カソバリヘッダー001

SUV

【2019年版】予想外の結果!ベスト26!国産SUV0-100km加速ランキング!

投稿日:

~加速の良い新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

現在の国産SUVはハイブリッド車も多く、コンパクトカー並みの馬力とトルクのモーターを搭載した車種もあります。

 

ガソリン車、ディーゼル車もクロスオーバータイプが増えてきたこともあり、以前のモッサリとした加速感と違い、スポーツクーペ並みの鋭い加速性能を実現している車種も多くあります。

 

もし、あなたが、鋭い加速力のあるSUVをお探しでしたら、今回の記事の0-100km/h加速ランキングを是非!チェックしておいてください!

 

 
スポンサードリンク

 

ベスト26!国産SUV0-100km/h加速ランキング!

~馬力、トルクのあるSUVをお探しのあなたへ!~

国産SUVの0-100km/h加速ランキング、馬力、トルクランキングはこちらです!

⇒【2019年版】トップ20!最新国産SUV馬力ランキング!

⇒【2019年版】ベスト21!国産ガソリン、ディーゼルSUVトルクランキング!

⇒【2019年版】ベスト11!国産ハイブリッドSUVトルクランキング!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもお勧めです!

 

現在の国産SUVは、ガソリン車、ディーゼル車、ハイブリッド車と群雄割拠している状況です。

 

今回の0-100km/h加速ランキングでは、ガソリン車、ディーゼル車、ハイブリッド車といった全てを含めたランキングを発表していきます。

 

なお、0-100km/hの加速タイムにつきましては、ネット上の各種ユーザレビュー、加速動画、雑誌等のデータを独自集計した平均値になりますので、実際に走行した時とはタイムや順位に誤差が出ることはご了承ください。

 

第26位:日産・エクストレイル20S(ガソリン車)

出典:nissan.co.jp

エクストレイル(ガソリン車)の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【ギリ合格点!】エクストレイル・ガソリン車の3つの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100㎞/hタイム】

・エクストレイル20S(FF):9.18秒

・排気量:1.997cc(ガソリンNA)

・車両本体価格:2,197,800円~

 

ハイブリッドのエクストレイルから、モーターを撮っただけの廉価版となってしまった、エクストレイルのガソリン車。

 

エンジンの性能自体は2.0Lの平均的なスペックになっていますが、車両重量が1,450kg~1,590kgとエンジンに対して重くなってしまっているので、出だしは「モッサリ感」が強く、鋭い加速性能は期待できません。

 

エクストレイル(ガソリン車)の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【ギリ合格点!】エクストレイル・ガソリン車の3つの加速と馬力を徹底評価!

 

(同率)第23位:マツダ・CX-8 XD(ディーゼル)

出典:mazda.co.jp

CX-8 XD(ディーゼル)の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【ガソリンターボを買え!】CX-8ディーゼル車の馬力と加速を徹底評価!

 

【0-100㎞/hタイム】

・CX-8 XD PROACTIVE(4WD):9.1秒

・排気量:2,188cc(ディーゼルターボ)

・車両本体価格:3,693,600円~

 

マツダの最重量クロスオーバーSUVのCX-8の登場です。

 

CX-8に搭載されている、2.2LのディーゼルエンジンはCX-5にも搭載されていますが、車両重量はCX-5よりも200kgほど重い1,820kg~のために、加速力の鋭さは失われてしまっています。

 

ですが、ディーゼル特有の太いトルクで出だし自体はそれ程苦にしませんが、中速以降の加速力は車両重量の重さもあり、伸びがありません。

 

CX-8 XD(ディーゼル)の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【ガソリンターボを買え!】CX-8ディーゼル車の馬力と加速を徹底評価!

