カソバリヘッダー001

ガソリン車

0-100km13.0秒!インプレッサスポーツの加速と馬力を評価!

投稿日:

アイキャッチ

~加速の良い新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

往年のクルマ好きにとっては「インプレッサ」は速さの象徴でもある車でしたが、インプレッサスポーツの加速性能は非常に残念なことになってしまっています。

 

もし、あなたが、インプレッサスポーツの購入を考えているのでしたら、今回の記事を読めば、同車の馬力とトルク、各速度域での加速性能、更に0-100km/hの加速タイムが全て理解できますので、、絶対に!購入前には最後まで読んで、後悔をしない買い物をしてください!

 

 
スポンサードリンク

 

その1.インプレッサスポーツの馬力とトルクを評価!

インプレッサスポーツのコーナーリングの画像

出典:subaru.jp

 

まずは、インプレッサスポーツに搭載されているエンジンから検証しましょう。

 

インプレッサスポーツに搭載されるエンジンは次の2つのエンジンです。

 

FB16型:1599㏄ 水平対向4気筒 DOHC16バルブ

FB20型:1995㏄ 水平対向4気筒 DOHC16バルブ

 

上記の1.6Lの「FB16型」エンジンは同じスバルの「XV」「レヴォーグ」1.6Lと同じエンジンで、2.0Lに関しては、フォレスターの「e-BOXER」「XV」2.0Lと同一です。

 

それでは、早速インプレッサスポーツの2つのエンジンの最高出力(最大馬力)と最大トルクについて評価していきましょう。

 

【インプレッサスポーツの最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kg・m)/rpm
【1.6L】
1.6i-L EyeSight
1.6i-S EyeSight
85115/6,200 14815.1/3,600
【2.0L】
2.0i-L EyeSight
2.0i-S EyeSight
113154/6.000 19620.0/4000

 

インプレッサスポーツのエンジンのラインナップは1.6L2.0Lの水平対向エンジンのモデルがありますが、ハッキリ言って普通の直列4気筒エンジンと比べてスペック的に優れているようなところはありません。

 

近い排気量のMAZDA3の馬力・トルクを比較評価してみましょう。

【MAZDA3(ガソリン車)の最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kg・m)/rpm
【1.5L】
MAZDA3
82(111)/6,000 146(14.9)/3,500
【2.0L】
MAZDA3
115(156)/6,000 199(20.3)/4,000

 

値を見て分るように、水平対向だからといってスペックに明らかな特徴はありません。

 

最近の水平対向エンジン(ボクサーエンジン)は、直列エンジン並みの燃費と、以前から定評のある振動が伝わりにくく低重心をウリにしていますが、実際のところ最近の水平対向以外のエンジンも振動も少ないものが多くなっていますし、MAZDA3のガソリン車もかなり低重心なボンネットに収まっています。

 

そのため、私の考えではこの程度の水平対向エンジンであればより燃費の出しやすい直列エンジンで十分だと考えています。

 

【MAZDA3ファストバック】

MAZDA3の外観

 出典:mazda.co.jp

 

ただ水平対向エンジンがスバルのアイデンティティでもあるので、スバル的にも割り切る訳にもいかないのだと思いますが、今は無きインプレッサWRXのようなパンチの効いたターボモデルでないと私のような人間には魅力を感じることができません。

 

【インプレッサWRX 2004 Vリミテッド】

インプレッサWRXの外観

出典:goo-net.com

搭載
エンジン
最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kg・m)/rpm
・EJ20 184(250)/6,000 333(34.0)/3,600

 

WRX1車種として独立してしまったこともあり、普通のハッチバックに成り下がってしまっていることは、往年のインプレッサファンにとっては寂しいところです。。。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.インプレッサスポーツの実際の加速感を評価!

インプレッサスポーツの走行時の画像

出典:subaru.jp

 

では、次にエンジンは大人しすぎて少し不安ですが、インプレッサスポーツに実際に乗ってみた加速感を評価してみます。

 

低速域での加速感を評価!

市街地

 

やはり1.6L車は低速域では明らかにパワー不足を感じます。

 

1.6i-Lアイサイト(4WD)」のグレードで1360kgの重さがある1.6L車はお世辞にも加速が良いとは言えず、近場の移動の足として使えるレベルです。

 

一方、2.0Lの「2.0i-Lアイサイト(4WD)」のグレードでは、1370kgと1.6Lモデルと比較して10kg増ですが、馬力は39psも上なので、1.6L車と比べれば馬力感やトルク感にゆとりが有ります。

 

とはいっても、攻めの余裕ではなく幹線道路を走るときなどに、多少余力を感じるかな・・・

程度のものです。

 

中速域での加速感を評価!

