!!

 

 
スポンサードリンク

 

その2.新型カローラセダン(ガソリン車)の各速度域の加速感を評価!

カローラセダンの外観の画像

出典:toyota.jp

 

新型カローラセダンの実際の加速感を速度域に分けて加速感を評価していきましょう!

 

低速域での加速感を評価!

市街地

 

低速域からはっきりと分るのが車両剛性の高さです。

 

先代のカローラアクシオは正直言って、安いコンパクトカーにトランクを付けただけの様な軟弱なボディでしたが、どしっとした接地感は、ライバル車であるMAZDA3セダン・インプレッサG4あたりを意識していると言えます。

 

最近の小型セダンは上質感を第一に置いているので、走りの質感は高級セダンに引けを取らない出来になっています。

 

加速も大型ハイパワーセダンには劣りますが、先代より300㏄の排気量のUP分馬力もトルクもアップしているので、街乗りではゆとりある加速感を得ることができます。

 

中速域での加速感を評価!

郊外

 

中速域では、CVTなので滑らかな加速感で、滑る感覚(ラバーバンドフィール)も最小限に抑えられています。

 

ラバーバンドフィールとは?

ベルト式CVT(無段変速機)特有の現象で、エンジン回転だけが高まって加速感がついてこないという(ゴム・ベルトを介して引っ張るような)違和感。

最近はメカニズムの見直しや制御技術の進歩により、この問題は解消されつつある。

ラバー・バンド・フィールは欧州でCVTを表現するときに用いられる用語で、この感触が欧州では嫌われている。CVTラグとも。

出典:『最新版 自動車用語辞典』(株式会社精文館)

 

またハイブリッドには設定されない7速シーケンシャルシフトが設定されているのも大きなポイントです。

 

これによって自分の好きなタイミングで仮想の変速が可能なので急な加速が必要な時にシフトダウンすることも可能です。

 

ある程度加速感に自分のコントロールの余地が残されているので、私としてはハイブリッドモデルよりこちらのガソリン車の加速感の方が好みですね。

 

高速域での加速感を評価!

高速道路

 

高速域でも、シャシの剛性の高さからくる安定感は抜群で、小型のセダンとしてはかなり優秀です。

 

先代の1.5L車と比べると余裕が有るのは明らかですが、シャシ性能が高いだけにもう少しパンチの効いた加速が欲しいところです。

 

必要十分ではあるもの、余裕は感じられないその無駄の無さは日本の技術の結晶であるカローラブランドらしくはありますが、とにかく加速性能のゆとりを求めるセダン好きの方には特に評価はされないでしょう。

 

足回りはトヨタ伝統のフニャ足ではないので中速域までは意外と硬めに感じる足回りですが、速度が上がるにつれてバタつき始めます。

 

これは、サスペンションは柔らかめ、スタビライザーを固めにセッティングをしている代償だと思われます。

 

ずば抜けた加速感を追い求める車では無いですが、まあ普段の足と考えれば十分合格点を与えられる加速感といえます。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.新型カローラセダンの0-100km/h加速タイムを評価!

カローラセダンの走行時の画像

出典:toyota.jp

 

新型カローラセダンンの加速タイムをもとに、加速の評価をしてみます。

 

0-100km/h加速タイムは、加速動画やユーザーの測定値を独自集計して、平均化したものなので多少の誤差はご容赦願いますm(__)m

 

新型カローラセダン1.8Lの0-100km/h加速タイムは以下の通りです。

 

・S:8.50秒

 

1.8L車としてはかなり好タイムと言えます。

 

カローラセダンはまだ発売して間もないので、データが少なく気になるカローラセダンの1.2Lターボとのタイムでのガチンコ勝負はできませんが、同エンジンを搭載しているカローラスポーツの1.2Lダウンサイジングターボが8.96ということを考えるとある程度は予測できます。

 

・カローラセダン W×B:1.2Lターボ6MT 車重1300kg

・カローラスポーツ W×B:1.2Lターボ6MT 車重1300kg

 

以上のことを考えると、新型カローラ1.2Lターボモデルが1.8LNAのタイムの8.50を切るのはかなり難しそうです。

 

勿論大型セダンは5秒、6秒台の車がありますが、小型のセダンにしてはなかなか評価できる実力であるといえるでしょう。

 

最後に、コンパクトセダンの加速優等生グレイスのガソリン車と比較評価してみましょう。

 

【グレイスLX】

グレイスの外観の画像

出典:honda.co.jp

グレード 駆動
方式
車重
kg
最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
LX 2WD 1,110 97(132/6,600 155(15.8/4,600
4WD 1,170

 

・0-100km/h加速タイム:9.2

⇒【予想外に速い】0-100km9.2秒!グレイス・ガソリン車の加速と馬力を評価!

 

1.5Lながら意外に健闘していますが、さすがに馬力・トルクも上の1.8Lのカローラセダンとの差は埋まらないようです。

 

俺の一言!

 

正直言ってこれまでのカローラとは全く違う印象は衝撃的でもあり、新世代ベーシックのカローラは今後のトヨタ車の方向性を示すターニングポイントにもなりうる車です。

 

車の出来でいえば今までの「プレミオ以上マークX」以下といったところでしょうか?

 

私は個人事業をしていますが、次の営業車の候補に良いかなと思うほど出来の良いベーシックカーです。

 

あなたの清き1フォローをよろしくお願いいたしますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力、馬力のある国産セダン(ガソリン車)をお探しのあなたへ!~

国産セダンガソリン車加速と馬力ランキングのアイキャッチ

国産セダン(ガソリン車)の0-100km/h加速ランキング、馬力ランキングはこちらです!

⇒【2020】ガソリン車限定!国産セダン0-100km/h加速ランキング!

⇒【2020版】ベスト20!ガソリン車限定!国産セダン馬力ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもお勧めです!

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

関連記事

⇒【1.5Lは絶対買うな】0-100km10.3秒!アリオンの加速と馬力を徹底評価!

⇒【2.0L以外買うな!】0-100km9.2秒!プレミオの加速と馬力を徹底評価!

⇒【0-100km12秒!】カローラアクシオ・ガソリン車の加速と馬力を評価!

⇒【予想外に速い】0-100km9.2秒!グレイス・ガソリン車の加速と馬力を評価!

⇒【2020】ハイブリッド限定!国産セダン0-100km加速ランキング!

⇒【2020】ベスト26!国産セダン0-100km/h加速ランキング!

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです!

 

-ガソリン車

Copyright© バリキックス , 2020 All Rights Reserved.