カソバリヘッダー001

レビュー

【レビュー】7カ月乗って分かった!ノートe-POWER NISMOの加速と魅力!

投稿日:

ロク(管理人)
今回はコンパクトカー最速クラスの「ノートe-POWER nisomo」のオーナーのヨシキさんに加速と魅力についてインタビューをしました。

 

 
スポンサードリンク

 

その1.ヨシキさんの愛車紹介

ロク(管理人)
まずは、ヨシキさんの愛車「ノートe-POWER NISMO」を紹介してください。

 

・納車日:2018年8月7日

・走行距離:3,300km

基本データ

・最高出力:80kW(109PS)/3,008-10,000/rpm

・最大トルク:254N・m(25.9kgf・m)/0-3,008rpm

ノートe-POWER NISMOの詳しい加速と馬力のデータに関しては下記の記事を参照してください。

⇒【クラス4位!】ノートe-POWER NISMOの加速と馬力を徹底評価!

 

新しい愛車が私の手許にやってきたのは2018年8月7日、暑い日の夕方16:00頃です。

 

注文したのが6月の半ばでしたので、2か月弱待ってやっと納車されました。

 

私の愛車ノートe-POWER NISMOに装備したオプションは次の通りです。

 

メーカーオプション ディーラーオプション
寒冷地仕様 NISMOフロアマット
LEDヘッドランプ NISMOプラスチックバイザー
日産オリジナルナビ取付けパッケージ ナビレコお買い得パック(MM517D-W)+ETC2.0
インテリジェントクルーズコントロール 撥水ウィンドウ
インテリジェントLI ラゲッジパック
インテリジェントアラウンドビューモニター ホイールロックセット
インテリジェントルームミラー
踏み間違い衝突防止アシスト
フロント&バックソナー
DSRCセットアップ

 

アプライドモデルはTDWARE9E12HZJHDUZで、ラーメンの“全部のせ”状態です(笑)

 

53歳という年甲斐もなくかなりスポーティーなクルマを買ってしまったかな?とも思いましたが、結婚して23年、独身時代に乗っていたP10プリメーラT4 (4WD、フルエアロ、本革シート)を泣く泣く手放して以降、リバティー2台、セレナ1台とファミリーカーに乗り続けていましたので、久々にスポーティーなクルマに乗れるようになって、子供のようにワクワクしながら初乗りをしました。

 

学生のころから車が大好きで、当時の愛車910ブルーバードの足回りやZ18エンジンをいじって、夜な夜な峠道を攻めていたので、ノートe-POWER NISMOを注文してから納車されるまで本当に楽しみにしていたのです。

 

その後7か月ほど経過しましたが、本当に愛車となっており、このクルマをすごく気に入っています。

 

ほとんど通勤の足として使っており、遠出したのは長野の実家との間を2往復した程度ですので、現在の走行距離はさほど長くはなく3,300kmほどです。

 

生涯燃費は今のところ13.8km/L程度ですが、高速道路を80km/hで巡航走行したときには25km/Lを記録していますので、燃費性能には非常に満足しています。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.ノートe-POWER NISMOを選んだ理由

ロク(管理人)
ヨシキさんは車好きなら羨むような職歴だとお聞きしましたが、ノートe-POWER nismoを購入に至った動機を教えてください。

 

何故この車を選んだのかを説明するためには、私がどんな仕事をしていたかを説明する必要がありますので、簡単に私の職歴をお伝えしておきましょう。

 

1991年1月から2017年8月まで、私は日産自動車に勤めており、エンジン部品(シリンダーヘッド・シリンダーブロック)の加工技術のエンジニアをしていました。

 

自動車メーカーに入社する前から車が大好きで、自動車メーカーに就職するために大学を選び、大学と大学院では機械工学を専攻していました。

 

特に日産の大ファンで、“技術の日産”に入るために大学院まで進学したくらいです。

 

しかしながらここ10年ほどは、ハイブリッド技術に関してトヨタやホンダの後塵を拝していましたので、パワートレインの生産に関わるエンジニアとしては非常に歯がゆい思いをしていたのです。

 

そんな思いが日増しに強くなっていた時に、ライバル車を凌駕するe-POWERという技術を確立し、市場投入したのですから、こんなうれしいことはありません。

 

その時に、e-POWERに乗りたいという気持ちが芽生えたのです。

 

今の愛車に買い替える前は2モデル前のセレナのガソリン車に乗っていましたし、セレナにもe-POWERがラインナップされることを社内情報で事前に知っていましたので、本当はセレナが本命でした。

 

しかしながら、その後単身赴任となり、独り身にはセレナは大きすぎるので、同じe-POWERをラインナップしているノートe-POWERに試乗してみて、その走りがすごく気に入ったので、ノートe-POWERを選びました。

 

若いころからのクルマ好きであることから、ノートe-POWERの中でもより走りに特化した、クルマを操ることをとことん楽しめるNISMOを選んだのです。

 

ノートe-POWER NISMOを選んだ理由をまとめると・・・

ポイント

・とにかくスポーティーで格好いい!

