カソバリヘッダー001

ハイブリッド/電気自動車/ディーゼル他

【絶対買うな】0-100km9.7秒!プリウスPHVの加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

~加速の良い新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

プリウスPHVはEV走行で68.2kmと言う巡航距離を可能としていますので、モーター駆動のリニアな加速性能が期待されますが、実際の加速力は残念ながらありません。。。

 

もし、あなたが、プリウスPHVの加速性能に期待をしているのでしたら、今回の記事を読めば、エンジンもモーターも馬力とトルクはイマイチで、更にエコ設定になっているために加速力が期待できないことが理解できますので、是非、最後まで読んで確認をしておいてください!

 

 
スポンサードリンク

 

その1.プリウスPHVの馬力とトルクを評価!

出典:toyota.jp

 

プリウスPHVに搭載されるエンジンとモーターは通常型のプリウスと同じですが、プリウスPHVにはジェネレーターと駆動用兼用のモーターが1基搭載されています。

 

それではプリウスPHVのエンジンとモーターを検証してみましょう。

 

【エンジン】

・2ZR-FXE型:1797㏄水冷直列4気筒DOHC 

【モーター】

・1NM型:交流同期電動機

・1SM型:交流同期電動機(ジェネレーター兼用)

 

上記のエンジンとモーターは、プリウスのFF車と同じですが、PHVの場合は先ほどもお話ししたように、ジェネレーターと駆動用を兼用した「1SM」モーターが搭載されています。

 

上記のエンジンと駆動用モーターの組み合わせは「カローラスポーツ」にも搭載されています。

 

それでは、プリウスPHVのエンジンの最高出力(最大馬力)と最大トルクについて評価していきましょう。

 

【プリウスPHVのエンジン最高出力(馬力)と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
S
S"ナビパッケージ"
A
A"レザーパッケージ"
A プレミアム
72(98/5,200 142(14.5/3,600

※プリウスPHVはFFのみ

 

続いてモーターのスペックです。

 

【プリウスPHVのモーターの最高出力(馬力)と最大トルク】

型式 最高出力
kW(PS)
最大トルク
N・m(kgf・m)
1NM 53(72 163(16.6
1SM(発電兼用) 23(31) 40(4.1)

 

エンジンと駆動用モーター(1MN)はプリウスと同じ構成で、それに加えてプリウスPHVは発電用モーター(1SM)を搭載しています。

 

システム出力は普通のプリウスと同じ馬力122psとメーカーは公表していますが、プリウスPHVは複雑なハイブリッドシステムを採用しており実際の加速性能は、他の車と同じ条件では測りかねます。

 

プリウスPHVのエンジンとモーターの走行パターンについてまとめてみます。 

ポイント

1.エンジンと駆動用モーターによるハイブリッド走行(従来のプリウスと同じ)

2.駆動用モーターのみで走行するEV走行

3.エンジンと駆動用モーターに加え発電用モーターも駆動に加わる走行

 

1と2に関しては普通のプリウスでもできますが、プリウスPHVは発電用バッテリーと大型リチウムイオンバッテリーを採用しているためEV走行の巡行距離が全然違います。

 

プリウスは車庫入れの時うるさくならないように程度のほんの限られたEV走行ですが、PHVの場合EV車のように外部充電も可能で巡行距離68.2㎞とかなりの距離をモーターのみで走行できます。

 

3の場合は最大限の出力を出したいときに発電用モーターも加速のために駆動の助力をするというものです。

 

EV走行を自ら選択しない限りは1・2・3の駆動パターンを最適化しながら走行するため実際の全体のスペックを出すのは非常に難しくなっています。

 

そのため、メーカー公表値のシステム出力122psというのはあくまでも目安と考えた方が良さそうです。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.プリウスPHVの実際の加速感を評価!

