カソバリヘッダー001

ガソリン車

【足回りが全く違う!】86vsBRZの加速と走りを徹底比較!

投稿日:

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

86、BRZは、トヨタとスバルで共同開発したモデルなので、車両重量、エンジン自体も同じなので、「トヨタファンは86、スバリストはBRZ」という選び方をしてしまいがちですが、実は走り、加速に関しては大きな違いがあります。

 

今回は86、BRZの加速と走りの違いについて比較検証していきます。

 

 

 
スポンサードリンク

 

その1.「86vsBRZ」のエンジン性能の違いとは?

大人気!国産スポーツクーペのランキングはこちらです!

⇒【2019年最新版】国産スポーツクーペ全15車種!0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年最新版】全15車種!国産スポーツクーペ馬力ランキング!

⇒【2019年最新版】国産クーペ最高速度ランキング!トップ5!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

86のエンジンもBRZのエンジンも同じエンジンを搭載しています。

搭載されるエンジンはスバル製「F20型」ノンターボ水平対向エンジンです。

 

エンジン性能は両車共に以下のようになります。

・最大馬力 207PS/7000rpm

・最大トルク 21.6kgm/6400-6800rpm

参考

⇒【たった200馬力!?】かなり残念なBRZの加速と馬力を徹底評価!

⇒【加速力は期待するな!】意外と遅い!トヨタ86の加速と馬力を徹底評価!

 

86・BRZ両車2016年7月のマイナーチェンジで馬力5kW(7PS)、トルク7N・m(0.7kgf・m)引き上げられましたが、このタイミングも同じで、引き上げられる前の馬力やトルクも同じ値になっております。

 

そのため、エンジンの動力性能における差はないと言って良いでしょう。

 

エンジンの性能自体は全く同じですが、その他の点でトヨタとスバルの個性が出ていますので確認しておきましょう。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.「86vsBRZ」のその他の性能を比較

 

86とBRZは違っている部分よりも、共通している点の方が多く、はっきり言ってしまえば、86もBRZもスバルが製造しているので、必然的にそうなります。

ですから、吸気系等、排気系統、ミッションに至るまで基本的には比較できる点は少なくなります。

 

大きく違っているといえば、足回りのセッティングです。

 

86の足回りの特徴とは?

 

86は簡単にいえばフロントが柔らかめ、リアは硬めのセッティングです。

このことによりハチロク(スプリンタートレノ)の代名詞でもあるドリフトが安易にできる様になっています。

どういうものをドリフトと呼ぶかどうかについては、諸説ありますが、後輪を滑らせながらコーナを突破することは、ノーマルの状態でも可能になっています。

 

86はドリフトさせやすいというだけでなく、アンダーステアもオーバーステアも意図して発生させることができるので、スポーツ走行が得意な方にとっては楽しい運転ができます。

 

ただ、「これが速いか?」と問われるとまた話は別です。

 

80年代の車はドリフトした方が速く走れますが、現代の車は、トラクションコントロールが飛躍的に進化していますので、グリップ走行した方が、タイム的には速く走ることができます。

ですから、86は速く走る車というよりも、非日常的な走り方を「楽しむ」車であることが言えます。

 

BRZの足回りの特徴とは?

 

一方BRZは86とは反対に、フロントは硬め、リアは柔らかめのセッティングです。

高速コーナーなどでは足がしっかりと粘り、グリップ走行させる様に設計されています。

 

86よりもコーナーでの限界点が高く、ドリフトは楽しみにくいですが、安全にかつ速く走ることができます。

ですからBRZはグリップ走行で、質実剛健な走りをするイメージです。

 

この辺りは、完全に好き好きに分かれますが、コーナーで馬力やトルクを活かした走りができるかと考えるとBRZに軍配が上がるでしょう。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.「86vsBRZ」の0-100km/hの加速の違いとは?

 

足回りの違いを先にご紹介しましたが、0-100km/hの加速についてはどうでしょうか?

ここでも足回りの違いが関係してきますが、比較して行きたいと思います。

 

静止状態からの加速は慣性によって、リアに荷重がかかります。その時、リアが硬い方が充分に路面にタイヤの摩擦力を得ることができるので、加速には有利になります。

 

実際のタイムでは

・86:7.4秒

・BRZ:7.5秒

とほんの少しですが差が出ています。

参考

⇒【たった200馬力!?】かなり残念なBRZの加速と馬力を徹底評価!

⇒【加速力は期待するな!】意外と遅い!トヨタ86の加速と馬力を徹底評価!

 

ただ、体感できるほどの違いはない様です。ですから、直線や静止状態からの加速では86の方が若干有利といえます。

 

俺の一言

 

86とBRZは足回りのセッティングに各キャラクターが反映されています。

両車を比較した時、何を重視するかで答えは違ってくると思います。

 

私としては、グリップ走行でグイグイ走る方が、水平対向エンジン搭載のローワイドクーペを活かせますのでBRZの方がオススメです。

 

あなたの清き1フォローが、より良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

大人気!国産スポーツクーペのランキングはこちらです!

⇒【2019年最新版】国産スポーツクーペ全15車種!0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年最新版】全15車種!国産スポーツクーペ馬力ランキング!

⇒【2019年最新版】国産クーペ最高速度ランキング!トップ5!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

関連記事

 

⇒【2019年最新版】国産スポーツクーペ全15車種!0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年最新版】国産クーペ最高速度ランキング!トップ5!

⇒【2019年最新版】全15車種!国産スポーツクーペ馬力ランキング!

⇒【たった200馬力!?】かなり残念なBRZの加速と馬力を徹底評価!

⇒【加速力は期待するな!】意外と遅い!トヨタ86の加速と馬力を徹底評価!

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです

-ガソリン車

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.