カソバリヘッダー001

SUV&スペシャリティクラス

【クラス2位】0-100km11.7秒!S660の加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

S660は車両の形状、そしてMR(ミッドシップ・後輪駆動)というレイアウトのために、加速力は軽自動車ではNo.1になるかと思われましたが、残念ながら車両重量が重いために、やや馬力とトルクが不足してしまっています。

 

もし、あなたが、S660の購入を健闘しているのでしたら、今回の記事を読めば、S660の加速力はトップクラスですが、アルトワークスにぶっちぎられてしまうという現実が理解できますので、購入前には確認しておいてください!

 

 
スポンサードリンク

 

その1.S660の馬力とトルクを評価!

 

出典:honda.co.jp

大人気!全軽自動車加速ランキング、ベスト18はこちらです!

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

ホンダS660は、今ではダイハツコペン、ロードスターといった車種以外には絶滅してしまったビートのスピリットを受け継ぐミッドシップスポーツ車です。

 

エンジンは、ホンダでは旧NBOXに搭載された「S07A」エンジンをベースに独自のターボ機構を搭載したモデルになっています。

 

まずは、エンジンの馬力とトルクを検証していきましょう。

 

グレード 最大馬力 最大トルク
β 64ps/6000rpm 10.2kgf・m/2600rpm
α 64ps/6000rpm 10.2kgf・m/2600rpm

 

ターボ仕様のみになっていますので、最大馬力は自主規制値限度の64psになっており、トルクも軽自動車トップクラスの低回転時から粘りを見せる10.2kg/2600rpmになっています。

 

これは、唯一のライバル車「コペン」シリーズの9.4kg/3,200rpmを上回っており、低域からの加速感を予感させるスペックになっています。

 

駆動方式

 

S660の特徴的な点はかつてはホンダではNSXから始まり、前出のビートでも採用されたMR(ミッドシップ)駆動方式にもあります。

 

MRには加様々なメリットがりますが、特に加速の際に有効です。 

 

停車時や、低速からの加速の際には、重心が後ろに傾き、前輪が浮き上がるような姿勢になります。 

 

特に軽自動車のような車重の軽い車種にFF(前輪駆動車)で思いきりアクセルを踏むと、タイヤが空転してしまったり、エンジンの力がうまく路面に伝わらない場合があります。 

 

MRの場合、重いエンジンを車の中心に載せることで、バランスが取れ、加速には十分な安定性と加速力をもたらす効果があります。

 

さらに、コーナーでは、オンザレールのような理想的なラインで攻めることもできることが魅力的ですね。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.S660の実際の加速感を評価!

 

続いて実際の加速感の評価です。 

 

前項で取り上げた、優れたエンジンの馬力・トルクとMRという方式によってS660は軽自動車ではトップクラスの加速性能を持っているといえます。 

 

空気抵抗も少ない地を這うような形も、加速に大きなアドバンテージとなりますが、ただ、一点残念なことは下記のように車体が重いということです。

 【S660車重】

グレード 6MT CVT
β 830kg 850kg
α 830 850

 

ホンダビートの時代と違い、特にオープンカーに関しては衝突安全性能とボディー剛性を出すために車重が重くなる傾向があり、ビートと比較しても最大で90kg車重は増えています。

 

また、軽自動車最速のアルトワークスの車両重量は6速MTで670kg、CVTで690kgとなっていますので、パワーウェイトレシオ、トルクウェイトレシオを比較しても、

車種 パワーウェイトレシオ
速度
トルクウェイトレシオ
加速
S660(6速MT) 13.28kg/ps 81.37kg/kgf・m
アルトワークスFF(6速MT) 10.46kg/ps 65.68kg/kgf・m

 

というようになっており、トルクウェイトレシオ/トルクウェイトレシオは圧倒的にアルトワークスに軍配が上がっており、加速感は期待しているよりはないように見えます。

参考

⇒【軽NO.1】最速王アルトワークスの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

エンジン自体が一般車両のNシリーズと同等のS07Aにターボを独自に搭載したモデルですから、軽自動車という範囲内においてのスポーツ仕様ということで、ピュアスポーツモデルとは呼びにくい性能になっています。

 

ただ、S07Aエンジン自体はノンターボ車の場合は、4700回転でトルクピークを出している高回転型エンジンで、S660のターボ車であってもスペック上の2,600回転から5,000回転の域でトルクピークは維持していますので、CVTよりも6速MTで加速は引っ張った方が加速力は得ることができます。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.S660の0-100km/hのタイムを評価!

 

加速に関して良い特徴と悪い特徴を併せ持つS660ですが、実際の値はどうでしょうか? 

ホンダ自体からは正式な0-100km/hのタイムは発表されませんので、ネット上の情報やyoutube動画などの平均値を算出すると下記のようなタイムになります。

・S660(6速MT):11.71秒

・アルトワークス(6速MT):11.29秒

軽自動車の中では早い部類に入りますが、軽最速のアルトワークスには及びません。

 

専用設計で作られたS660ですがエンジンが一般車のNシリーズと同じ「S07A」型になっていますので、ミッドシップ専用にせめてエンジン自体は変えてもらいたいところではあります。

  

俺の一言

 

S660は車好きにはたまらないミッドシップエンジン・後輪駆動の珍しい車ですが、 ライバルと比べ相当の重量差があり、それが加速性能に影響しています。

 

馬力・トルクに優れたエンジンで、MRレイアウトを採用しているのであれば、もう少し軽さも追い求めてピュアスポーツな設計して欲しかいところです。 

 

とはいっても、実際の購買層がミドルエイジが多いということもありますので、おしゃれな軽自動車で満足なユーザーも多いことが現状です。

 

90年代のような走りを目的にした軽自動車は販売しずらいことが現状ではありますが、ホンダも手ごろな価格のスポーツカーを販売してほしいところですね。

 

まとめ

 

今回はホンダのS660の加速と馬力を評価してきました。

 

S660の加速感、馬力感は軽自動車としては不満は残るものの、トップクラスの速さであると評価できます。

 

よって今回の加速と馬力の評価としては、S660は、太鼓判は押せないけれど、まあまあお勧めできるといったところでしょう。

 

あなたの1フォローがより良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

大人気!軽自動車加速ランキングはこちらです!

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

関連記事

 

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです

 

-SUV&スペシャリティクラス

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.