郊外

 

走り出してしまえば思ったほど、1.6L車と2.0L車の違いは無いように思います。

 

どちらのモデルもプラットフォームがしっかりしているため、ある程度加速に乗ってくると、まるでワンランク上の車に乗っているような錯覚に襲われます。

 

勿論、エンジンの性能の限界点が低いので客観的に見れば加速はそれほど良くないですが、搭乗者の主観としては上質な加速感を演出しています。

 

最近のハッチバックの低排気量の車種は皆このような方向性をもっており、特にMAZDA3やカローラツーリングでは、その傾向が強く見られます。

 

インプレッサスポーツ、MAZDA3ファストバック、カローラツーリングの直近のフルモデルチェンジに共通しているのは、スペックはほとんど据え置き、上質感を大きく向上、価格も順当に上昇、が挙げられます。

 

他のメーカ―のフルモデルチェンジに共通していることですが加速をおざなりにして、質感を上げるという、昭和の加速マニアには理解しがたい進化となっているようです。

 

高速域での加速感を評価!

高速道路

 

どしっと路面を捉えて、着実に加速していく加速感が持ち味で、ハンドルもこのクラスの車種としてはかなりガッチリして重めのセッティングになっています。

 

そのせいもあって高速域でも、ワンランク上の加速感を得ることが可能になっています。

 

雪道や悪路だけのイメージのあるスバルの4WD(シンメトリカルAWD)は、意外にもコーナリング中のトルク分配にも役立ちコーナリングでの挙動が安定しています。

 

ただ、肝心な絶対的な加速に難があるため、高速道路などではそれほど余裕が感じられません。

 

ちなみに、私個人の考えではインプレッサスポーツは4WDでないと、カローラツーリングやMAZDA3ファストバックでも事足りてしまうので、FF車ではインプレッサをスポーツを選択する意味がないと思っています。

 

各速度域の加速感のまとめると?

 

インプレッサスポーツの各速度域での加速感をまとめると以下の様になります。

・ギリギリ加速感を満足せるのは2.0L+4WDの組み合わせ。

・どのモデルであっても加速感は並み程度、1.6Lは並以下の加速 。

・シャシ性能は抜群で安定はしている

・CVTの性能の高さも国内トップレベル

 

加速感をまとめると以上のようになり、あとはエンジンだけが・・・というなんとも惜しい加速感になります。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.インプレッサスポーツの0-100km/hの加速タイムを評価!

インプレッサスポーツの走行時の画像

出典:subaru.jp

 

それではインプレッサスポーツの加速タイムを評価してみましょう。

 

加速タイムは全国のユーザーや加速動画のタイムを参考に集計し平均値をだしたものになりますので、多少の誤差はご了承ください。

 

1.6L、2.0Lのインプレッサスポーツの0-100/hのタイムは下記の通りです。

 

・1.6i-L EyeSight(1.6L):13.0

2.0i-L EyeSight(2.0L)・・・9.8

 

1.6L車は軽自動車並みの加速性能で、2.0Lでもそこまで褒められた性能ではありません。

 

やはり水平対向エンジンにはターボだということがレヴォーグのタイムを見てみると分ります。

 

【レヴォーグ】

レヴォーグの走行時の外観

出典:subaru.jp

1.6GT EyeSight(1.6L):9.2

・2.0GT-S EyeSight(1.6L):5.8秒

 

レヴォーグには2.0Lターボ車もあるので、1.6L車は下位グレードにあたりますが、それでもレヴォーグは1.6Lであっても加速性能は評価できます。

 

俺の一言!

 

スバルの中ではエントリークラスに当たる車なので仕方がないですが、上位車種のレヴォーグなどと比べる加速性能は評価できません。

 

1.6L2.0LNAのラインナップでなく、1.5LNA1.6Lターボのほうがもう少し面白い構成だったと思います。

 

それにしてもインプレッサも随分丸くなったというか、下位グレードでも意外と走れた過去のインプレッサとは随分立ち位置が変わったようで、30代のクルマ好きには非常に残念な存在になってしまいました。。。

 

 

あなたの清き1フォローをよろしくお願いいたしますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

~加速の良い車をお探しのあなたへ!~

大人気!各クラス別の0-100km/h加速ランキングはこちらです!

⇒【2020年版】ベスト23!国産SUV0-100km/h加速ランキング!

⇒【2020年版】国産スポーツクーペ0-100km/h加速ランキング!

⇒【2020年版】ベスト21!国産ミニバン0-100km/h加速ランキング!

⇒【2020年版】ベスト21!国産コンパクトカー0-100km/h加速ランキング!

⇒【2020】ベスト26!国産セダン0-100km/h加速ランキング!

⇒【2020年版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後日読んでみるのもお勧めです!

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

-ガソリン車

Copyright© バリキックス , 2020 All Rights Reserved.