カソバリヘッダー001

ガソリン車

【絶対買うな】0-100km11秒!ヴォクシーガソリン車の加速と馬力評価!

投稿日:

~加速の良い新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

ヴォクシーのガソリン車に使用されているエンジンは、先代の2代目が2010年にビッグマイナーチェンジした時から使用している古いエンジンです。

 

しかも、なんと現行型は先代よりも馬力とトルクが下がっています

 

今回の記事では、現行型3代目ヴォクシーの加速と馬力、0-100km/hの加速タイムについて詳しく解説していますので、もし、「あなた」が購入を検討しているのでしたら、最後までお読みください!

 

 
スポンサードリンク

 

その1.ヴォクシーのガソリン車馬力とトルクを評価!

出典:toyota.jp

~加速力、馬力のあるミニバンをお探しのあなたへ!~

国産ミニバンの0-100km/h加速ランキング、馬力ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト21!国産ミニバン0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年版】予想外の結果!ベスト12!ミニバン馬力ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもお勧めです!

 

ヴォクシーのガソリン車に搭載されるエンジンは以下のエンジンになります。 

3ZR-FAE型:1986㏄直列4気筒DOHC

 

ハリアーのガソリン車(2.0L)などにも搭載されるエンジンで、トヨタ製のお馴染みバルブマチックエンジンです。

参考

⇒【ターボ1択!】ハリアーガソリン車の3つの加速と馬力を徹底評価!

 

ですが、こちらのエンジンは先代の2代目ヴォクシーの2010年のマイナーチェンジ以降使われ続けている古いエンジンとなりますので、性能に関してはイマイチになっています。

 

それでは、ヴォクシーの2Lガソリンエンジンの最高出力(最大馬力)と最大トルクについて評価していきましょう。

 

【ヴォクシーのガソリン車の最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
X
V
ZS
112152/6,100 19319.7/3,800

※すべてのグレードにFF・4WDと7人乗り・8人乗りが選べます。

 

上記のように馬力とトルクを検証すると、2.0Lエンジンとしては、ごく普通のスペックです。

 

ライバルの馬力とトルクを確認してみましょう。

 

・セレナS2.0Lガソリン車): 110kw150ps200Nm(20.4kgm)

・ステップワゴンB1.5Lガソリン車ターボ):110kw150ps203Nm(20.7kgm)

 参考

⇒【絶対買うな!】最下位クラス!セレナガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

⇒【0-100km9.8秒】ステップワゴンガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

ステップワゴンがダウンサイジングターボのため少し条件は違いますが、同じ5ナンバーサイズのミニバンのガソリン車では、ほぼスペックは近い値になっています。

 

ただ、先代の70系ヴォクシーは同じ2.0Lの「3ZR-FAE型」のエンジンを搭載しながら、

・馬力:116kw(158ps)

・トルク:196Nm(20.0kgm)

だったので、最新型の80系のヴォクシーのエンジンは若干馬力とトルクが下がっています。

 

これは、燃費を考えてのことだと思いますが、一応加速性能が犠牲にならないように馬力のピークが6200rpm6100rpmに、トルクのピークが4400rpm3800rpmに下げられているため、実用域でのパワーダウンは感じにくく作られています。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.ヴォクシーのガソリン車の実際の加速感は?

 

それではヴォクシーに実際に乗ってみた感覚を評価してみます。

 

2.0Lのガソリンエンジンは、5ナンバーサイズミニバンの伝統のパワートレーンなので、ヴォクシーのガソリン車もいわゆる、ザ・ミニバン的な加速性能です。

 

2.0Lのエンジンは、過敏すぎることもなく余裕は感じられないものの普通に走る分には十分な加速感です。

 

ヴォクシーのハイブリッド車と比較すると、ハイブリッドモデルはかなりスムーズな反面、「じわー」っと加速するイメージなので、アクセルワークの上で意のままに操れる感覚は少ないです。

 参考

⇒【0-100km11秒!】ヴォクシー・ハイブリッドの加速と馬力を徹底評価!

 

一方のガソリン車はパワーが必要な時はエコモードをOFFにすれば、エンジンは唸りますがその分馬力やトルク感上昇し、意図する動力を得ることができます。

 

ただ高速域になるとどうしても、風の抵抗や、非力さが顕著になり、直進安定性も低下してきて2.0Lの余力の無さが見えてきてしまいます。

 

以上のことを踏まえると、ヴォクシーのガソリン車は交通の流れをリードするというよりは、実用域で必要な分だけ頑張ります、といったような印象が強い加速感になります。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.ヴォクシーのガソリン車0-100km/hの性能は?

 

ヴォクシーのガソリン車の実際の加速タイムを評価してみましょう。

 

最近は0-100/h特集のような、タイムのガチンコ勝負もマニアックな雑誌でさえ扱うことが少なくなってきましたが、スペックだけではわからない加速性能をしっかり押さえるためにも確認していきたいと思います。

 

なおヴォクシー・ガソリン車の0-100km/h加速タイムに関しては、各種口コミサイト、加速動画、雑誌等のタイムを独自集計し、平均値を出したものとなります。

 

ヴォクシーのガソリン車の0-100/hタイムは以下になります。 

・ヴォクシーX2WD):11.6

 

まあ実用レベルといった評価でしょうか。

 

ちなみに、ヴォクシーのハイブリッド車の0-100km/hの加速タイムは以下のようになります。

・ヴォクシー・ハイブリッドX11.06

 

ライバルの性能を比較してみると

・ステップワゴンG(1.5Lダウンサイジングターボ車):9.8秒

・セレナS(2.0Lガソリン車):12.0秒

 

ヴォクシーのガソリン車は、セレナのガソリン車よりは速くはなっています。

 

ステップワゴンのダウンサイジングターボは1.5Lなのにかなりのタイムを叩き出しており評価できます。

参考

⇒【0-100km9.8秒】ステップワゴンガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

ヴォクシーは2014年の現行型へのモデルチェンジでエンジンの型式が変わらないのにスペックが下がったことが一番残念です。

 

燃費も大切ですが、もう少し技術革新で加速性能と環境性能を両立してもらいたいものです。

 

俺の一言!

 

ヴォクシーのガソリン車は、ザ・定番のミニバンらしい加速性能で、可もなく不可もなく、いかにもトヨタらしい車です。

 

ただ、フル乗車での勾配や高速道路は厳しそうです。そういった機会が多い方は、クラスを上げてヴェルファイアの3.5Lガソリン車あたりにした方が無難です。

参考

⇒【0-100km8.1秒】ヴェルファイア・ガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

あなたの清き1フォローが、より良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力、馬力のあるミニバンをお探しのあなたへ!~

大人気!国産ミニバンの0-100km/h加速ランキング、馬力ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト21!国産ミニバン0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年版】予想外の結果!ベスト12!ミニバン馬力ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもお勧めです!

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

-ガソリン車

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.