 

(同率)第23位:マツダ・CX-3 20S(ガソリン車)

出典:mazda.co.jp

CX-3(ガソリン車)の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【0-100km9.1秒!】CX-3ガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100㎞/hタイム】

・CX-3 20S(6MT/FF):9.10秒

・排気量:1,997cc(ガソリンNA)

・車両本体価格:2,127,600円~

 

2018年のビッグマイナーチェンジ以降、それまでの1.5Lを廃止し2.0L一本になったCX-3。

 

馬力とトルク自体は平均的な2.0Lのスペックになっていますが、車両重量自体は1,250kgと、SUVでは驚くほどの軽量化がなされているために、出だしからの加速力があります。

 

最近では少なくなった6MT車もラインナップされていますので、加速を重視する方は、MT1択になる車種です。

 

CX-3(ガソリン車)の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【0-100km9.1秒!】CX-3ガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

23位:スバル・フォレスターTouring

出典:subaru.jp

フォレスターの馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【残念な遅さ!】新型フォレスターガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100㎞/hタイム】

・新型フォレスターTouring(AWD):9.1秒

・排気量:2498㏄ (レギュラーガソリン)

・車両本体価格:2,808,000円~

 

かつての水平対向エンジンのターボのパンチ力をしっている身からすれば、おとなしくなりすぎた新型フォレスターは加速もマイルドです。

 

世のスバリストたちがこんなフォレスターを求めているのか甚だ疑問ですが、これがスバルの出した答えです。

 

1グレードでいいのでターボを残してほしかったところです。

 

 フォレスターの馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

 ⇒【残念な遅さ!】新型フォレスターガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

第22位:三菱・パジェロGR(ディーゼル車)

出典:mitsubishi-motors.co.jp

パジェロ(ディーゼル車)の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【0-100km9秒!】時代遅れ!パジェロディーゼル車の加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100㎞/hタイム】

・パジェロ ディーゼル GR(4WD):9.0秒

・排気量:3200㏄(ディーゼルターボ)

・価格:3,865,320 円~

 

日常使いには問題ない加速力のパジェロのディーゼル車ですが、ラリー参戦しているベースモデルということを考えてしまうと、若干物足りません。

 

悪路走破性はトップクラスですが、オンロードの加速に関しては不得手と言わざるを得ません。

 

パジェロ(ディーゼル車)の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

 ⇒【0-100km9秒!】時代遅れ!パジェロディーゼル車の加速と馬力を徹底評価!

 

第21位:三菱・エクリプスクロスG(4WD)

出典:mitsubishi-motors.co.jp

エクリプスクロスの馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【0-100km8.9秒!】設定ミス!?エクリプスクロスの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100㎞/hタイム】

・エクリプスクロス G(4WD):8.9秒

・排気量:1498㏄(ガソリンターボ)

・車両本体価格:2,934,360 円 ~

 

ダウンサイジングターボのエンジンはは1.5Lですが、意外と燃費を意識しているので、尖った感じのないエンジンです。

 

日常の使い方では不満の出てくるレベルではないですが、加速を重視するドライバーや悪路を走破したい人には少し物足りない性能です。

 

 エクリプスクロスの馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【0-100km8.9秒!】設定ミス!?エクリプスクロスの加速と馬力を徹底評価!

 

20位:レクサス・RX300 "F SPORT"

出典:lexus.jp

レクサス・RX300の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【0-100km約9秒!】パワー不足!レクサスRX300の加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100㎞/hタイム】

・レクサスRX300"F SPORT"(FF):8.8秒

・排気量:1998㏄(ガソリンターボ)

・車両本体価格:5,801,000円 ~

 

エンジンのパワーは確かにありますが、それ以上に車重が1900kg近くあるので出だしが苦しいです。

 

レクサスRXに関してはハイブリッドモデルの方が、軽快な加速感が得られるので、それと比較してしまうとガソリンターボ車の影が薄くなってしまいます。

 

 レクサス・RX300の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

 ⇒【0-100km約9秒!】パワー不足!レクサスRX300の加速と馬力を徹底評価!

 

第19位:レクサス・UX200"F SPORT"(ガソリン車)

出典:lexus.jp

 レクサス・UX200の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【意外と速い】0-100km8.7秒!レクサスUX200の加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100㎞/hタイム】

レクサスUX200"FSPORT":8.7秒

・排気量:1986㏄

・車両本体価格:3,900,000円~

 

2018年の11月にデビューしたレクサスSUVの末っ子的存在のUX200ですが、ノンターボの2.0Lの排気量でありながら、馬力は174psを搾り出します。

 

さらに、ヘビー級が多いレクサスの中では車両重量は1,470kg~1,500kgとかなり軽量化されていますので、加速力は意外にもあります。

 

ただ、ダウンサイジングターボ車に一石を投じるコンセプトなのはわかりますが、レクサスの名を冠するのであれば、もう少しパワーが欲しいところです。

 

 レクサス・UX200の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【意外と速い】0-100km8.7秒!レクサスUX200の加速と馬力を徹底評価!

