カソバリヘッダー001

ガソリン車

0-100km7.9秒!V37型スカイライン200GT-tの加速と馬力を評価!

投稿日:

~加速の良い新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

V37型のスカイラインのガソリン車「200GT-t」の馬力とトルクは、正直3.5Lのハイブリッド車よりもかなり劣っているために、0-100km/hの加速タイムは3秒も遅くなっています。

 

もし、あなたが、スカイラインのガソリン車「200GT-t」の購入を検討しているのでしたら、今回の記事を読めばパワーもイマイチで加速力もイマイチと言う事が理解できますので、必ず購入前には最後まで読んで、後悔の無い買い物をしてください!

 

 
スポンサードリンク

 

その1.V37型スカイライン200GT-tの馬力とトルクを評価!

出典:nissan.co.jp

 

V37型スカイラインは現在、ハイブリッド車とガソリン車が販売されていますが、ここではガソリン車である200GT-tについて解説していきます。

 

まずは、スカイライン200GT-tに搭載されるエンジンについて検証いきましょう。

 

スカイラインのガソリン車である200GT-tに搭載されるエンジンは以下の通りです。

274A型:1991㏄直列4気筒DOHCターボ

 

スカイラインとしてはR34型スカイラインの直列6気筒のRB型エンジン以来のターボエンジンの搭載です。

 

ただ、エンジンはメルセデス製のエンジンで274系のエンジンはベンツのCクラスに使用されており、日産ではスカイライン200GT-tの他インフィニティQ50に搭載されているエンジンとなります。

 【インフィニティQ50】

出典:wikipedia

 

では、気になるスカイライン200GT-tの最高出力(最大馬力)と最大トルクを見てみましょう。

 

【スカイライン200GT-tの最高出力(馬力)と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kg・m)/rpm
200GT-
200GT-t Type P
200GT-Type SP
155(211/5,500 350(35.7/1.250~3,500

 

上記の様にスカイライン200GT-tの馬力とトルクを検証すると、ここ20年ほどでスカイラインのキャラクターは本格スポーツから上級セダンへと大きな変貌を遂げたので、エンジンもかつての名機ストレート6と比べてしまうと、ターボとはいえども軟弱なダウンサイジングターボとして設定されています。

 

名機として車好きの間では伝説になったR33型、R34型に搭載された「ストレート6」であるRB25DET型エンジンの馬力とトルクを検証してみましょう。

【RB25DET型エンジン】

RB25DET

出典:wikipedia

【RB25DET型の最高出力(馬力)と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kg・m)/rpm
RB25DET型 206(280)/6,400 363(37.0)/3,200

 

 馬力は、当時自主規制値の上限いっぱいの280psでトルクも37kgf・mと現行型のスカイライン200GT-tとは比べるまでもない数値になっていることがわかります。

 

日産も企業ですから、時代の流れに合わせた車を作らなくてはいけないのは当然なのですが、ここまで車格からエンジンまで変わってしまうと、もう車名変更していいのではないかとも思ってしまいます。

 

という昭和人間のボヤキはさておき、似たタイプのダウンサイジングターボのセダンである、クラウンのガソリン車2.0Lターボと比較評価してみましょう。

【スカイラインとクラウンガソリン車の最高出力(馬力)と最大トルク比較】

グレード 車重
kg
最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kg・m)/rpm
・スカイライン200GT- 1670 155(211/5,500 350(35.7/1.250~3,500
・クラウンB(2.0L) 1690 180(245/5.200~5,800 350(35.7/1.650~4,000

  

こう見てみると重量とトルクがほぼ同じで、馬力が30ps程クラウンの方が上なので、エンジンのペックでいえばクラウンの方が加速性能は良いと評価できます。

【クラウン】

クラウン ガソリン車 馬力 トルク 評価

出典:toyota.jp

参考

⇒0-100km7.2秒!クラウン・ガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

 
スポンサードリンク

 

その2.V37型スカイライン200GT-tの実際の加速感を評価!

出典:nissan.co.jp

 

では次にV37型スカイライン200GT-tの実際の加速感を各速度域に分けて評価したいと思います。

 

低速域の加速感を評価!

