カソバリヘッダー001

ガソリン車

【期待するな】0-100km5.3秒!WRX S4 STI Sportの加速と馬力を評価!

投稿日:

WRX S4 STI Sport  加速 馬力 評価

~加速の良い新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

WRX S4 STI Sportは「STI」の名を冠しているので、本気印のモンスターマシンと思う方もいるかと思いますが、馬力とトルクは通常版WRX S4と同じなので、加速力もほとんど変わりません。

 

もし、あなたが、WRX S4 STI Sportの加速と馬力を期待しているのでしたら、今回の記事を読めば、その期待は粉々に打ち砕かれますので、購入前には、必ず最後まで読んで確認をしておいてください!

 

 
スポンサードリンク

 

その1. WRX S4 STI Sportの馬力とトルクを評価!

WRX S4 STI Sport の馬力とトルク

出典:subaru.jp

 

まずは、「WRX S4 STI Sport」に搭載されるエンジンを検証してみましょう。

 

FA20型:1998cc水平対抗4気筒DOHC16バルブターボ

 

上記のエンジンを見て気が付く人も多いと思いますが、「WRX S4」と同じエンジンを使用しています。

参考

⇒【絶対買うな!】0-100km5.4秒!WRX S4の加速と馬力を徹底評価!

 

それでは、WRX S4 STI Sportのエンジンの最高出力(最大馬力)と最大トルクについて評価していきましょう。

 

【WRX S4 STI Sportの最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
STI Sport 221(300/5,600 400(40.8/2.000-4.800

※駆動は4WDとCVTのみの組み合わせ

 

上記の馬力とトルクを検証すると、

「んんっ!?WRX S4 STI SportってS4STIどっちなの?」

と思った方もいらっしゃるかもしれません。

 

WRXシリーズを整理すると・・・

・WRX S4 :FA20型エンジンCVTのスポーティサルーン

・WRX S4 STI Sport:FA20型エンジンCVTのS4の上位グレード

・WRX STI:EJ20型エンジンMTの本気のラリーベース車

 

となっており、ズバリ!本気印の「STI」ではありません。

【WRX STI】

WRX STI

出典:subaru.jp

参考

⇒【セダン最速】0-100km4.5秒!WRX STIの加速と馬力を徹底評価!

 

STI Sport」のグレードはWRX系のステーションワゴン、レヴォーグにもラインナップがあり値段も上がりますが、加速感が上質であると評価の高いモデルでした。

 

今回満を持して、WRX S4 にも「STI Sport」がラインナップされましたが、もともとWRX  STI という車種があるだけに、名前がややこしいことになっています。

 

前置きが長くなりましたが、上記の通りWRX S4 STI SportWRX S4 の上位グレードなので基本的なエンジンの馬力・トルクなどのスペックにはノーマルのS4から変更を受けていません。

 

変更はないとはいえ、もとが馬力300ps2.0L直噴ターボのハイパワーマシンなので、加速性能はセダンクラスの中でもトップクラスを誇ることは間違いありません。

 

次項では、エンジンがノーマルのS4と同じWRX S4 STI Sportのどこが加速について改良されているのか検証・評価していきたいと思います。

 

 
スポンサードリンク

 

その2. WRX S4 STI Sportと通常版WRX S4との実際の加速力の比較!

WRX S4 STI Sport  加速力 評価

出典:subaru.jp

 

WRX S4 STI Sportに乗ってみた実際の加速感についてWRX S4 のベース車比較しながら評価してみましょう。

 

WRX S4 STI SportがWRX S4から変更を受けた点について加速に関係があるものないものに分けて確認していきたいと思います。

 

加速に関係する改良点

【STIチューニングビルシュタイン製ダンパー&コイルスプリング】

STIチューニングビルシュタイン製ダンパー&コイルスプリング

【高剛性クランプスティフナー付きパワーステアリング】

高剛性クランプスティフナー付きパワーステアリング

出典:subaru.jp

 

加速に直接関係ない改良点

【RECAROフロントシート】

RECAROフロントシート

【ダークグレー塗装アルミホイール(245/40R18)】

ダークグレー塗装アルミホイール

【全体的な内装の加飾(画像はS4 STI Sportの前席)】

S4 STI Sportの前席

出典:subaru.jp

 

上記の内容を見てみると、変更があったのはハンドリング・足回りが主なものになります。

 

ビルシュタインの足回りは文句のつけようのないくらい素晴らしいもので、それに加え、自分でやると結構大掛かりになってしまうパワステに手が入っていることを考えると、S420GT-S)から35万円高で、レカロシートのおまけがついてくることを考えれば、かなりお買い得感はあります。

 

加速に関する改良点を見ても分るように、根本的に馬力や加速がよくなるような、タービンやコンピュータには手が入っていないので基本的な加速力としてはWRX S4 の2.0GT-Sグレードをほぼ変わらないといえます。

 

なお、通常版WRX S4の加速力については下記の記事で速度域に分けて検証、評価していますので、そちらも是非参考にしてみてください。

参考

⇒【絶対買うな!】0-100km5.4秒!WRX S4の加速と馬力を徹底評価!

