カソバリヘッダー001

ハイブリッド/電気自動車/ディーゼル他

0-100km8.0秒!レクサスGS300hFスポーツの加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

アイキャッチ

~加速の良い新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

もし、あなたがレクサスGS300h Fスポーツを期待して購入をしようとしているのでしたら、今回の記事を読めば同車の馬力とトルク、実際の加速感、0-100km/hの加速タイム全てが、他のグレードとほぼ同じことが理解できます。

 

なので、必ず!購入前には最後まで読んで後悔をしない買い物をしてください。

 

 
スポンサードリンク

 

その1.レクサスGS300h Fスポーツの馬力とトルクを評価!

レクサスGS300h Fスポーツ 馬力とトルクを評価

出典:lexus.com

 

まずは、レクサスGS300hのスポーツグレード「 Fスポーツ」に搭載されるエンジンとモーターから検証していきましょう。

 

GS300h Fスポーツに搭載されるエンジンとモーターは以下の通りです。

【エンジン】

2AR-FSE型:2493㏄直列4気筒DOHC

【モーター】

・1KM:交流同期電動機

 

上記のエンジンとモーターはGS300hの他のグレードと共通となります。

 

GS300hの記事でも紹介しましたが、上記のエンジンは1世代前の14代目クラウン2.5Lハイブリッド車に搭載された古いパワートレインです。

 

それではGS300h Fスポーツの最高出力(最大馬力)と最大トルクを検証してみましょう。

 

【レクサスGS300hのエンジンの最高出力(馬力)と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
GS300h“F SPORT” 131178/6,000 22122.5/4,200-4.800

 

上記の様にGS300hに搭載されているエンジンンのスペックを見ると、他のグレードのGS300hと同じで、特にチューニングされているところはありません。

 

2.5Lのエンジンですが、ハイブリッドなのでかなりエンジンの出力は抑え気味にセッティングされています。

 

Fスポーツなのでこの辺の制御を変更しても良かったと思うのですが、そこまでの大が掛かりのチューニングはされませんでした。

 

次にモーターのスペックを評価していきましょう。

 

【レクサスGS300hのモーターの最高出力(馬力)と最大トルク】

モーター型式 最高出力
kW(PS)
最大トルク
N・m(kgf・m)
・1KM 105143 30030.6

 

レクサスGS300h Fスポーツのモーターは143psの馬力があり、一般的なハイブリッドカーとしてはかなり強力です。

 

しかし上位グレードになる「GS450」のモーターは同じ「1KM」を使用していますが下記の様に馬力は強力にセッティングされていますが、トルクでは若干「GS300h」の方が値が上向いていますので、ここでもスタート時の燃費を意識したセッティングとなっています。

 

【レクサスGS450hのモーターの最高出力(馬力)と最大トルク】

モーター型式 最高出力
kW(PS)
最大トルク
N・m(kgf・m)
1KM型 147200 27528.0

 

なお、レクサスGS300h Fスポーツのエンジンとモーターの出力を合わせたシステム出力は以下の通りで、GS300hの他のグレードと同じ数値になっています。

 

・レクサスGS300h“F SPORT”のシステム出力:220ps

 

上記のようにエンジンとモーターの馬力とトルク、システム出力を検証すると、レクサスGS300h Fスポーツのような1,730kg~1,770kgという大型サルーン車の馬力としては何とも心もとない性能です。

 

サイズ的には1まわり以上小さいカムリ(2.5L)のスペックと比較してみます。

 

【カムリの最高出力と最大トルク】

エンジン
モーター
最高出力
kW(PS/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
【エンジン】
・A25A-FXS型
131(178/5,700 221(22.5/3.600~5.200
【モーター】
・3MN
88(120) 202(20.6)
システム出力 155(211) -

【カムリ】

カムリ出典:toyota.jp

⇒【予想外の速さ】0-100km6.5秒!カムリの加速と馬力を徹底評価!

 

GS300Fスポーツが1760kgなのに対して、カムリは1540kgですから車重とシステム出力の比で言えば、GS300h Fスポーツがそれほど加速性能が高くないことが推測できます。

 

参考に、上位グレードのGS450h Fスポーツ(3.5L)のシステム出力も確認してみましょう。

 

【レクサスGS450h Fスポーツの最高出力(馬力)と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
【エンジン】
・2GR-FXE
217295/6,000 35636.3/4,500
【モーター】
・1KM
147(200) 275(28.0)
システム出力 256(348) -

 

こうしてみるとレクサスGS300h FスポーツとGS450Fスポーツの性能にはかなり大きな差があり、数値から見てもGS450Fスポーツの方が圧倒的に加速性能が高いことが容易に推測できます。

 

【レクサスGS450h Fスポーツ】

出典:autocar.co.uk

⇒0-100km5.6秒!レクサスGS450hの加速と馬力を徹底評価!

 

 
スポンサードリンク

 

その2.レクサスGS300h Fスポーツの実際の加速感を評価!

