カソバリヘッダー001

ハイブリッド/電気自動車

【朗報】0-100km8.0秒!新型RAV4ハイブリッドの加速と馬力を評価!

投稿日:

新型RAV4 ハイブリッド 加速 馬力 評価

~加速の良い新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

新型RAV4のハイブリッド車は、ガソリン車と比較すると馬力とトルクも優れ加速力では約2秒も速くなっています。

 

もし、あなたが、新型RAV4ハイブリッドの購入を検討しているのでしたら、今回の記事を読めば同車の馬力とトルク実際の加速感走破性0-100km/hの加速タイムなどが理解できますので、必ず!購入前には最後まで読んで、後悔をしない買い物をしてください!

 

 
スポンサードリンク

 

その1.新型RAV4のハイブリッド車の馬力とトルクを評価!

新型RAV4 ハイブリッド トルク 馬力 評価

出典:toyota.jp

~加速力、馬力、トルクのあるSUVをお探しのあなたへ!~

国産SUVの0-100km/h加速ランキング、馬力、トルクランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト23!国産SUV0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年版】ベスト21!最新!国産SUVトルクランキング!

⇒【2019年版】トップ20!最新国産SUV馬力ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもお勧めです!

 

2019年4月にフルモデルチェンジで2年8ヵ月ぶりに販売されたRAV4ですが、ハイブリッド車の方がガソリン車よりも排気量の大きい2.5Lに設定されています。

 

まずは、新型RAV4ハイブリッドに搭載されるエンジンとモーターから検証していきましょう。

 

【エンジン】

M25A-FXS型:2487㏄直列4気筒DOHC

【モーター】

・3MN型(フロント):交流同期電動機

・4NM型(リア):交流同期電動機

 

上記のエンジンは現在、「カムリ」「クラウン(2.5L)」「レクサスES」に使用されているものと同様で、モーターに関してもカムリ、レクサスESと同様ですが前後に独立したモーターを搭載しているのは新型RAV4(4WD)のみになります。

 

それでは、新型RAV4ハイブリッドの最高出力(最大馬力)と最大トルクについて評価していきましょう。

 

【RAV4ハイブリッドの最高出力(馬力)と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
・HYBRID X
・HYBRID G
131178/5,700 22122.5/3.600-5.200

 

上記の様にエンジンの馬力とトルクを検証すると、やはりハイブリッド車だけあり、馬力とトルクは2.0L並みに抑えています。

 

続いてモーターのスペックを評価してみます。

 

【RAV4ハイブリッドのモーターの最大出力(馬力)と最大トルク】

最高出力
kW
PS
最大トルク
N
mkgm
・3NM型(フロント) 80109 20220.6
・4NM型(リア) 40(54) 121(12.3)

 ※リアモーターはE-Four(4WDのみ)

 

フロントモーターの馬力とトルクはかなり優秀で、コンパクトカー並みの出力がある事が分かりますが、E-Fourに搭載されるリアモーターは馬力とトルクは余り強力ではなく、補助的な意味合いが強いですね。

 

また、ガソリン車のRAV4は、レクサスUX200と同じエンジンを搭載しスペックもかなり似通ったスペックなので、RAV4のハイブリッド車もUX250hと同じ構成だと思っていましたが、ハイブリッド車の方はかなり実力に差があるようです。

 

どんなところに違いがあるのか確認してみましょう。

 【RAV4とUX250hとの馬力比較】

車種 排気量
cc
エンジン
最高出力
kW(PS)
フロントモーター
最高出力
kW(PS)
リアモーター
最高出力
kW(PS)
・RAV4
ハイブリッド
2,487 131(178)/5,700 109(20.6) 54(12.3)
・UX250h 1,986 40(54) 109(20.6) 5(5.6)

 

ガソリン車とは打って変わって、ハイブリッド車では、フロントモーターこそ同じ値ですが、エンジンの排気量も上がり、申し訳程度に付いていたUX250hのリアモーターとは違いかなり強力なリアモーターが搭載されています。

 

やはり、4WD車なのでリアモーターの馬力やトルクも必要になってくる為だと思われます。

 

こうしてみるとUX250hのクロスオバー的な性格ではなく、RAV4のハイブリッド車は4WDのクロカン的要素が強い車に仕上がっていることがスペックからも見てとれます。

【レクサスUX250h】

 出典:lexus.jp

⇒【予想外に速い】0-100km8.1秒!レクサスUX250hの加速と馬力を徹底評価!