 

18位:日産・エクストレイル20S HYBRID

出典:nissan.co.jp

エクストレイル・ハイブリッドのエンジン、モータースペック、実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【8秒台!】エクストレイル・ハイブリッドの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100km/hタイム】

・エクストレイル20S HYBRID(FF):8.3秒

・排気量:1.997cc+2モーター

・車両本体価格:2,589,840円~

 

前輪用モーター143ps、後輪用モーター68psという強力なモーターは、ほかのハイブリッド車と比べると群を抜いて優れています。

 

その割にはシステム出力の値が低いのは、制御と電池の問題かと思われます。

 

もう少し、モーターとエンジンの力を解放させてあげたいものです。

 

 エクストレイル・ハイブリッドのエンジン、モータースペック、実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【8秒台!】エクストレイル・ハイブリッドの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

17位:トヨタ・ハリアーハイブリッドELEGANCE

出典:toyota.jp

ハリアー・ハイブリッドのエンジン、モータースペック、実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【0-100km8秒台!】ハリアーハイブリッドの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100km/hタイム】

・ハリアーハイブリッドELEGANCE:8.2秒

・排気量:2,493cc+2モーター

・車両本体価格:3,774,600円〜

 

ターボ車が追加されたせいで、加速性能が埋もれてしまった感があるハリアーハイブリッドです。

 

システム出力(馬力)が197psもあるのでもう少しタイムが出てもいいと思うのですが、燃費重視の制御になっているのでマイルドな加速になっています。

 

 ハリアー・ハイブリッドのエンジン、モータースペック、実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【0-100km8秒台!】ハリアーハイブリッドの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

(同率)第15位:ホンダ・新型CR-V EX(ガソリン車)

出典:honda.co.jp

新型CR-Vガソリン車の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【2.5L並みのハイパワー!】新型CR-Vガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100km/hタイム】

・新型CR-V EX:8.1秒

・排気量:1496㏄(ガソリンターボ)

・車両本体価格:3,230,280円~

 

CR-Vのガソリン車のターボエンジンはとにかくすばらしく、1.5Lエンジンながら190psの馬力を発生させる超高出力エンジンです。ただ、CR-VLクラスのSUVなのでタイムはこの程度に留まっています。同じ機構で1.8Lぐらいの排気量があれば、とんでもない加速マシンになっていたことでしょう。

 

 新型CR-Vガソリン車の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【2.5L並みのハイパワー!】新型CR-Vガソリン車の加速と馬力を徹底評価!

 

第15位:レクサス・UX250h“F SPORT”(ハイブリッド車)

出典:lexus.jp

レクサスUX250hの馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【予想外に速い】0-100km8.1秒!レクサスUX250hの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100㎞/hタイム】

レクサスUX250h"FSPORT":8.1秒

・排気量:1986㏄+1モーター(4WDは2モーター)

・車両本体価格:4,250,000円~

 

2018年11月にデビューしたUXのハイブリッド版UX250hですが、排気量はガソリン車のUX200と同じ2.0Lで、4WDは前後に2基のモータを装備していますが、リアモーターの出力は非常に貧弱な7ps、トルクは5.6kgf・mとなっていますので、レクサスのハイブリッドSUVとしては心許ない仕様になっています。

 

ですが、レクサスのSUVの中では最軽量モデルであるので、パワーウェイトレシオ、パワートルクレシオは優れています。

 

CH-Rのレクサス版ではなく、全くの別車種となっています。

 

レクサスUX250hの馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【予想外に速い】0-100km8.1秒!レクサスUX250hの加速と馬力を徹底評価!

 

第14位:トヨタ・新型RAV4 HYBRID X(ハイブリッド車)

新型RAV4 ハイブリッド 0-100km/h加速タイムを評価

出典:toyota.jp

新型RAV4ハイブリッドの馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【朗報】0-100km8.0秒!新型RAV4ハイブリッドの加速と馬力を評価!

