カソバリヘッダー001

ガソリン車

0-100km9.6秒!新型ライズの加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

アイキャッチ

~加速の良い新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

新型ライズは1.0L+ターボというパワートレインですから、加速性能はそれほど優れているわけではありません!

 

もし、あなたが、新型ライズの購入を検討しているのでしたら、今回の記事を読めば同車の馬力とトルク各速度域の加速感0-100km/hの加速タイムが全て理解できますので、絶対に!購入前には最後まで読んで、後悔をしない買い物をして下さい!

 
スポンサードリンク

 

その1.新型ライズの馬力とトルクを評価!

新型ライズの外観の画像

出典:toyota.jp

~加速力、馬力、トルクのあるSUVをお探しのあなたへ!~

国産SUVの0-100km/h加速ランキング、馬力、トルクランキングはこちらです!

⇒【2020年版】ベスト23!国産SUV0-100km/h加速ランキング!

⇒【2020年版】ベスト21!最新!国産SUVトルクランキング!

⇒【2020年版】トップ20!最新国産SUV馬力ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもお勧めです!

 

まずは、いつものように新型ライズのエンジンから検証しましょう。

 

新型ライズに搭載されるエンジンは以下の通りです。

 

1KR-VET型:996㏄ 直列3気筒 ICターボ

 

上記のエンジンは、兄弟車であるダイハツ「ロッキー」と同じもので、エンジン開発はダイハツが行っています。

【ロッキー】

ロッキーの走行時の画像

出典:daihatsu.co.jp

⇒【意外に速い】0-100km9.6秒!ロッキーの加速と馬力を徹底評価!

 

「ロッキー」以外ではダイハツとトヨタの姉妹車「タンク」「ルーミー」「トール」と同一です。

【タンク】

タンクの外観

出典:toyota.jp

⇒【ターボ1択!】クラス最低!タンクの3つの馬力と加速を徹底評価!

 

それでは、早速ライズの馬力とトルクを評価していきましょう。

 

【新型ライズの最高出力(馬力)と最大トルク】

グレード 最高出力
kW
PS/rpm
最大トルク
N
mkgm/rpm
X
XS
G
Z
7298/6,000 14014.3/2,400-4,000

 

先ほどお話ししたように、エンジンはトヨタ・ルーミーや兄弟車ダイハツ・タンクのターボモデルなどに搭載される1.0Lの3気筒エンジンです。

 

技術的にはダイハツの軽自動車用の3気筒エンジンの構造をリッターカーに合わせて、流用したものになります。

 

新型ライズは多様化するトヨタのSUVの中でも最小クラスとなるので仕方がないといえばそれまでですが、ターボで100馬力に満たないエンジンで本当に大丈夫なのでしょうか?

 

似たコンセプトの車にスズキのクロスビーがあります。

 

クロスビーは、ソリオをベースとし1.0Lターボにハイブリッドを搭載していますが、車重と馬力でクロスビーとライズを比較して評価してみましょう。

【クロスビー】

クロスビーの走行時の画像

出典:suzuki.co.jp

【ライズとクロスビーの馬力とトルク比較】

車種 車重
kg
パワー
トレイン
最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kg・m)/rpm
【ライズ】
・G
(4WD)
1,040 エンジン 72(98)/6,000 140(14.3)/2,400-4,000
【クロスビー】
・HYBRID MX
1,000 エンジン 73(99)/5,500 150(15.3)/1,700-4,000
モーター 2.3(3.1)/1,000 50(5.1)/100

 

クロスビーはハイブリッドとはいってもマイルドハイブリッドなので、馬力自体はエンジン+5ps以下の加算と考えて問題ないレベルですが、車重と馬力だけを見ると若干ではありますがクロスビーの方が有利と言えそうです。

 

こうしてライバルと比べてみても分るように、ライズのスペックは同クラスの車と比較して、いたって並の性能であることが分ります。

 

なお、クロスビーの馬力と各速度域の加速感、0-100km/hの加速タイムは下記の記事を参考にして下さい!

⇒【イマイチ】0-100km10.6秒!クロスビーの加速と馬力を徹底評価!

 

では、次に新型ライズの各速度域の加速性能を評価してみましょう!

 

 
スポンサードリンク

 

その2.ライズの実際の加速感を評価!

新型ライズの前方からの画像

出典:toyota.jp

 

それではライズの実際の加速感を速度域に分けて加速感を評価してみます。

 

低速域の加速感を評価!

 

ライズに乗り走り出すと

「んん?この車CVTだったよね?」

というような感覚になります。

 

このご時世にCVTを嫌いと言ったらほとんどの車を嫌うことになりますが、私は元来CVTが嫌いですが(笑)

 

どうせライズもCVTだし、という心持で乗ってみたのですが、CVTの嫌なレスポンスの悪さや滑り感をほとんど感じないのが驚きでした。

 

感じないどころか、アクセルレスポンスに関しては不覚にも(?)ダイレクト感まで感じることができました。

 

これはD-CVTという技術によるもので、ベルト式のCVTにスプリットギアを組み込んだ、速い話がギア有ATCVTの良い所取りをした変速機になります。

 

高出力が必要な時にはベルト+ギアになるため、踏み込めば低速域でもダイレクトなフィーリングで加速感を得ることが出来ます。

 

中速域の加速感を評価!