・アクセルワークに対するレスポンスが良く、しかも加速が力強い!

・コクピットに座った時の身体の収まりと雰囲気が良い!

・最新技術の塊!

・コンパクトカーと言いながら室内が広い!

等々が挙げられます。

 

家庭内では約1年半にわたる交渉を続け、やっと現金で全額支払える準備ができたことからノートe-POWER NISMOを契約しました。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.ノートe-POWER NISMOの動力性能

ロク(管理人)
ヨシキさんは日産のエンジニアだったと言う事から、専門的な意見と「ノートe-POWER NISMO」乗りという車好きとして愛車の動力性能を解説してください。

 

ノートe-POWERは燃費性能に優れることから高い人気と評価を得ていますが、ノートe-POWER NISMOは単に燃費性能が良いだけのクルマではありません。

 

動力性能が非常に高いのです。

 

乗ってみて実感していますが、ノートe-POWER NISMOの動力性能には全く不満はありません。

 

良いところしか見つからないのです。(笑)

 

エンジンルームを開けてみると、心臓部のe-POWERシステムが見えます。

 

バッテリー以外は全てこの狭い空間にきれいに収まっています。

【ノートe-POWER NISMOのエンジンルーム】

 

このパワートレインが生み出す動力性能に関して私が気に入っている点を挙げると、

ポイント

・発進時の加速が力強い!

・アクセル操作に対して全くラグが無く、非常にレスポンスが良い!

・高速道路で後ろから煽られても楽々と置いてきぼりにできる!(笑)

等々です。

 

まだまだありますがこんなところにしておきましょう。

 

ロク(管理人)
当ブログは加速力をメインにしていますので、実際の加速力をオーナーとして教えてください。

 

はい、では、走行シーンで感じた加速力をお伝えします。

 

1.発進時の加速が力強い!

 

モータードライブであるe-POWERの最大の特徴そのままですが、発進時の加速はとにかく力強いです。

 

信号待ちから発進したときに、アクセルを軽く踏んだだけでも後続車を置いてきぼりにしてしまうのですよ!

 

2車線道路では横に並んだクルマもあっという間に後方に追いやってしまいます!

 

“ぶっとい”トルクなので加速性能が非常に優れています。

 

ロク(管理人)
やはり、25.9kgf・mのトルクをゼロから発揮できるのはモーターの特徴ですね。

 

2.アクセル操作に対して全くタイムラグが無く、非常にレスポンスが良い!

 

普段私はECOモードにしてドライブしているのですが、高速道路の合流や追い越しの際はアクセルを軽く踏み込むだけで、全くもたつきが無くスムースにモーターの回転数が上がり、力強くレスポンスの良い加速をしてくれます。

 

【ドライブモード】

 

日産の公式発表では低速域から中速域にかけては2,000ccクラスのターボエンジンよりも力強い加速をするという事ですが、自分が乗ってみた感じではその通りだと確証しました。

 

ロク(管理人)
下図1.にカタログに掲載されている加速特性を掲載していますので、ご確認いただけると少しはイメージが湧くと思います。

 

【ガソリンエンジンとモーターの加速特性】

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/performance.html

 

エンジンとは特性が異なり、全くもたつきが無くレスポンス良くスムースに回転が上がり、リニアに加速してくれますので、非常に気持ちいいです!

 

最大トルクを生み出すモーター回転数が0~3,008rpmと低回転側で、かつかなりの広範囲になっていますので、0km/h~80km/h程度までの加速でかなりの力強さを感じることができます。

 

ロク(管理人)
私も、1度試乗したことがあるのですが、かなりレスポンスが良かったことを覚えています!

 

ただ、私が購入した後に「ノートe-POWER NISMO S」が販売されて、それが5速MTだったことを知って後悔しましたけどね(笑)

 

3.高速道路で後ろから煽られても楽々と置いてきぼりにできる!

