カソバリヘッダー001

ハイブリッド/電気自動車/ディーゼル他

0-100km8.2秒!レクサスGS300hの加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

アイキャッチ

~加速の良い新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

レクサスのGS300hは燃費寄りの設定になっているために、GSシリーズの中では最鈍足のグレードとなります。

 

もし、あなたが、レクサスGS300hの購入を検討しているのでしたら、今回の記事を読めばGS300hの馬力とトルク各速度域の実際の加速感0-100km/hの加速タイムの全てが理解できますので、必ず!購入前には最後まで読んで後悔をしない買い物をしてください。

 

 
スポンサードリンク

 

その1.レクサスGS300hの馬力とトルクを評価!

レクサスGS300hの馬力 評価

出典:lexus.jp

 

まずは、レクサスGS300hに搭載されるエンジンとモーターから検証していきましょう。

 

【エンジン】

2AR-FSE型:2493㏄直列4気筒DOHC

【モーター】

・1KM:交流同期電動機

 

上記のエンジンとモーターの組み合わせは、現在、レクサスの現行型IS300hに搭載されているだけですが、かつては先代の14代目クラウンのハイブリッド車も搭載していました。

 【IS300h】

IS300h

出典:lexus.jp

 

それでは、レクサスGS300hの最高出力と最大馬力を検証しましょう。

 

【レクサスGS300hのエンジンの最高出力(馬力)と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
GS300h
GS300h“I package”
GS300h“version L”
131178/6,000 22122.5/4,200-4.800

※「F SPORT」については別記事参照。 

 

上位グレードのレクサスGS450h3.5Lの大排気量エンジンのハイブリッドであるのに対して、GS350hは実用的な2.5Lエンジンとの組み合わせなので、馬力とトルクは上記の様に控えめです。

 

ちなみにこのエンジンは先代の14代目クラウンハイブリッド(2.5L車)と同じエンジンで15代目の新型クラウンハイブリッドの2.5L車の馬力184psの「A25A-FXS型」エンジンよりも一世代前のエンジンを搭載しています。

【14代目210型クラウンハイブリッド】

14代目クラウンハイブリッド

出典:wikipedia

 

次にモーターのスペックを評価してみます。

 

【レクサスGS300hのモーターの最高出力(馬力)と最大トルク】

モーター型式 最高出力
kW(PS)
最大トルク
N・m(kgf・m)
・1KM 105143 30030.6

 

GS300hのモーターに関してはGS450hと同じ1KM型ですが、モーターの出力が違います。

 

参考に、GS450hのモータースペックを確認してみましょう。

 

【レクサスGS450hのモーターの最高出力(馬力)と最大トルク】

モーター型式 最高出力
kW(PS)
最大トルク
N・m(kgf・m)
1KM型 147200 27528.0

 

GS450hと比べるとエンジンだけでなくモーターもかなりスケールダウンしていることが分ります。

 

レクサスGS350hのエンジンとモーターの出力を合わせたシステム出力は以下の様になっています。 

・レクサスGS350hのシステム出力:220ps

 

以上の様な値になっており、ベースグレードで1730kgにもなる大型サルーンの動力源としては、いささか心もとない感じがします。

 

他のレクサスGSシリーズの最高出力と比較してみましょう

【GS各グレードの最高出力比較】

順位 グレード 排気量
cc
パワートレイン 最高出力(システム出力)
kW(ps)
1位 ・GS450h 3,456 ハイブリッド 256(348)
2位 ・GS350 3,456 エンジン
(自然吸気)
234318
3位 ・GS300 1,998 エンジン
(ターボ)
180(245)
4位 ・GS300h 2,493 ハイブリッド 162(220)

 

上記の様にGSシリーズの中では最も非力であることがわかるかと思います。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.レクサスGS300hの実際の加速感を評価!

レクサスGS300h 加速を評価

出典:lexus.jp

 

次にレクサスGS300hに実際に乗ってみた加速感を速度域に分けて加速感を評価してみます。

 

低速域での加速を評価!

市街地

 

低速域では、システム出力の割にはそこまでモッサリとした走り出しではありません。

 

GS450hほどの大出力モーターでないものの、GS350h1.5LNAエンジン以上の馬力とトルクを持つモーターを積んでいるので、走り出しがスムーズです。

 

高級で大型なGS350hのような車の加速は、いかに早い段階で馬力とトルクのピークが出るかどうかが重要です。

 

その点で、モーターはエンジンよりも低回転域から馬力とトルクが出やすいので、システム出力は車格に対して低めですが、低速域では意外にも軽やかな加速感を得ることができます。

 

中速域での加速を評価!

