カソバリヘッダー001

SUV&スペシャリティクラス

【悲報】クラス10位!コペンセロ/ローブ/エクスプレイの加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

ダイハツコペンシリーズ、コペンセロ/ローブ/エクスプレイはスポーティーな外観ですが、エンジンと過給機はタントなどのダイハツのターボ車のパワートレインを単純に移植し、車両重量も重たいために馬力とトルクはスポーツタイプとしては不足しているので、加速力はありません。

 

もし、あなたが、コペンシリーズのセロ/ローブ/エクスプレイの購入を検討しているのでしたら、今回の記事を読めば、加速力は期待できないことが理解できますので、購入前には必ず確認しておいてください!

 

 
スポンサードリンク

 

その1.エンジンの馬力とトルクを評価

出典:copen.jp

大人気!全軽自動車加速ランキング、ベスト18はこちらです!

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

コペンセロ・コペンローブ・コペンエクスプレイは外見こそ異なるものの搭載されるエンジンは

・KF-VET型 658cc 直3 DOHC IC付ターボ

で、ミラ・ムーヴ・タントと同じです。

 

普通車のなスポーツタイプと違い、他の軽自動車のエンジンをそのまま流用し、FFで、過給機自体も同じになっていますが、トランスミッションはCVTのほかに5速MTがラインナップされています。

 

それでは、エンジンスペック上の馬力とトルクを検証してみましょう。

グレード 最大出力
kW[PS]/rpm
最大トルク
N・m[kgf・m]/rpm
・コペンセロ
・コペンローブ
・コペンエクスプレイ
47[64]/6,400 92[9.4]/3,200

 

馬力に関しては自主規制値限度の64psを誇っていますが、トルク数値はライバル車のS660の10.6kgf・m/rpmと比較すると、かなり下回っています。

 

エンジン、過給機自体がタントなどの流用になっていますので、汎用的なターボ車の値になってしまっていることは残念ですね。

 

ターボ機構のみでも、S660のように独自色を出せると、かなりスポーティーなスペックが出せるところなのですが。。。

 

それでは次に実際の加速感、馬力感について検証してみましょう。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.実際の加速感

 

スペックは、タントなどに代表される「KF-VET型 658cc 直3 DOHC IC付ターボ」搭載車と同じことがご理解できたと思います。

 

続いて実際の加速感の評価です。

エンジンのスペックでは馬力は軽自動車のターボ車では一般的な64psの最大値を出しているものの、加速力を決めるトルクは評価できない値でしたが、車重はS660よりも重く

・CVT:870kg

・5速MT:850kg

となっています。

 

では、車重からパワーウェイトレシオとトルクウェイトレシオを主なライバル車と比較検証してみましょう

車種 パワーウェイトレシオ
速度
トルクウェイトレシオ
加速
・コペンセロ(5速MT)
・コペンローブ(5速MT)
・コペンエクスプレイ(5速MT)
13.28kg/ps 89.47kg/kgf・m
S660(6速MT) 13.28kg/ps 81.37kg/kgf・m
アルトワークスFF(6速MT) 10.46kg/ps 65.68kg/kgf・m

参考

⇒【要確認!】車重が弱点!S660の加速と馬力を徹底評価!

⇒【軽NO.1】最速王アルトワークスの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

軽自動車ではスポーツタイプとして代表されるS660、アルトワークスと比較すると、パワーウェイトレシオはS660と同じですが、加速力を決めるトルクウェイトレシオは最低の値になっています。

 

コペンはトルクのピークはスペック上は高めに設定されているように見られますが、S660と比較すると、S660のエンジンの回転数は2,600~5,000回転近くでトルクピークを発生しますが、コペンの場合は3,200回転~4,000回転付近の狭い範囲でしかトルクピークを迎えるために、中域からのスムーズな加速力ではS660にはかないません。

 

スペック上ではS660の場合は初速の出足を重視しており、コペンの場合は伸びを重視しているといえますが、実際には知らせた場合は、S660の加速力はコペンロ/ローブ/エクスプレイではかないません。

 

ただ、ライバル車と比較せずに乗った場合は、コペンセロ・コペンローブ・コペンエクスプレイの加速感はエンジンのふけ上りとともにパワーが盛り上がってくる、ひと昔前のターボ車のような感じは楽しめます。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.0-100km/hのタイムを評価!

 

上記のようにライバル車と比較した時の加速性能は、いまいちな感じがしますが、実際の加速タイムはどうでしょうか?

 

ダイハツからは正式に0-100km/hの加速タイムというものは発表されていませんので、コペンセロ/ローブ/エクスプレイの0-100km/hの加速タイムをネット上のサイトや動画を参考に検証してみましょう。

・コペンローブ(5速MT):12.55秒

・コペンローブ(CVT):13秒

残念ながらスポーツタイプというカテゴリーの軽ターボとしては凡庸な数値ですね。

 

ライバルのS660(5速MT)は11.71秒ということを考えるとちょっと加速性能はもう少し欲しいところです。

 

やはりリッターカーならともかく、メタルトップをつけると重くなってしまい、加速に影響してしまいますし、90年代の軽自動車のような軽量化が安全性の観点からできない状況になっていますので、軽自動車のオープンタイプでは、かなりタイムの向上が難しくなっています。

参考

⇒【要確認!】車重が弱点!S660の加速と馬力を徹底評価!

 

コペンシリーズ、コペンセロ/ローブ/エクスプレイは実際は速くないんですよね・・。まあ、これはエコとスポーツそして、購入者の多くがハイエイジということもあり、見た目も重視した現代版スポーツとしてのダイハツさんの答えなのだと思います。

 

それを評価できるかどうかで、コペンセロ・コペンローブ・コペンエクスプレイの評価が変わってきます。

 

私としては90年代の車のような絶対的な加速性能を軽自動車にも導入してほしいところです。

 

まとめ

 

今回はコペンセロ/ローブ/エクスプレイの馬力と加速を検証してきました。

 

ですが、エンジン自体はタントなどのファミリーカーのエンジンをそのまま載せた、スポーツタイプですから、加速と馬力をあまり期待しない方が良いでしょう。

 

あなたの1フォローがより良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

大人気!軽自動車加速ランキングはこちらです!

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

関連記事

 

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです

 

-SUV&スペシャリティクラス

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.