 

新型RAV4ハイブリッドのエンジンと2モーターのパワーを合わせたシステム出力

・FF:160kW (218ps)

・E-Four:163kW (222ps)

と、なかなか強力な馬力を備えています。

 

RAV4のガソリン車とパワーウェイトレシオを比較してみます。

 

【新型RAV4パワーウェイトレシオ比較】

グレード 車両重量
kg
エンジン
最高出力
kW(PS)
システム
最高出力
kW(PS)
パワーウェイトレシオ
kg/ps
【ハイブリッド/FF】
HYBRID G
1,670 - 160(218) 7.66
【ガソリン車】
Adventure
1,630 -126(171)/6,600 - 9.53

  

ハイブリッド車の車重がガソリン車よりも重いですが、車重を馬力で割ったパワーウエイトレシオの値は(小さい方が加速に優れています)圧倒的にハイブリッド車の方が上です。

 

ライバルのハイブリッド系SUVとシステム出力を比べてみるとどうでしょうか?

 

・エクストレイルハイブリッド:システム出力188ps

・ハリアーハイブリッド:システム出力197ps

 

こう見るとシステム出力218psのRAV4がいかに加速に優れているかが一目瞭然です。

  

 
スポンサードリンク

 

その2.RAV4のハイブリッド車の実際の加速感を評価!

新型RAV4 ハイブリッド 加速 評価

出典:toyota.jp

 

オフロード性能に振っていたかと思っていましたが、意外に加速性能が高いRAV4ハイブリッドの実際の加速感を速度域に分けて加速感を評価したいと思います。

 

低速域での加速感を評価!

市街地

 

全体的に重くなりがちな4WDSUVはどうしても出だしが苦しくなりがちですが新型RAV4ハイブリッドの場合、出だしは非常に軽やかです。

 

なんといっても、E-Four強力なフロントとリアのモーターが低回転域からエンジンをアシストするため1700kgに迫る巨体であっても、難なく加速していくことができます。

 

スポーツモードにすると、SUVとは思えないメリハリが効いた加速になり、特にNAのガソリンエンジンのSUVモッサリとした動きが嫌いな方には、魅力的な加速感です。

 

中速域での加速感を評価!

郊外

 

中速域でも安定した伸びを感じられ、オンロードでもセダン並みの加速感を得ることが可能です。

 

最近のトヨタのハイブリッドシステム「THSⅡ」では、以前のようにモーターパワーを必要以上に制御するのはやめ、モーターの使用域が増えたことが最大の要因になっています。

 

高速域での加速感を評価!

高速道路

 

高速域ではシャシ性能が高いため、非常に安定したクルージングが可能ですが、そこまで高回転まで回るエンジンでもないために、アクセルを踏み足した時の馬力感や加速感はそれほど優れたものではありません。

 

ただ、ガソリン車よりは低速域重視になっていないため、RAV4の中で言えばハイブリッド車の方が加速に優れているということができます。

 

悪路の走破性を評価!

悪路

 

RAV4はクロスオーバーSUVと言われることもありますが、意外と走破性にも力を入れて開発されたモデルなので、形だけのSUVという訳ではなく走破性も十分にある車です。

 

ハイブリッド車の4WDシステムの特徴は「E-Four」と呼ばれる新開発のもので、前輪:後輪のトルク分配を10002080まで路面状況によって車側が判断して変更するこができます。

 

ガソリン車の場合マルチテレインセレクトで「MUDSAND」「NOMAL」「ROCKDIRT」の中から自分で選択することができますが、ハイブリッドでは「TRAIL」ボタンがあるだけです。

 

なので新型RAV4のハイブリッドの場合、良く言えば車側で自動で路面を判断して走破していくとも言えますが、ガソリン車のようにドライバー側に決定権がありません。

 

その点では、ガソリン車の方が、その路面に特化した走行ができるために本格派といえるでしょう。

 

【ハイブリッド車のドライブモードセレクト】

 【ガソリン車のドライブモードセレクト】

出典:toyota.jp

 

また、RAV4のガソリン車(アドベンチャーのグレードのみ)に搭載される、新開発の「ダイナミックトルクベクタリングAWD」がとても優秀なので、それと比べるとハイブリッドの「E-Four」は少し劣る印象です。

 

