カソバリヘッダー001

ガソリン車

【予想外に速い】0-100km12秒台!ハイエース・ガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

~加速の良い新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

ハイエースのガソリン車の加速力は60km/hまではかなりの性能ですが、それ以上の速度域になると頭打ちで非常に伸びが悪くなります。

 

もし、あなたが、ハイエースのガソリン車の購入を検討しているのでしたら、今回の記事ではハイエースガソリン車2.0L、2.7Lの馬力とトルク、実際の加速感、そして0-100km/hの加速タイムに関して解説、評価していきますので、是非、購入前には確認をしておいてください!

 

 
スポンサードリンク

 

その1.ハイエースのガソリン車の馬力とトルクを評価!

出典:toyota.jp

~加速力、馬力のあるミニバンをお探しのあなたへ!~

国産ミニバンの0-100km/h加速ランキング、馬力ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト21!国産ミニバン0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年版】予想外の結果!ベスト12!ミニバン馬力ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもお勧めです!

 

現行型4代目ハイエースのガソリン車は、排気量が2.0Lと2.7Lがラインアップされています。

 

ですが、エンジン自体は発売当時の2004年から使用し続けているために、かなり古いエンジンとなります。

 

ハイエースに搭載されるエンジンは以下のエンジンです。

・1TR-FE型:2000㏄水冷4気筒DOHC

2TR-FE型:2693㏄水冷4気筒DOHC

上記のエンジンは現在2.0Lではハイエースのみになっていますが、2.7Lは「ランドクルーザープラド」のガソリン車にも使用されているエンジンとなります。

 

それでは、まずハイエースのエンジンの最高出力(最大馬力)と最大トルクについて評価していきましょう。

 

【ハイエースの最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
【2.0L】
・スーパーGL
DX
DXスーパーロング
100136/5.600 18218.6/4,000
【2.7L】
・スーパーGL ワイド
DX ロングワイド
118160/5.200 24324.8/4,000

 ※2.0Lのエンジンはすべて2WD、2.7Lのエンジンは4WDとなっており、4WDのモデルはワイドボディになるので車格も若干異なります。

 

上記の様にハイエースの馬力とトルクを検証すると、2.0Lに関しては馬力とトルクはかなり物足りない設定になっています。

 

同じ2.0Lのトヨタのミニバン「ノア」のガソリン車と比較するとハイエースの2.0Lの馬力とトルクの数値は低くなっています。

【ヴォクシー・ガソリン車の馬力とトルク】

出典:toyota.jp

・最高出力(最大馬力):112kW(152ps)/6,100rpm

・最大トルク:193N・m(19.7kgf・m)/3,800rpm

参考

⇒【2代目よりもパワーダウン!】ヴォクシーガソリン車の加速と馬力評価!

 

また、2.7Lのグレードに関しても、やはり、馬力とトルクは低めにされており、標準的な2.5Lエンジンよりも数値は低くなっています。

 

アルファードの2.5Lの馬力とトルクを検証すると、トルクではハイエースの2.7Lが勝っていますが、馬力では低い数値になっていることがわかります。

【ヴェルファイア2.5Lガソリン車】

出典:toyota.jp

・最高出力(最大馬力):134kW(182ps)/6.000rpm

・最大トルク:235N・m(24.0kgf・m)/4,100rpm

参考

⇒【0-100km8.1秒】ヴェルファイア・ガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

では次に、ハイエースの永遠のライバル、日産NV350キャラバンの性能と比較評価してみましょう。

【NV350キャラバン】

出典:nissan.co.jp

【NV350キャラバンの最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
・2.0L 96(130)/5,600 178(18.1)/4,400
・2.5L 108(147)/5,600 213(21.7)/4,400

  

日本では現在このタイプのバンはハイエースとNV350キャラバンしかラインナップがありませんが、上記の様にNV350キャラバンの馬力とトルクで比較するとハイエースの方が上になります。

参考

⇒【クラス最下位】NV350キャラバン・ガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

ハイエースのディーゼル車の方が加速が良いという評価が多いようですが、こちらもスペックを確認してみましょう。

 【ハイエース2.8Lディーゼル車】

・最高出力(最大馬力):106kw(144ps)/3,600rpm

・最大トルク:300Nm(30.6kgm)/1,000~3,400rpm

 

ハイエースのディーゼル車の馬力はガソリン車の2.7Lよりは劣りますが、その分トルクは大幅にディーゼル車の方が上回っているので、荷物や人を多く積む場合の加速はやはりディーゼル車のほうが有利になります。

  

 
スポンサードリンク

 

その2.ハイエースのガソリン車の実際の加速感を評価!