 

【0-100㎞/hタイム】

・RAV4 HYBRID X(4WD):8.0秒

・排気量:2487㏄+1モーター(4WDは2モーター)

・車両本体価格:3,202,200円〜

 

2019年4月に販売が開始された、新型RAV4のハイブリッド車登場です!

 

先代までは、クロスオーバー的な色合いが強かったのですが、今回の5代目からは加速性能はもちろん、走破性もハイブリッドSUVの中ではトップクラスになっています。

 

なお、ガソリン車のRAV4は走破性重視になっていますので、0-100km/hの加速タイムは10.0秒とランク外になっています。

 

新型RAV4ハイブリッドの馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【朗報】0-100km8.0秒!新型RAV4ハイブリッドの加速と馬力を評価!

 

13位:ホンダ・ヴェゼルHYBRID RS

出典:honda.co.jp

ヴェゼル・ハイブリッドのエンジン、モータースペック、実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【0-100km7秒台!】ヴェゼルハイブリッドの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100km/hタイム】

・ヴェゼルHYBRID RS(スポーツモード):7.8秒

・排気量:1,496cc+1モーター

・車両本体価格:2,810,000円~

 

あまり早いイメージの無いヴェゼルのハイブリッド車ですが、ミドルクラスの無駄の無いボディサイズと7DCTの出来がすばらしく、優秀な加速性能を実現しています。

 

DCT(デュアルクラッチトランスミッション)とは?

手動変速機(マニュアルトランスミッション、MT)と同じ平行軸歯車とクラッチを2系統持つ。

片方が奇数段を、もう片方が偶数段を担当し、それらを交互に繋ぎ変えながら変速する。変速時には次のギアが待機状態にある。

クラッチ操作および変速操作はコンピュータ制御により自動的に行われるため、操作は通常のATと同じである。

出典:wikipedia

 

4WDの性能は、そこまで本格的なものではないので、雪道を年12回走る程度なら2WDのほうが軽くて加速が良いです。

 

ヴェゼル・ハイブリッドのエンジン、モータースペック、実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【0-100km7秒台!】ヴェゼルハイブリッドの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

12位:レクサス・NX300h“F SPORT”

出典:lexus.jp

レクサスNX300hハイブリッドのエンジン、モータースペック、実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【0-100km7秒台!】レクサスNX300hの加速と馬力評価!

 

【0-100km/hタイム】

・レクサスNX300h“F SPORT”(AWD):7.7秒

・排気量:2,493cc+2モーター

・車両本体価格:5,971,000円~

 

タイムはFスポーツの値ですが、ノーマルのNX300hとは加速に関するチューンはそこまで大掛かりなものでもないので、Fスポーツのギラギラ感が嫌な方は普通のNX300hでも同等の加速を得られます。

 

ハリアーハイブリッドと同じパワートレーンながら、変速機のセッティングがNXの方がスポーティなのでタイムにも違いが出ています。

 

 レクサスNX300hハイブリッドのエンジン、モータースペック、実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【0-100km7秒台!】レクサスNX300hの加速と馬力評価!

 

第11位:日産・ジューク16GT FOUR

出典:nissan.co.jp

ジュークの馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【CVTがヤバイ!】0-100km7.6秒!ジュークの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100km/hタイム】

・ジューク16GT FOUR(4WD):7.6秒

・排気量:1618㏄(ガソリンターボ)

・車両本体価格:2,721,600円~

 

ジュークの上位グレードがランキングに入りました。

 

最近はエコの風潮もあり、加速を追い求めたグレードが少なくなる中、時代に逆行しているグレードにも見えますが、加速を重視する私たちには願ってもないモデルになっています。

 

エントリーモデルが多いコンパクトなUSVでここまでの加速性能の仕上がりになっているのは素晴らしいです。

 

 ジュークの馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【CVTがヤバイ!】0-100km7.6秒!ジュークの加速と馬力を徹底評価!

 

10位:マツダ・CX-5 XD(ディーゼル)

出典:mazda.co.jp

CX-5 ディーゼル車の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【SUV最速ディーゼル!】CX-5・XDの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100km/hタイム】

・CX-5 XD L-PKG( 4WD):7.5秒

・排気量:2188㏄(ディーゼルターボ)

・車両本体価格:3,558,600円~

 

トルクが45.9kgmもある、力自慢のCX-5のディーゼル車がランキングに入りました。

 

高回転になると辛さも見えてくるディーゼルエンジンンですが、他社のディーゼルエンジンよりも素直にふけ上がるエンジンは気持ちの良い加速を実現しています。

 

 CX-5 ディーゼル車の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【SUV最速ディーゼル!】CX-5・XDの加速と馬力を徹底評価!