ダイナミックトルクベクタリングAWDは左右のトルク分配や、コーナー時に内輪にブレーキングをする非常に優れたシステムです。

 

新型RAV4のガソリン車の方で詳しく解説しておりますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

⇒0-100km10.0秒!新型RAV4・ガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

SUVの性能でカテゴリー分けをするとこんな感じになります。(私見です) 

・無敵のSUV:ランドクルーザー、ジムニー等

・悪路に強いSUV:RAV4(ガソリン)、フォレスター(ガソリン)等

・悪路もいけるSUV:RAV4(ハイブリッド)、エクストレイル(ガソリン)等

・雰囲気だけSUV:ヴェゼル(ガソリン・HV)、ハリアー(ガソリン・HV)、ジューク等

 

雰囲気だけのSUVは基本的に4WDミニバンと走破性が変わらないので、形がよほど好きという以外はSUVを買う意味があまりありません。

 

その点、RAV4ハイブリッドは本格派とまでは言えませんが、一般的なスキーや釣り、サーフィン等のレジャーには十分対応できる能力は持ち合わせています。

 

ただ、未舗装の砂浜や未舗装の雪道などはRAV4のハイブリッドでは行くべきではありません。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.のRAV4ハイブリッドの0-100km/h加速タイムを評価!

新型RAV4 ハイブリッド 0-100km/h加速タイムを評価

出典:toyota.jp

 

ガソリン車よりも加速力はあり、どちらかというとハイブリッド車の方がオンロード仕様のRAV4ですが実際の加速タイムを評価してみましょう。

 

タイムは、日本でのデータは発売が間もないこともあり少ないので、ヨーロッパのデータを参考にして独自に集計して平均値をだしたものとなっております。

 

新型RAV4のハイブリッドの0-100/h加速タイムは以下の様になります。

 

RAV4 HYBRID X4WD):8.0

 

RAV4のガソリン車にタイムは10.0なので、それと比べるとハイブリッドのほうが、明らかに加速性能が高いことが分ります。

⇒0-100km10.0秒!新型RAV4・ガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

同クラスのハイブリッドSUVのタイムをと比較して評価しましょう。

 【エクストレイルハイブリッド】

出典:nissan.co.jp

・エクストレイル(ハイブリッドX):8.3

⇒【8秒台!】エクストレイル・ハイブリッドの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

【ハリアーハイブリッド】

出典:toyota.jp

・ハリアーハイブリッド(プレミアム):8.2

⇒【0-100km8.2秒!】ハリアーハイブリッドの加速と馬力を徹底評価!

 

同クラスのハイブリッドと比べてもRAV4のハイブリッド車のタイムは頭一つ分ほど優れていることが分ります。

 

ハリアーは欧州に輸出されていないモデルなので、欧州でのハリアー的な役割を持たせたいのだと思います。

 

ただ、新型RAV4ハイブリッドの方が、加速も4WD性能もハリアーハイブリッドよりも上なので、車としての基本性能で選ぶなら断然RAV4ハイブリッドになるでしょう。

 

なお、SUVの0-100km/h加速ランキングは下記の記事を参考にしてください!

⇒【2019年版】予想外の結果!ベスト25!国産SUV0-100km加速ランキング!

 

俺の一言!

 

新型RAV4は走破性や加速性能が先代よりも飛躍的に向上しておりかなり魅力的な車になりました。

 

ヨーロッパでの評価も堅調なようです。走破性を選ぶなら断然ガソリン車のアドベンチャー1択にはなりますが、オンロードメインでたまにレジャーもという使い方であれば、加速性能が優れるRAV4のハイブリッドという選択肢もアリかもしれません。

 

 

あなたの清き1フォローをよろしくお願いいたしますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力、馬力、トルクのあるSUVをお探しのあなたへ!~

国産SUVの0-100km/h加速ランキング、馬力、トルクランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト23!国産SUV0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年版】ベスト21!最新!国産SUVトルクランキング!

⇒【2019年版】トップ20!最新国産SUV馬力ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもお勧めです!

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

 

関連記事

 

⇒0-100km10.0秒!新型RAV4・ガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

⇒【予想外に速い】0-100km8.1秒!レクサスUX250hの加速と馬力を徹底評価!

⇒【8秒台!】エクストレイル・ハイブリッドの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【0-100km8.2秒!】ハリアーハイブリッドの加速と馬力を徹底評価!

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです!

 

 

-ハイブリッド/電気自動車

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.