カソバリヘッダー001

ハイブリッド/電気自動車/ディーゼル

【意外な加速力】0-100km12秒!ハイエース・ディーゼルの加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

~加速の良い新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

ハイエースのディーゼル車は、ディーゼル特有の低回転からの太いトルクが特徴ですが、中速以上では常に加速が頭打ちになることが、通常のディーゼル車との違いです。

 

もし、あなたが、ハイエースのディーゼル車の購入を検討しているのでしたら、今回の記事ではハイエースディーゼル車の馬力とトルク、実際の加速感、そして0-100km/hの加速タイムを詳しく解説していますので、購入前には必ずチェックしておいてください!

 

 
スポンサードリンク

 

その1.ハイエースのディーゼル車の馬力とトルクを評価!

出典:toyota.jp

~加速力、馬力のあるミニバンをお探しのあなたへ!~

国産ミニバンの0-100km/h加速ランキング、馬力ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト21!国産ミニバン0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年版】予想外の結果!ベスト12!ミニバン馬力ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもお勧めです!

 

まずは、ハイエースのディーゼル車に搭載されているエンジンを検証しましょう。

 

ハイエースのディーゼル車に搭載されるエンジンは以下のエンジンです。

 

1KD-FTV型:2.754㏄水冷直列4気筒DOHCディーゼルターボ

 

上記のエンジンは、2009年に販売を終了した120系のランドクルーザープラドや絶版のハイラックスサーフ、ダイナなどのトラックにも搭載されるエンジンで、まさに荷物を運ぶために最適なエンジンです。

 

それでは、そんなプロ仕様ともいえるハイエースのディーゼルのエンジンの最高出力(最大馬力)と最大トルクについて評価していきましょう。

 

【ハイエース・ディーゼル車の最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
・スーパーGL標準
・スーパーGLワイド
DX標準
DXハイルーフ
106144/3,400 30030.6/3,200~12,000

 

 上記のように検証するとディーゼル車らしく低回転域からしっかりと馬力とトルクが出るエンジンの特徴になっています。

 

しかも耐久性もすばらしいエンジンなので、特に新興国で人気があり過去には7年連続盗難率ナンバーワンの座になったほどです。(現在の1位はプリウス)

 

盗難された車はほとんど海外に輸出されるので、ネガティブな紹介のしかたですが・・それだけ海外でも需要があり信頼されているということです。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.ハイエースのディーゼル車の実際の加速感を評価!

出典:toyota.jp

 

それでは、ハイエースのディーゼル車に乗ってみた加速感を評価してみましょう。

 

私の家から車で5分くらいのところに住む義兄がハイエースのディーゼル車に乗っています。

 

家族構成は夫婦2人子供2人でミニバン感覚で使いながら、趣味のサーフィンの相棒としてハイエースは活躍しています。

 

私はお酒をほとんど飲まないので、親族での飲み会の後に何度か私の妻と運転代行のような感じで、私が義理兄のハイエースを運転する機会がありました。

 

その際の感想をもとにするならば、出だしはディーゼルらしい力強い馬力とトルクが感じられる加速です。

 

上記のシーンで運転しているので、かならずフル乗車、後ろがベッド仕様のカスタムがされているため決して車全体が軽い状態ではないのですが、重さを全然感じません。

 

ただ40㎞/hくらいまでの瞬発力はありますが、そこからの馬力やトルクは頭打ちになり速度の伸びは厳しい印象がありました。

 

ディーゼルエンジンとしての弱点はありますが、総走行距離20万キロ近くでほぼノートラブルの状態でこの性能を保っているのは率直にすごいと思いました。

 

私はエンジンの伸びが少ないハイエースで高速巡行はあまりしたくありませんが、義兄家族は結構遠出もしているので、そういうものだと割り切れば意外といけるのかもしれません。

 

まとめると、ハイエースのディーゼル車は低回転域重視のエンジンのため低速域の馬力感・トルク感は抜群ですが、速度が上がってくると伸びが苦しくなってくるような加速感でありといえます。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.ハイエースのディーゼル車の0-100km/hの性能を評価!

出典:toyota.jp

 

ハイエースのディーゼル車の加速タイムを評価してみましょう。

 

ハイエースのディーゼル車の0-100/hの計測動画や、ユーザーのデータなどを独自集計し平均値をだしたものが以下の値です。

 

・ハイエース(スーパーGLディーゼル):12.2

 

低速からパワーモリモリなのでガソリン車よりはタイムは良好です。

 

2WDの方が軽いので走破性より加速を重視するなら、2WDの方がおすすめです。

 

ハイエースのディーゼル車の2WDと4WDの車両重量を比較すると以下の様に約200kg近く重量が違ってきてしまっています。

2WD(スーパーGL):1840kg

4WD(スーパーGL):2030kg

 

次にハイエースのガソリン車と0-100km/hの加速タイムを比較評価してみましょう。 

・ハイエース ガソリン2.0L(スーパーGL):12.8

・ハイエース ガソリン2.7L(スーパーGL):12.4

参考

⇒【予想外に速い】0-100km12秒台!ハイエース・ガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

やはりハイエースの中で加速の評価が高いのはディーゼル車になります。

 

そもそもミニバン・ディーゼル・4WDという条件を満たす車は、デリカD5NV350キャラバンくらいなもので、そう考えるとハイエースの存在意義は十分にあります。

参考

⇒【最下位クラス】NV350キャラバン・ディーゼルの加速と馬力を徹底評価!

 

参考までにデリカD5と比較評価してみたいと思います。

 【デリカDディーゼル車】

出典:mitsubishi-motors.co.jp

・デリカD5(2.3L・Mディーゼル):11.0秒

 

デリカD5のディーゼルエンジンは2.3Lとハイエースより700㏄もエンジンンが小さいですが、こちらは完全に人を運ぶことを考えているので馬力もトルクもハイエースより優れています。

参考

⇒【悲報】0-100km11秒!新型デリカD5ディーゼル車の加速と馬力を徹底評価!

 

俺の一言!

 

武骨なデザインのハイエースのディーゼル車は、ミニバンの和やかな雰囲気が嫌いな人でも乗れる男らしさあふれる車です。

 

さらにディーゼルエンジンのミニバンは数少ないので釣りやサーフィンなどの趣味がある方にはうってつけです。

 

ただ高速域は苦手なので、その辺りの加速は諦めるしかないですね。

 

あなたの清き1フォローをよろしくお願いいたしますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力、馬力のあるミニバンをお探しのあなたへ!~

大人気!国産ミニバンの0-100km/h加速ランキング、馬力ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト21!国産ミニバン0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年版】予想外の結果!ベスト12!ミニバン馬力ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもお勧めです!

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

-ハイブリッド/電気自動車/ディーゼル

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.