郊外

 

中速域でも加速自体はこのクラスのお気楽SUVの割にはなかなか優秀な方です。

 

ただ、加速させた時の安定感はハッキリ言って良くありません。

 

ジムニーシエラのように走破性を重視した上でのフォルムではなく、SUVブームに乗って普通車をSUV化した車であるライズは圧倒的に車としてのバランスを欠きます。

 

極端に言えばコンパクトカーに16インチもしくは17インチのタイヤを履かせているわけですから仕方がないですよね。

 

ミッションやターボエンジンのおかげで、一定の加速はしますが、路面からのインフォメーションが乏しくお世辞にも気持ちが良い加速とは言えません。

 

高速域の加速感を評価!

高速道路

 

高速域ではやはり3気筒エンジンなので、回転数が上がるにつれてエンジンサウンドがガサツになっていきます。

 

2人乗車くらいまでなら高速巡行もいけますが、フル乗車になると加速も制動も明らかにスペック不足を感じることになります。

 

やはり最小クラスのSUVということもあり、加速性能は普通のコンパクトカーです。

 

走りを求める人と言うよりは、初めての車を考える若者や2代目以降としての足代わりというようなターゲットとしていると言えますね。

 

でも、私としては若者には是非!初めから車の「乗って走る楽しさ」に目覚めてもらいたいのですが・・・

 

 
スポンサードリンク

 

その3.新型ライズの0-100km/hの加速タイムを評価!

新型ライズの走行時の画像

出典:toyota.jp

 

新型ライズの加速タイムを0-100km/hのタイムを参考に評価してみます。

 

ターゲットは走りメインではないものの、街乗りでも加速は運転の楽しさ安全性にも関わることなのでとっても重要です。

 

加速タイムはウェブの加速動画、ユーザーの加速タイムを独自集計して平均値を出したものなので、多少の誤差はご容赦くださいm(__)m

 

新型ライズの0-100km/h加速タイムは以下の様になります。

 

・新型ライズ(G/4WD):9.6秒

 

重さがかさむ車種の多いSUVクラスの加速性能としてはなかなか優秀な方です。

 

ライバル車種のクロスビーと比較して評価してみます。

 【クロスビー】

クロスビーの外観の画像

出典:suzuki.co.jp

【0-100km/h加速タイム】

・HYBRID MX4WD):10.6

⇒【イマイチ】0-100km10.6秒!クロスビーの加速と馬力を徹底評価!

 

記事の前半でご紹介したように、クロスビーのほうが馬力とトルクの値が上ですが、D-CVTの恩恵もあってかタイムは新型ライズの圧勝となりました。

 

ただし、悪路走破性はSUVタイプではありますが、おまけ程度と考えた方がいいです。

 

あくまでもコンパクトカーに大型タイヤを装着してクロカン風にしているだけの車なので、本格的な走破性を持つコンパクトSUVなら迷わずジムニーシエラです。

 

ちなみに、ジムニーシエラの0-100km/hの加速タイムは以下の様になります。

【ジムニーシエラ】

ジムニーシエラの外観

出典:suzuki.co.jp

【0-100km/h加速タイム】

・ジムニーシエラJC(5MT):11.9秒

⇒【本気で遅い】0-100km11.9秒!ジムニーシエラの加速と馬力を徹底評価!

 

俺の一言!

 

トヨタのSUVラインナップは何処まで行くのかというほど流行のSUVですが、その末っ子クラスということを考えれば、まずまずの加速性能です。

 

D-CVTも悪くないので、コンパクトカーと考えればいい足になりそうです。

 

ただ、SUVとしては完全に見た目だけなのでクロスオーバーにも満たない、加速よりも流行り重視の車です。

 

 

あなたの清き1フォローをよろしくお願いいたしますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力、馬力、トルクのあるSUVをお探しのあなたへ!~

国産SUVの0-100km/h加速ランキング、馬力、トルクランキングはこちらです!

⇒【2020年版】ベスト23!国産SUV0-100km/h加速ランキング!

⇒【2020年版】ベスト21!最新!国産SUVトルクランキング!

⇒【2020年版】トップ20!最新国産SUV馬力ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもお勧めです!

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

関連記事

⇒【イマイチ】0-100km10.6秒!クロスビーの加速と馬力を徹底評価!

⇒【本気で遅い】0-100km11.9秒!ジムニーシエラの加速と馬力を徹底評価!

⇒【MT1択】0-100km13.9秒!新型ジムニーの加速と馬力を徹底評価!

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです!

 

-ガソリン車

Copyright© バリキックス , 2020 All Rights Reserved.