出典:toyota.jp

 

ハイエースのガソリン車に乗ってみた実際の加速感を評価してみましょう。

 

ハイエースを商用利用ではなく、一般家庭で使っている方は私の周りにも何人かいますが、やはりメリットとしては、ノアとかステップワゴンのように家族的なアットホームな雰囲気が出過ぎないところや、荷室が広いので趣味でも使いやすいというところにあります。

 

そういった利用を考えるとグレードはスーパーGLが中心になると思うので、車重はもっと軽いDXもありますが、DXは二列目が極めて簡易的でミニバンとして利用するには少々難があるので、スーパーGLを中心に評価していきたいと思います。

 

2.0Lのグレードはすべてが2WD仕様になりますが、加速感は相当厳しいものになります。

 

1770kg(スーパーGL)というミニバンとしては普通の重さですが、130psという貧弱な馬力のため明らかな馬力不足を感じることになります。

 

参考までにヴォクシーのガソリン車と比較してみましょう。

【ヴォクシー(ZS)】

・最大出力(最大馬力):112kw152ps

・車両重量:1,680kg

 

ヴォクシーのガソリン車も大して加速は良くない車ですが、それに輪をかけて馬力と車重の比の値が悪いのがハイエースの2.0Lガソリン車です。

 

私もDXのガソリン車には仕事で良く乗っていた時期がありましたが、何も積んでいない状態でも驚くほど遅いです。

 

商用バンベースなので、とにかく運ぶための性能を低コストで実現することに目的があるので、ハイエースのガソリン2.0L車を選ぶときにはその点を割り切ることが必要になってきます。

 

2.7L車は2.0L車よりも馬力もトルクも上ですが、ワイドボディになり、車重は2000kg(スーパーGL)にもなります。

 

こちらも参考としてヴェルファイアと比較評価してみましょう。

 

【ヴェルファイア(2.5X)】

・最高出力(最大馬力):134kw182ps

・最大トルク:235Nm24.0kgm

・車両重量:1,920kg

 

ヴェルファイアの2.5L車は、ヴェルファイアの最廉価グレードなのでそれほど加速性能ではありませんが、馬力はヴェルファイアの圧勝、トルクもハイエース2.7Lガソリン車が若干上回るものの排気量の小さいヴェルファイアとほぼ同等です。

 

2.7L車も2.0L車同様、加速感は厳しいものがあるので加速性能はハッキリ言って良くないです。

 

とにかく2.0L2.7Lであっても、車重に対する馬力・トルク不足が顕著で加速感は相当厳しいものになるので、ハイエースのガソリン車をミニバンとして使っていくには、加速性能は完全に諦める必要があります。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.ハイエースのガソリン車の0-100km/hの性能を評価!

 出典:toyota.jp

 

ハイエースのガソリン車の加速タイムを評価してみましょう。

 

0-100/hのタイムを基準に評価していきますが、タイムはネットの加速動画やユーザーの計測値を独自集計して平均値をだしたものです。

 

気になるハイエースのガソリン車のタイムは以下の様になります。

 

・ハイエース2.0L(スーパーGL):12.8秒

・ハイエース2.7L(スーパーGL):12.4秒

 

まあ予想通り遅いのですが、両エンジン共に貨物用に特性を磨き上げているだけあって、60/hくらいまでは加速感はあまりありませんが、意外にも良い加速をします。

 

私の予想では14秒越え必至かと思っていました。

 

予想していたよりは十分に速かったのですが、先ほど取り上げました、ヴォクシー(2.0L)、ヴェルファイア(2.5L)の0-100km/h加速タイムは以下の様になりますので、ハイエースの加速力が無いことがわかってしまいます。。。

・ヴォクシーX(2.0L):11.6秒

・ヴェルファイアZ(2.5L):11.3秒 

参考

⇒【2代目よりもパワーダウン!】ヴォクシーガソリン車の加速と馬力評価!

⇒【0-100km8.1秒】ヴェルファイア・ガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

大家族の方は10人乗りもハイエースワゴンを選択する人もいるかもしれませんが、基本パワートレインは2.7Lガソリンエンジンなので、ハイエースの2.7Lに椅子の多さの分重くなっていると考えればいいと思います。

 

俺の一言!

 

武骨なデザインで、ミニバンのほんわかした雰囲気が嫌な人にも受け入れられやすいハイエースは、イメージの評価は抜群ですが、加速としてはあくまでも貨物車を念頭に置いているため、市販車の快適な加速性能を考えるとあまり積極的には選びたくない車です。

 

あなたの清き1フォローをよろしくお願いいたしますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力、馬力のあるミニバンをお探しのあなたへ!~

大人気!国産ミニバンの0-100km/h加速ランキング、馬力ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト21!国産ミニバン0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年版】予想外の結果!ベスト12!ミニバン馬力ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもお勧めです!

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

-ガソリン車

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.