カソバリヘッダー001

ハイブリッド/電気自動車/ディーゼル

【絶対買うな】0-100km10.7秒!アルファードハイブリッドの加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

~加速の良い新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

アルファード・ハイブリッド車は前後に馬力とトルクが強力なモーターを2基搭載していますが、加速性能は正直、加速性能はイマイチとなっています。

 

今回の記事では、アルファード・ハイブリッド車の加速性能、が如何に残念なのかが良く分かりますので、是非、最後までお読みください!

 

 
スポンサードリンク

 

その1.アルファード・ハイブリッド車の馬力とトルクを評価!

出典:toyota.jp

~加速力、馬力のあるミニバンをお探しのあなたへ!~

国産ミニバンの0-100km/h加速ランキング、馬力ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト21!国産ミニバン0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年版】予想外の結果!ベスト12!ミニバン馬力ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもお勧めです!

 

アルファードハイブリッドに搭載されるエンジンは以下のエンジンです。

2AR-FXE型:2493㏄直列4気筒DOHC

以前はレクサスESやカムリなどのハイブリッド車にも使用されていましたが、フルモデルチェンジを機に使用されなくなり、現在(国内)ではアルファードとベルファイアのハイブリッド車のみの1世代前のエンジンとなっています。

 

ここに下記の前後独立した2モーターのアシストが加わります。

・フロント:2JM型:交流同期電動機

・リヤ:2FM型:交流同期電動機

 

 それでは、まずはアルファードハイブリッドのエンジンの最高出力(最大馬力)と最大トルクについて評価していきましょう。

 

【アルファード ハイブリッド車の最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
・ハイブリッドX
・ハイブリッドS
・ハイブリッドG
・ハイブリッドSR
・ハイブリッドエグゼクティブラウンジ
112152/5,700 20621.0/4,400~4800

 

上記のようにエンジンの馬力とトルクを検証すると、ミニバン最大クラスのアルファードにしてはスペックが不足気味です。

 

そうなると気になるのがモーターのスペックです。

 

アルファードのハイブリッド車は、なんとすべてのグレードが4WDになります。

 

フロントモーターとリアモーターが駆動するE-Fourシステムと呼ばれるもので、さすがトヨタの最高クラスミニバンの名に恥じないお金のかかっているハイブリッドシステムが搭載されています。

 

それでは、フロントモーターとリアモーターのスペックを確認していきましょう。

 

【フロントモーター】

モーター型式 最高出力
kW(PS)
最大トルク
N・m(kgf・m)
2JM 105143 27027.5

 

フロントモーターだけでも1.8Lクラスのエンジン同等のスペックを持っており、強力なモーターであることが伺い知れます。

 

【リアモーター】

モーター型式 最高出力
kW(PS)
最大トルク
N・m(kgf・m)
2FM型 50(68) 13914.2

 

リアモーターも、フロントよりは出力は劣りますが、NAの軽自動車1台分に相当する馬力があります。

 

総合すると、ある程度パワーのあるエンジンで、モーターの出力もかなり強力なのでアルファードのような大きな車体(2,140kg~2,240kg)であっても動力源としては十分なスペックをもっていると評価できます。

 

ハイブリッド車をガソリン車と比較するときに参考になる、エンジンとモーターの総合した馬力の値であるシステム出力は以下になります。

 

・アルファードハイブリッドのシステム出力:145kw(197ps)

 

ガソリン車のモデルと比較すると

 

・2.5Lガソリン車・・134kw182ps

3.5Lガソリン車・・221kw301ps

 

ガソリン車と比較すると2.5L車よりは優れているものの、3.5L車には圧倒的な差を付けられているというのがアルファードハイブリッドの、馬力とトルクの特徴です。

参考

⇒【2.5Lは絶対買うな!】アルファードガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

 
スポンサードリンク

 

その2.アルファード・ハイブリッド車の実際の加速感は?

 

アルファードハイブリッドの実際の加速感を評価していきます。

 

アルファードハイブリッドは、システム出力からしても余裕のある馬力やトルクを望むのは難しそうですが、乗ってみると意外にズムーズで驚かされます。

 

その一因ともなっているのが、ハイブリッドトランスアクスル(6速シーケンシャルシフトマチック)という変速機の存在です。

 

複数の動力源をどう活かすかがハイブリッド車の性能になっていきますが、この一体感が優れていると感じられるのがアルファードハイブリッドの加速の第一印象です。

 

次に、モーターのエネルギー源が「ニッケル水素バッテリー」となっているのも注目すべきでしょう。

 

プリウスの上位グレードには、リチウムイオンバッテリーが搭載され、下位グレードにはニッケル水素電池が搭載されています。

 

一般的には、リチウムイオンバッテリーの方がはるかに軽く、高出力なのでメリットが多いとされています。

 

なぜ高級志向のアルファードがニッケル水素バッテリーなのかというと、おそらくアルファードハイブリッドが4WDを採用している点にあると考えられます。

 

ほとんどの状況に優れるリチウムイオンバッテリーも唯一弱点があるとすれば、低温時に性能が顕著に落ちてしまうということです。

 

4WDの車は当然、冬のレジャーにも使われる可能性が高いので、あらゆるシーンで安定して加速するということを考えるとニッケル水素バッテリーの方が有利と考えられます。

 

またニッケル水素バッテリーもかなり進化を遂げているので、モーターの出力もそこまで劣るということはありません。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.アルファード・ハイブリッド0-100km/hの性能は?

 

それでは、実際のアルファードハイブリッドの加速タイムを評価してみましょう。

 

0-100km/hの加速タイムの算出には、各種ネット上のサイトや加速動画のタイムを集計し平均値として出しています。

 

・アルファードハイブリッド(G):10.7

 

2トンもあるどデカい箱が100/hまで加速するのに10秒強と考えればまあ合格点かもしれませんが、決して加速が良いとは言えません。

 

街乗りレベルでどうこういうレベルではありませんが、合流時や急勾配では若干加速不足を感じます。

 

アルファードの他のパワートレーンのアルファードで比較評価してみましょう。

 

2.5Lガソリン車:11.3

3.5Lガソリン車:8.1

 

加速を重視するなら間違いなく3.5Lガソリン車1択になりますね!

参考

⇒【2.5Lは絶対買うな!】アルファードガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

俺の一言!

 

E-Fourシステムや変速機などを見れば、アルファードハイブリッドはさすが高級ミニバンと言わんばかりのフル装備ですが、いざ加速を評価すると価格が高いくせに加速が良くないちょっと残念な車です。

 

あなたの清き1フォローが、より良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力、馬力のあるミニバンをお探しのあなたへ!~

大人気!国産ミニバンの0-100km/h加速ランキング、馬力ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト21!国産ミニバン0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年版】予想外の結果!ベスト12!ミニバン馬力ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもお勧めです!

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

-ハイブリッド/電気自動車/ディーゼル

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.