カソバリヘッダー001

ガソリン車

【予想外に速い】0-100km10.6秒!フリードガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

~加速の良い新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

7人乗りもあるコンパクトミニバンのフリードのガソリン車ですが、フィットの1.5Lエンジンをそのまま移植していますので、正直、車格が違いますので、馬力とトルクが不足しており、加速力はありません。

 

もし、あなたが、フリードの購入を考えているのでしたら、今回の記事を読めば、人数を乗せた時の加速力は絶望的と言う事が理解できますので、購入前に必ず確認しておいてください!

 

 
スポンサードリンク

 

その1.フリードの馬力とトルクを評価!

出典:honda.co.jp

~加速力、馬力のあるミニバンをお探しのあなたへ!~

国産ミニバンの0-100km/h加速ランキング、馬力ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト21!国産ミニバン0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年版】予想外の結果!ベスト12!ミニバン馬力ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもお勧めです!

 

まずは、フリードのガソリン車の搭載されているエンジンを検証してみましょう。

 

フリードのガソリン車に搭載されるエンジンは以下のエンジンです。

 

・L15B型:1496㏄水冷4気筒DOHC

 

このエンジンは、フィット(1.5Lモデル)、グレイス、ヴェゼルなど様々な車に搭載されるガソリン車の自然吸気エンジンの主力エンジンです。

参考

⇒【1.5L以外買うな!】フィットガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

それでは、まずフリードのガソリン車のエンジンの最高出力(最大馬力)と最大トルクについて評価していきましょう。

 

【フリードのガソリン車の最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
B
G
・G
Honda SENSING
96131/6,600 15515.8/4,600

 

 

以上の馬力とトルクの値を見てみると、フリードのガソリン車はフィットの1.5L車などの同エンジン搭載車とセッティングまで同じになっています。

 

フリードは、ミニバンの中ではコンパクトな部類に入るものの、フィットなどのコンパクトカーと比べると、かなりサイズアップしているので、フィットと同じエンジンでは厳しい印象があります。

 

ただ、同じようなコンパクト系ミニバンのライバル、シエンタ(FF)のガソリン車の馬力は 以下の様になっています。

【シエンタ(X)】

出典:toyota.jp

 

・最高出力(最大馬力):80kw(109ps)/6,000rpm

・最大トルク:136N・m(13.9kgf・m)/4,400rpm

このような値になっているので、シエンタよりはフリードの方がスペックは上です。

参考

⇒【絶対買うな!】3分でわかる!シエンタガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

フリードにはハイブリッド車のラインナップがありますが、そちらのシステム出力は以下の値になります。

 

・フリード(ハイブリッド車):システム出力(馬力)137ps 

以上の性能なので、フリードのガソリン車よりもハイブリッド車の方が馬力のスペックは上ということになります。

参考

⇒【激遅】0-100km11秒弱!フリードハイブリッドの加速と馬力を徹底評価!

 

 
スポンサードリンク

 

その2.フリードのガソリン車の実際の加速感は?

 

フリードのガソリン車に実際に乗ってみた加速感を評価してみます。

 

フリードのような、小さめでもきちんと3列シートがあるミニバンは、ミニバンとしては小さく、コンパクトカーよりは大きいサイズ感なので、パワートレーンも何が最適なのかという問題は常に付きまといます。

 

現状としては、似たコンセプトのシエンタにも言えることですが、フリードのガソリン車もコンパクトカーに使われているエンジンを採用しています。

 

これはメーカー側も加速性能より燃費を重視しているという明確なメッセージとも捉えられ、そういったコンセプトで作られたフリードに加速を望むのはなかなか難しい面があります。

 

ネットの口コミなどでも、

「普通に走るなら良いけど、追い越し車線や上り坂では遅さを感じる!!!」

という意見が良く見受けられます。

 

そういった感想どおり、余裕のある加速感を期待するのは難しいと私も思います。

 

また、FFの車両重量で考えると、

・フリード(G):1350kg

・フィット(1.5XL):1,070kg

となっており、フィットより280kgも重いボディを同じ動力源でいくのはさすがに厳しいものがあります。

 

フィットに60kgの人が4人乗ってもまだフリードの誰も乗っていない状態の方が重いのですからね。

 

スペースの関係もありますが、もし可能なら、同じ1.5Lエンジンでは、ホンダにはステップワゴンなどに搭載される「L15B型」のターボエンジンがあるのでこちらのエンジンの方が良かったと思います。

 

L15B型のターボエンジンは150psもあるので、こちらのエンジンであればフリードでも余力が感じられ加速感ももっと評価できたはずです。

【ステップワゴン】

出典:honda.co.jp

 参考

⇒【0-100km9.8秒】ステップワゴンガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

やはりノンターボではモッサリ感が否めず、パワーが必要なシーンではもどかしい気持ちになります。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.フリードのガソリン車0-100km/hの性能は?

 

フリードのガソリン車の実際の加速タイムを評価してみます。

 

フリードはスポーツカーではないですが、客観的なタイムを評価することによって、他の車種と実際の加速性能を比較することができます。

 

ここで取り上げるフリードの0-100km/hの加速タイムは、ネット上の加速動画や各種レビューなどを集計した平均ととなりますので、多少の誤差はご容赦ください。

 

気になるフリードのガソリン車のタイムは以下の様になります

 

・フリードGFF/6人乗):10.6

 

街中を走るのにギリギリの加速性能で、これ以上遅いとかなりストレスが溜まります。

 

フル乗車で高速道路などは、1年に1回くらいの特別な状況なら我慢できますが、頻繁にそういった機会がある方は、もうワンランク上のステップワゴンを選んだ方が、スペースも加速も良く得策です。

 

ライバルの性能を比較評価してみましょう。

 

・シエンタG ガソリン車(FF/6人乗):11.0秒

・ステップワゴンG ガソリン車(FF/7人乗り):9.8秒

 

シエンタよりは多少加速は良いようですが、やはりステップワゴンの1.5Lターボエンジンなら、ステップワゴンより軽いフリードなら9秒前半も出せたかもしれないので、そこが残念ですね。

参考

⇒【絶対買うな!】3分でわかる!シエンタガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

⇒【0-100km9.8秒】ステップワゴンガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

俺の一言!

 

「ちょうど良い」がウリのフリードのガソリン車ですが、ちょうど良いのはサイズと価格だけであり、加速性能は単純に不足しています

 

上位グレードだけでもいいのでL15B型のターボエンジンを載せてくれたら、フリードのキャラクターも随分変わったのではないかと思います。

 

あなたの清き1フォローが、より良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力、馬力のあるミニバンをお探しのあなたへ!~

大人気!国産ミニバンの0-100km/h加速ランキング、馬力ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト21!国産ミニバン0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年版】予想外の結果!ベスト12!ミニバン馬力ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもお勧めです!

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

-ガソリン車

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.