出典:toyota.com

プリウスPHVに乗って感じる実際の加速感について評価してみましょう。

 

ハイブリッド走行時の加速感を評価

【ドライブモードスイッチ/EV/HVモード切替スイッチ】

出典:toyota.jp

 

低速域はエンジンに負荷をかけると燃費が悪くなるので、駆動用モーター主体の走行になり、モーター特有の道路の上を滑っていくような滑らかな加速感です。

 

中速域ではエンジンとモーターが協力しながら最適な出力を出していくためもっともパワーが出やすい速度域になり、アクセルを踏み足してもしっかりとした加速を得ることができます。

 

このシーンでは全開加速すると2つのモーターのアシストを受けられるので、他のシーンと比べるとかなり気持ちの良い馬力感を得ることができます。

 

高速域ではモーターにはギアが無いので、高速域になると必然的に回転数が上がってしまうため、電費が悪くなります。

 

そのため高速域ではエンジンのみで、高めのギアに切り替え走行するシーンが多くなるので、馬力感やトルク感は中速域よりも薄めになります。

 

EV走行の加速感を評価

 

とにかくミッションが無く、エンジンのように振動も少ないためスムーズな加速ができます。

 

ただし、モーター自体の馬力が72psなのでハイブリッド走行より加速が良くなることはありません。

 

特に低速域では、エンジンよりも低回転で最大馬力・トルクを発生させるモーターの利点は大きく1,510kgSグレード)の重さを感じさせません。

 

中速域も低速域ほどではありませんが、優れた加速性能を見せてくれます。

 

一方で、苦手なのは高速域での加速です。

 

むしろ、100/h以上はバッテリーの残量の問題もあり、相当充電されていないとハイブリッドモードに切り替わってしまいます。

 

前段でもご紹介したように、モーターは高速域になればなるほど電気の消費量が大きくなるのでEV走行は厳しく、公道では試せませんがバッテリー残量等の条件がかなり揃っても130㎞/hあたりが最高速のようです。

 

プリウスPHVの加速感のまとめ

 

プリウスPHVの実際の加速感をまとめると以下の様になります。

ポイント

・ハイブリッド走行は基本的に普通のプリウスと同じ

・ハイブリッド走行のフルスロットル時は2モーターの加速は普通のプリウスより上

・PHVの売りのEV走行の加速はハイブリッド走行以下・EV走行の最高速は130㎞/hくらいが限界

 

 
スポンサードリンク

 

その3.プリウスPHVの0-100km/h加速タイムを評価!

出典:toyota.com

 

ではプリウスPHVの0-100km/hの加速タイムを評価してみます。

 

加速タイムは全国のユーザーや加速動画を参考にし、その結果を独自に集計し平均値をだしたものになります。

 

平均値なので多少のずれはご容赦ください。

 

・プリウスPHVS):9.7

 

パワーモードでのタイムで、ノーマルにすると0~0.8秒落ち、エコモードはそこから更に1.0秒以上遅くなります。

 

普通のプリウスの0-100km/h加速タイムは

・プリウスS(FF):9.8秒(パワーモード)

となっていますので、タイム的にはほとんど変わりがありませんがこれは、2モーター走行が可能とはいえ、車両重量が

・プリウス(S):1350kg

・プリウスPHVS1510kg

という重量差も関係しており、加速性能のアドバンテージが相殺されてしまっています。

参考

⇒【予想外に遅い】0-100km9.8秒!プリウスの加速と馬力を徹底評価!

 

完全EV車のリーフの弱点であるバッテリー切れを、ハイブリッド走行のシステムと組み合わせることによって克服したプリウスPHVですが、色々積み過ぎて重くなり加速を逆に悪くしています。

 

なお、スポーツグレードの「プリウスPHV GRスポーツ」の0-100km/h加速タイムは

・プリウスPHV S GRスポーツ:9.6秒パワーモード)

となっており、通常型とはほぼ変わらないというトホホな加速性能となっています。

【プリウスPHV S GRスポーツ】

出典:toyota.jp

参考

⇒【本気で遅い】0-100km9.6秒!プリウスPHV GRスポーツの加速と馬力を徹底評価!

 

俺の一言!

 

先進技術を惜しげもなく投入したプリウスPHVで評価される面もありますが、一方で加速性能は無視されている印象を受けます。

 

プリウスと加速が変わらないのに、たった60㎞程度EV走行できる車にプリウスよりも100万円近く高い価値があるかと問われると、私としては「ナシ」ですね!

 

もう少し加速も良ければ評価も変わったと思います。

 

この記事が良いと思ったら1フォローをよろしくお願いいたしますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

-ハイブリッド/電気自動車/ディーゼル他

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.