 

WRX S4 STI Sportは、WRX S4よりも乗り心地の上質感とハンドリングの機敏さが向上しており、路面のピッチの「いなし方」が、より欧州車っぽい「しっとりした雰囲気」になったのと、ハンドリングの応答性をさらに高めています。

 

スポーツ性とコンフォートの両方の面を向上させるのはなかなか難しいことですが、それらを高次元で実現しているところには、WRX S4 STI Sportの魅力を感じます。

 

 
スポンサードリンク

 

その3. WRX S4 STI Sportの0-100km/hの加速タイムを評価!

WRX S4 STI Sport  0-100km/h加速タイム

出典:subaru.jp

 

WRX S4 STI Sportの実際の0-100km/hの加速タイムはどうなっているのでしょうか?

 

検証、評価してみましょう。

 

なお、0-100km/hの加速タイムはユーザーの測定値や加速動画を参考にした独自集計値になりますので、多少の誤差はご容赦ください。

 

WRX S4 STI Sportの0-100km/hの加速タイムは以下の様になります。

 

WRX S4 STI Sport5.3

 

スポーツタイプの車種としてはかなり評価できるタイムですが、WRXシリーズとしてはかなり微妙なタイムになります。

 

通常版のWRX S4の0-100km/hの加速タイムは以下の様になります。

WRX S4(GT-S EyeSight:#Sモード):5.4

 

車両重量、トルクと馬力、更に変速機もWRX S4と同じなので足回りのみの変更と言う事になりますので、直線でのタイムは殆ど変らないと言う事になります

参考

⇒【絶対買うな!】0-100km5.4秒!WRX S4の加速と馬力を徹底評価!

 

ちなみに、上記のタイムはWRX S4 にも言えることですが、WRX S4 STI SportCVTのセッティングは少々おかしく、そのままアクセルを踏み込んだだけでは1秒以上タイムが落ちます。

 

スタート時に、フットブレーキかサイドブレーキでエンジンの回転を煽らないと本来のエンジンのパワーを使いこなせないようです。

 

しかも、WRX S4 STI Sportのサイドブレーキは電子制御式なので上記のような使い方では使いにくいので、エンジンの性能はなかなか高いのですが、このようなCVTの問題を抱える困った面もあります。

 

私としてはWRX S4 STI Sportという上位グレードと作るなら、この点を真っ先に改善してほしかったです。

 

CVTのセッティングの見直しくらいであればそれほどコストもかからないはずなんですけどね。

 

仮に、このCVT問題を真摯に解決しようとしてWRXDCTでも積もうものなら間違いなくBMW3シリーズをもしのぐ、超高性能セダンができたはずなのですが、もう少しでした・・残念!!

320d グランツーリスモ M Sport】

BMW3シリーズ

出典:bmw.co.jp

車両本体価格:6,960,000円~

 

ちなみに、本気印の「WRX STI」の0-100km/hの加速タイムは以下の様になります。

【WRX STI】

出典:subaru.jp

WRX STI4.5

参考

⇒【セダン最速】0-100km4.5秒!WRX STIの加速と馬力を徹底評価!

 

俺の一言!

 

馬力やトルクも高く決して能力の低い車では無いのですが、これほどの性能になってくるとBMW3audiA4あたりがライバルになってくるので、それに勝る実力を見せつけるには一刻も早くCVTと決別することです!

 

加速よりもコンフォートを重視したCVTはインプレッサやフォレスターあたりのスポーツ色の薄い車にとどめておきWRX S4 STI Sportのような車では、最低でもトルコン式AT、欲を言えばDCTを搭載すべきでしょう。

 

 

この記事が良いと思ったら1フォローをよろしくお願いいたしますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

関連記事

 

⇒【絶対買うな!】0-100km5.4秒!WRX S4の加速と馬力を徹底評価!

⇒【期待するな】0-100km5.3秒!WRX S4 STI Sportの加速と馬力を評価!

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです

 

-ガソリン車

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.