郊外

 

中速域では、無難に加速をこなす感じで、モーターとエンジンを上手く使い分けながら加速していきます。

 

ただし、普通に走行するには十分というだけで、スポーティな走りを求めようとすると物足りなさを感じます。

 

やはり、余裕を求めるなら、レクサスGS450hの方が加速感に不満が起こらないでしょう。

 

Version Lグレードでは可変ダンパー(AVS)が搭載されますが、レクサスLSシリーズ後輪操舵システムの(LDH)は搭載されません。

 

なので、コーナリング性能もレクサスの最新技術を盛り込んでいるとは言えず、ハンドリングも最高ランクとは言い難いです。

 

高速域での加速を評価!

高速道路

 

高速クルージングについては、剛性の高いシャシのおかげでかなり安定感があるので、ある程度速度が出ていても安心して運転することができます。

 

Version Lに搭載される19インチタイヤとの相性も良く直進安定性や優れた乗り心地に一役買っています。

 

ミッションはCVTを採用しているのでGS350の8ATと比べるとダイレクト感に欠けるのが残念なところです。

 

また、アクセルを踏み足した時の加速感もイマイチなところがあるので、シャシ性能の方が加速性能を上回っている印象です。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.レクサスGS300hの0-100km/h加速タイムを評価!

レクサスGS300h 0-100km/h加速タイム評価

出典:lexus.jp

 

レクサスGS300hの実際の加速タイムについて0-100/hのタイムを参考に評価してみます。

 

加速タイムは、全国のユーザーやネットの計測値を参考に、それらのタイムを独自に集計して平均値を出したものです。(多少の誤差はご容赦ください)

 

レクサスGS300hの0-100km/h加速タイムは以下の通りです。

 

・レクサスGS300h(ベース):8.2秒

 

レクサスGSのような大型高級セダンのなかでは結構な遅さです。

 

ちなみに、「ノーマル」モードでも「スポーツ+」モードでもほとんど加速タイムは変わらないようです。

 

メーターの色が変わるだけという残念な結果に・・・

 

レクサスGS300hは先代クラウン(210型)のハイブリッドシステムを搭載しているので、現行の(220型)クラウンハイブリッド2.5L車と比較して評価してみましょう。

【クラウンハイブリッド2.5 RS】

クラウン

出典:toyota.jp

・0-100km/h加速タイム:7.9

⇒0-100km7.9秒!クラウンハイブリッド2.5Lの加速と馬力を徹底評価!

 

新型クラウンの方が、エンジン性能が高いのも影響して加速タイムが良くなっています。

 

レクサスなのにクラウン以下の加速力とは、残念ですね。。。

 

レクサスGSの他のパワートレーンのモデルとも比較してみます。

【GS300】

レクサスGS300 0-100km/h加速タイム評価

出典:lexus.jp

・0-100km/h加速タイム:7.1秒(ベース)

⇒0-100km7.1秒!レクサスGS300の加速と馬力を徹底評価!

 

【GS350】

レクサスGS350 トルクと馬力 評価

出典:lexus.jp

・0-100km/h加速タイム:6.0秒(ベース)

⇒0-100km6.0秒!レクサスGS350の加速と馬力を評価!

 

【GS450h】

レクサスGS450h 0-100km/h加速

出典:lexus.jp

・0-100km/h加速タイム:5.6秒(ベース)

⇒0-100km5.6秒!レクサスGS450hの加速と馬力を徹底評価!

 

やはり、GSシリーズ唯一のガソリン仕様のGS300hは、ハイオク仕様のそのほかのモデルよりかなり加速性能に劣るという結果になりました。

 

俺の一言!

 

レクサスGS300hは先代クラウンのハイブリッドということもあり、それほど魅力を感じられないモデルとなっています。

 

レクサスの中では不人気車にあたるので中古の値崩れしたものを狙うならまだしも、高級車を求めてレクサスを求める方に評価されるかは微妙です。

 

高級車なら高級車に見合う加速性能が欲しいものです。

この記事が良いと思ったら1フォローをよろしくお願いいたしますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

関連記事

 

⇒0-100km6.0秒!レクサスGS350の加速と馬力を評価!

⇒0-100km5.6秒!レクサスGS450hの加速と馬力を徹底評価!

⇒0-100km7.1秒!レクサスGS300の加速と馬力を徹底評価!

⇒0-100km5.5秒!レクサスGS450h Fスポーツの加速と馬力を評価!

⇒0-100km7.9秒!クラウンハイブリッド2.5Lの加速と馬力を徹底評価!

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒もくじはこちらです!

 

-ハイブリッド/電気自動車/ディーゼル他

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.