レクサスGS300h Fスポーツ 加速力を評価

出典:lexus.com

 

レクサスGS300h Fスポーツに実際に乗ってみた加速感を、ノーマルのGS300hと比較しながら評価してみます。

 

レクサスGS300h FスポーツがGS300hから変更のあった点で加速に関係がある点は大きく以下の3つがあります。 

 

【専用サスペンション】

専用サスペンション

専用サスペンション

出典:lexus.com

【専用ブレーキ(フロント)】

専用ブレーキ

出典:lexus.com

【専用タイヤ】

専用タイヤ

出典:lexus.com

フロント235/40R19+リヤ265/35R19タイヤ

 

スポーツサスペンションで足回りを強化し、フロント235/40R19・リア265/35R19の前後異サイズタイヤを装着することによって、FRの操舵性や路面への接地の基本性能を向上させています。

 

ただ、残念な点はレクサスGS450hとGS350のFスポーツに搭載される、LDHというコーナリング時の車体の向きをコントロールする機構が備わっておらず、加えてギア可変ステアリング(VGRS)と後輪の切れ角を制御する(DRS)もGS300h Fスポーツには搭載されません。

 

となると、GS300h Fスポーツは足回りとブレーキの小改良のみで、あとはエクステリア・インテリアの加飾が主な改良点ということになります。

 

そういったこともあり、実際に乗ってみるとほとんどFスポーツであることが分りません。

 

ワインディングなどのコーナリング性能が試されるシーンになれば、足回りがガッチリきまっていることに気づきますが、市街地での加速感の変化はないに等しいです。

 

ネットの一般ユーザーレビュー記事でも、メーターが赤くなってシートが良くなっただけで加速は変わらないと、酷評されているところもあります。

 

プロのレビューではGS300hGS300hFスポーツではまるで性能が違うということも言われていますが、細かな違いに気づくプロでないと気づかないレベルのチューニングであるということでしょう。

 

セレナのNISMOバージョン(現在カタログ落ち)のように足回りと内外装をスポーティに仕上げただけのFスポーツなので、当たり前といえば当たり前なのですが、国内最上級ブランドのレクサスのスポーティバージョンなので、もう少し頑張ってほしかったものです。

 

【セレナnismo】

セレナnismo

出典:matome.response.jp

 

 
スポンサードリンク

 

その3.レクサスGS300hFスポーツの0-100km/h加速タイムを評価!

レクサスGS300h Fスポーツ 0-100km/hの加速タイムを評価

出典:lexus.com

 

レクサスGS300h Fスポーツの実際の加速タイムについて0-100/hのタイムを参考に評価してみます。

 

加速タイムは、全国のユーザーやネットの計測値を参考に、それらのタイムを独自に集計して平均値を出したものなので、実際の加速タイムとの多少の誤差はご容赦ください。

 

それでは、GS300h Fスポーツの0-100km/hの加速タイムは以下の様になります。

 

・レクサスGS300h“F SPORT”8.0

 

足回りの強化と前後異サイズタイヤの影響でGS300h 8.2秒というタイムより若干タイムが良くなっています。

 

ただ、新型クラウンの2.5Lハイブリッドと比べるとちょっと残念な結果に・・・

 

【クラウン2.5 RS】

クラウン

出典:toyota.jp

・0-100km/h加速タイム:7.9

⇒0-100km7.9秒!クラウンハイブリッド2.5Lの加速と馬力を徹底評価!

 

次に「馬力とトルクの項」で紹介した「カムリ」の0-100km/hの加速タイムを見てみましょう。

【カムリWS】

カムリ

出典:toyota.jp

・0-100km/h加速タイム:6.58秒

⇒【予想外の速さ】0-100km6.5秒!カムリの加速と馬力を徹底評価!

 

新型クラウンやカムリの方が、新開発のハイブリッドシステムを搭載しているため加速性能はGS300h Fスポーツよりも上という結果になっています。

 

これはいけませんね。

 

レクサスの「Fスポーツ」を冠しているにもかかわらず、加速がまるでダメです。

 

もちろん、一般的な車全体で考えれば優秀な方ですが、天下のレクサスの特別仕様車ですから、意地を出してもっと加速性能にも力をいれるべきでしょう。

 

他の「Fスポーツ」と比較して評価してみます。

 

【レクサスGS350Fスポーツ】

レクサスGS350 Fスポーツ 0-100km/h加速タイム評価

出典:lexus.jp

・0-100km/h加速タイム:5.8

⇒0-100km5.8秒!レクサスGS350 Fスポーツの加速と馬力を徹底評価!

 

【レクサスGS450hFスポーツ】

レクサス GS450h Fスポーツ 

出典:autocar.co.uk

・0-100km/h加速タイム:5.5

⇒0-100km5.5秒!レクサスGS450h Fスポーツの加速と馬力を評価!

 

【レクサス*LS500h Fスポーツ】

レクサス LS500 Fスポーツ 馬力とトルク評価

出典:lexus.jp

・0-100km/h加速タイム:5.2秒

⇒0-100km5.2秒!レクサスLS500h Fスポーツの加速と馬力を評価!

 

かなり加速性能の高いものを敢えてピックアップしてみましたが、これらのFスポーツと、レクサスGS300h Fスポーツでは全く加速への本気度が違うことが明白です。

 

よほど内外装が気に入って、ハイブリッド仕様がどうしても譲れないという限られたユーザー向けの車ですね。

 

俺の一言!

 

レクサスGS300h Fスポーツはレクサスのセダンの中ではかなり見劣りする結果になりました。

 

レクサス、さらにFスポーツでもあるにもかかわらず、クラウン以下ではお話になりません。

 

GSシリーズは、GS450hGS350GS300hGS300のすべてのグレードにFスポーツをラインナップしていますが、Fスポーツと名乗っても良いレベルの加速性能はGS450h・GS350までだと思います。

 

この記事が良いと思ったら1フォローをよろしくお願いいたしますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

関連記事

⇒0-100km8.2秒!レクサスGS300hの加速と馬力を徹底評価!

⇒0-100km6.0秒!レクサスGS350の加速と馬力を評価!

⇒0-100km5.6秒!レクサスGS450hの加速と馬力を徹底評価!

⇒0-100km7.1秒!レクサスGS300の加速と馬力を徹底評価!

⇒0-100km5.5秒!レクサスGS450h Fスポーツの加速と馬力を評価!

⇒0-100km7.9秒!クラウンハイブリッド2.5Lの加速と馬力を徹底評価!

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒もくじはこちらです!

 

-ハイブリッド/電気自動車/ディーゼル他

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.