 

先日高速道路で、80km/hほどで走っている遅い車をおとなしく追い抜こうと100km/h程度で追い越し車線を走っていたところ、馬鹿みたいに飛ばしているミニバン(ノア)に煽られました。

 

その瞬間にアクセルを目いっぱい踏み込んで引き離しにかかったら、煽ってきたミニバン(ノア)はあっという間に後方に離れていきました。

 

100km/hを超えていても加速力は低下することなく、非常に力強くスムースな走りが堪能できます。

 

4.加速力で不満なところ

ロク(管理人)
ノートe-POWERにベタ惚れなことはわかりましたが、不満な点を1つくらいあげてください(笑)

 

ノートe-POWER NISMOに対して全く不満を抱えていませんが、強いて不満なところを挙げろと言われれば、たった1つ最高速が160km/hで頭打ちになるという点です。

 

高速道路で、前後にクルマがおらず(当然パトカーも)、見通しの良い長い直線部で、最高速度がどこまで出るのかを試した時に味わったのですが、アクセルペダルをベタ踏みしてフル加速しても、150km/hあたりから加速が急に弱くなり、160km/hで頭打ちになりました。

 

こんな速度を出すことは法律違反ですので、クルマの性能を評価するうえではあまり意味がないと思いますので、普通に乗っていればモーターならではのスムースな加速と低速からの力強さには非常に満足しています。

 

私がノートe-POWER NISMOを買った後、マイナーチェンジで「e-POWER NISMO S」が発売されたのですが、このクルマだったら180km/hのメーターを振り切れるのかもしれませんね!

 

可能ならばe-POWER NISMO Sのモーターに積み替えたいです。

 

ロク(管理人)
e-POWER NISMO Sのトルクは3.5LN/A並みですからね。高速道路の話は妄想としておきましょう(笑)

参考

⇒【クラス最速】0-100km6.7秒!ノートe-POWER NISMO Sの馬力と加速を徹底評価!

 

その4.ノートe-POWER NISMOのコーナーリング性能

【ノートe-POWER NISMOのサスペンション】

出典:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/nismo.html

 

ロク(管理人)
ヨシキさんは元「走り屋」だったそうなので、峠などのノートe-POWER NISMOの旋回性能の感想を教えてください。

 

ノートe-POWER NISMOでは、ワインディングロードを安定してきびきびと走るために、ベース車に対して足回りのチューンナップをしています。

【サスペンション実車装着状況】

 

足回りが強化されていて硬めになっているので、凹凸のひどい路面では若干の突き上げがありますが、強い横Gがかかった時でも安定感のある挙動をしてくれるので、安心してコーナーを曲がることができます。

 

なかなか優れものの足回りに仕上がっています。

 

同じ動力性能のe-POWERとe-POWER NISMOであっても、コーナリングの性能はNISMOの方が断然優れています。

 

また、e-POWERはアクセルワーク一つでトラクションを掛けたまま減速できますので、常に路面をグリップしてくれることから常に安心感があり、限界が高いものと考えています。

 

ロク(管理人)
何だか、旋回性能だけは事務的な解説なんですね。

 

いやぁ~大事な愛車をぶつけたくはないので、まだ峠でも安全運転です(笑)

 

その4.現時点での改造点と今後改造したいところ

ロク(管理人)
やはり、元日産のエンジニアと言う事なので、どこをカスタムはしているのか興味津々です。また今後、更にカスタムする予定はありますか?

 

私はノーマルのe-POWER NISMOでも十分満足しているので、まだ何もカスタマイズしていません。

 

動力性能や走行性能をさらに高めるようなチューンの必要性を感じていないからです。

 

ですから、もし、今後カスタムするとしたら、という話をさせていただきます。

 

もしもノートe-POWER NISMOをカスタマイズをするのであれば、さらに走りに特化するために出力UPを図りたいです。

 

e-POWER NISMO Sでは同じ型式のパワートレインシステムでありながら、最高出力が100kWに向上されています。

 

可能であればモーターを積み替えるか、モーターをチューンナップして100kWに改造したいと思います。

 

e-POWER NISMO Sに買い替えた方が早くて安い牛丼か?(笑)かもしれませんが、愛車を簡単には手放したくないので、必要性を感じたらチューンするかもしれません。

 

ロク(管理人)
モーターの積み替えなんて簡単にできるのですか?

 

いいえ、相当なお金がかかるので、今乗っているのを下取に出して、新車の「e-POWER NISMO S」を買うと思います(笑)

 

その5.ノートe-POWER NISMOのスタイリング

ロク(管理人)
加速や走り以外にも.ノートe-POWER NISMOのどこが気に入っていますか?

 

1.ノートe-POWER NISMOの外観

 

私がノートe-POWER NISMOを格好いいと思ったのは、特にサイドビューのスタイリッシュなところです。

 

いかにも早そうなスタイルで、しかもNISMOならではのレッドのドアミラーやサイドシルスポイラーがおしゃれで良いですね!

【サイドビュー】

どうですか?

このサイドビュー、すごく格好いいと思いませんか?

 

私はこのスタイルに一目ぼれしたのです。

 

この他にも、ノートe-POWER NISMOの格好いい部分はいくつかあります。

 

斜め前方から見たフロントマスクやアンダースポイラーも格好良くて気に入っています。

【フロントビュー】

 

【アンダースポイラー】

 

リヤビューもなかなか格好良いですよ!

【リヤビュー】

 

2.ノートe-POWER NISMOの室内

【コクピット】

 

コクピットに座った時のインパネとステアリングですが、いかにもマシンを操っているという雰囲気がたまらなく好きです!