市街地

 

エンジンの排気量は車格に対して小さめですが、ターボのため一定の馬力感もありきちんと仕事をしてくれます。

 

吹けあがり・レスポンス共に上々でターボらしい軽やかな加速感が特徴的です。

 

ただ、風格が上級セダンな車にダウンサイジングターボというのはどうも不釣り合いな気がして、そこまで燃費にこだわるなら車格自体を下げれば訳ですし、意図がよくわからないというのが私の見解です。

 

V37型スカイラインのような上級セダンには3.5L以上のNAエンジンの方が似合いそうです。

 

中速域の加速感を評価!

郊外

 

中速域でも加速性能に不満を感じさせないのが、「最近のダウンサイジングターボのすごいところだなあ」と改めて感心させられます。

 

ただ、これが以前のシルビアのような小さなボディに搭載されていたらどれだけ面白い車になっていたでしょう。

 

V37型スカイラインのガソリン車の2.0Lターボは、ただの街乗りでの不満が無いだけであってスカイラインとして持つべき余裕や刺激はかなりスポイルされています。

 

高速域の加速感を評価!

高速道路

 

高速域も、ボディ剛性がしっかりしているため安定した高速走行が可能です。

 

ただ、最高速300㎞/h越えのスカイラインハイブリッドと比べてしまうと特徴が無い、良くできたセダンという評価しかできません。

 

どうしでも、スカイラインという名前がつくと並みの性能では足りないという気分になってしまうのは私だけでしょうか?

 

長くスカイラインだけを乗り継いできたユーザーも少なからずいると思うので、そういったファンを満足させるような車が求められていたかと思いますが、V37型スカイラインのガソリン車はそういった方向性よりもトレンドに走った感じがあります。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.V37型スカイライン200GT-tの0-100km/h加速タイムを評価!

出典:nissan.co.jp

 

それでは実際のV37型スカイラインのガソリン車の加速タイムを0-100/hのタイムを基準に評価してみます。

 

加速タイムは。加速動画の計測値や世界のユーザーの測定値を参考に、こちらで独自集計をして平均値をとったものですので多少の誤差はご容赦ください。

 

V37型スカイライン200GT-tの0-100km/hの加速タイムは以下の通りです。

 

・スカイライン200GT-t:7.9

 

ガソリン車セダンとしては十分良いタイムですが、V37型スカイラインのハイブリッドがあまりにも速すぎるのでそれと比べると、物足りなさを感じます。

 

スカイラインハイブリッド(3.5L)の0-100km/hの加速タイムは以下の通りです。

 

・V37型スカイラインGT370:4.9秒

 参考

⇒0-100km4.9秒!V37型スカイラインハイブリッドの加速と馬力を評価!

 

また、クラウンの2.0Lターボ車と比較して評価してみます。

【クラウン】

クラウン ハイブリッド 3.5L 0-100km/h加速タイム

出典:toyota.jp

・クラウン2.0 RS Advance(2.0Lターボ/ガソリン車):7.2

参考

⇒0-100km7.2秒!クラウン・ガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

やはり後発車だけあり、クラウンのダウンサイジングターボのほうが馬力もあり加速性能も一枚上手でした。

 

先代までのクラウンは足回りがフニャフニャで走れたものではありませんでしたが、現行型はかなり改良され引き締まった足回りになったので、ほとんどの面でV37型スカイラインのガソリン車を上回ってしまっています。

 

俺の一言!

 

スカイラインに求められるものは何かということが明確にならないまま、安易にダウンサイジングターボにはしった弊害が各所に出ています。世界最速ハイブリッドを目指したV37型スカイラインハイブリッドの方が逆に潔いです。

 

これが「インフィニティG38」で発売されていたら許せる所もところも、スカイラインという車名を冠したからには、より良い車を望んでしまうのは私だけではないと思います。

 

この記事が良いと思ったら1フォローをよろしくお願いいたしますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

関連記事

 

⇒0-100km4.9秒!V37型スカイラインハイブリッドの加速と馬力を評価!

⇒0-100km7.2秒!クラウン・ガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

⇒0-100km/h5.9秒!クラウンハイブリッド3.5Lの加速と馬力を徹底評価!

⇒0-100km7.9秒!クラウンハイブリッド2.5Lの加速と馬力を徹底評価!

⇒目次はこちらです!

 

-ガソリン車

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.