 

室内はとても広いです!

【ノート室内】

 

その6.ノートe-POWER NISMOのお気に入りオプション

ロク(管理人)
オプションや標準装備で気に入っているものがあったら教えてください。

 

1.インテリジェントルームミラー(オプション)

【インテリジェントルームミラー】

 

私は最初この機能は不要だと考えていたのですが、付けておいてよかったと思っています。

 

日差しがまぶしい時でも後方をしっかりと確認できますので、安心してドライブできます。

 

また、荷物をたくさん積んで後方の視界が完全にさえぎられ、直接目視できないような状況でも、後方が視認できますので安全かつ便利です。

 

2.インテリジェントクルーズコントロール+インテリジェントLI (オプション)

【インテリジェントクルーズコントロール】

 

街中を走るときには不要な機能ですが、高速道路を走行している際にはとても有用なものです。

 

インテリジェントLI(レーン逸脱防止機能)をONにして、インテリジェントクルーズコントロールを使えば、ドライバーは基本的に運転席に座っているだけで良く、緊急的にブレーキを踏む程度で良いという状態になりますので、長距離運転での疲労をかなり軽減してくれます。

 

いざ加速が必要な時には、アクセルペダルを踏み込めば一時的に解除され、アクセルワーク通りに加減速してくれますので、操作性にも配慮したものとなっています。

 

非常に便利ですよ!

 

3. e-POWERドライブ(標準装備)

【e-POWER Drive】

出典:nissan.co.jp

e-POWER Driveとは?

e-POWERは、さまざまな走行シーンに合わせてシステムを最適に自動制御。3つの走行モードで、エコから力強くて爽快な走りまで自在に楽しめます。さらに新しい走行感覚の「e-POWER Drive」が運転の常識を一変させます。

出典:nissan.co.jp

 

アクセル操作だけで加減速や停止ができるという優れものの機能です。

 

慣れるまでは違和感がありますが、1週間も乗っていれば慣れてきて便利さを堪能することができるようになります。

 

ブレーキペダルとの踏み替えをせずに減速できるのですから、踏みそこなうことが無く安全性も高めています。

 

モーターの回生ブレーキを使って減速・停止しますので、機械的なブレーキと異なり常にトラクションがかかった状況になり、コーナリングでも安心感があります。

 

その7.次に乗り換えるならこの1台!

ロク(管理人)
ヨシキさんは次に乗り換えるとしたら、どんな車にしたいですか?

 

今の愛車に何年か乗った後、買い替えるとしても、私はやっぱりノートe-POWER NISMOを選びます。

 

もし横浜の自宅に戻り家族を乗せるというシチュエーションになれば、セレナのe-POWERかもしれませんが・・・(笑)

 

そのくらい満足しているクルマなのです。

 

欲を言えば、私が買った後にマイナーチェンジで新たにラインナップされたノートe-POWER NISMO Sがいいかな?とも思っています。

【ノートe-POWER NISMO S】

出典:nissan.co.jp

最高出力が大幅にUPしているのが魅力的ですよね!

 

あと数か月遅く契約していたらノートe-POWER NISMO Sを選択していたかもしれません。

 

さらに、もしもノーマルのe-POWER同様にNISMOに4WDがラインナップされるのであれば、雪国に単身赴任していて、雪国に実家がある私にとっては、4WDを選びたいですね。

 

e-POWER NISMO Sの4WDが発売されてほしいと切に願っています。

 

出してくれないかな?日産さん!

 

最後に一言

ロク(管理人)
では、最後になりますが、エンジニア、オーナーとしてノートe-POWER NISMOに興味を持っている人に一言お願いいたします。

 

e-POWERは世間一般ではシリーズ方式のハイブリッドとして扱われていますが、私はレンジエクステンダーEVだと考えていますので、あくまでも電気自動車と認識しています。

 

この技術は将来の本格的な電気自動車の時代到来に向けた第一ステップと考えています。

 

e-POWERのクルマに乗ることは、EVに乗ることと同じく一つのステータスだと考えています。

 

ですから、私は誇りをもってノートe-POWERに乗っていますので、私の話を聞いて興味を持って下さった方は、是非、購入しても損はないクルマだと言い切れます!

 

 

この記事が良いと思ったらフォローをよろしくお願いいたしますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

~加速力のあるコンパクトカーをお探しのあなたへ!~

国産コンパクトカーの0-100km/h加速ランキング、馬力ランキングはこちらです!

⇒【2020年版】ベスト21!国産コンパクトカー0-100km/h加速ランキングはこちらです!

⇒【2020年版】ベスト10!国産コンパクトカー馬力ランキングはこちらです!

 

-レビュー

Copyright© バリキックス , 2020 All Rights Reserved.