 

9位:マツダ・CX-8 2.5T(ガソリン車)

出典:mazda.co.jp

CX-8ガソリン車の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【0-100km7.5秒!】CX-8ガソリン車の馬力と加速を徹底評価!

 

【0-100km/hタイム】

・CX-5 25T L Package(2WD):7.25秒

・排気量:2488㏄(ガソリンターボ)

・車両本体価格:3,326,400円~

 

発売当初には無かったCX-8のターボモデルがランキングに食い込んできました。

 

今回の調査では第10位のCX-5XD)と同じタイムになりましたが、馬力が230psCX-5XD)の190psを大きく上回ったので上位にしました。

 

3列シートの大型SUVながら伸びのあるターボで、SUVにありがちなモッサリした雰囲気とは無縁の加速が持ち味です。

 

若干伸びに欠けるのが難点です。

 

CX-8ガソリン車の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【0-100km7.5秒!】CX-8ガソリン車の馬力と加速を徹底評価!

 

8位:トヨタ・ランドクルーザーGX

出典:toyota.jp

ランドクルーザーの馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【0-100km7.4秒!】ランドクルーザー200系の加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100km/hタイム】

・ランドクルーザー(GX):7.4秒

・排気量:4608㏄(ガソリン)

・車両本体価格:4,739,040円~

 

THESUVともいえる日本を代表する四駆として誰もが認めるランドクルーザーは加速もなかなかのものです。

 

4.6LV8エンジンのパワーで押し切る走り味で、24302690kgの車体でも確実に加速していきます。

 

ランドクルーザーの馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【0-100km7.4秒!】ランドクルーザー200系の加速と馬力を徹底評価!

 

7位:日産・ジュークNISMO

出典:nissan.co.jp

ジュークNISMOの馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【0-100km7.4秒!】加速力は同じ!ジュークNISMOの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100km/hタイム】

・ジュークNISMO:7.4秒

・エンジン:1618㏄(ガソリンターボ)

・車両本体価格:2,971,080円~

 

手ごろなサイズ感のSUVのジュークですが、NISMOバージョンはやりすぎな程に過激です。

 

1.5Lの通常モデルよりも76psもアップしている馬力はオバースペック気味ですが、エンジンの吹け上りを重視する人にはもってこいのSUVに仕上がっています。

 

 ジュークNISMOの馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【0-100km7.4秒!】加速力は同じ!ジュークNISMOの加速と馬力を徹底評価!

 

6位:トヨタ・ハリアーELEGANCE(ガソリンターボ)

出典:toyota.jp

ハリアーガソリン車の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【ターボ1択!】ハリアーガソリン車の3つの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100km/hタイム】

・ハリアーELEGANCE(ターボ)FF:7.3秒

・エンジン:1998㏄(ガソリンターボ)

・車両本体価格:3,380,400円〜

 

ダウンサイジングターボの2.0Lターボのハリアーは、自然吸気もでるとは全く違った性格で、鋭い吹け上りと十分すぎる加速を味わうことができます。

 

大型の高級サルーンから乗り換えても不満も出ないくらいの加速性能の仕上がりはさすが、トヨタの高級SUVであるハリアーにふさわしい風格を感じさせます。

 

ハリアーガソリン車の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【ターボ1択!】ハリアーガソリン車の3つの加速と馬力を徹底評価!

 

5位:日産・ジュークNISMO RS

出典:nissan.co.jp

ジュークNISMO RSの馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【ミドルクラスSUV最速!】ジュークNISMO RSの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100km/hタイム】

・ジュークNISMO RS:7.25秒

・排気量:1618㏄(ガソリンターボ)

・車両本体価格:3,468,960円~

 

やり過ぎに思えたジュークNISMOをさらにチューンしてしまった、良い意味でマニア使用のモデルです。ボディのサイズ感からは考えられない馬力の214psをたたき出しています。

 

遅めのスポーツカーなら射影距離にも入りそうなスポーツSUVになっているので、オンロードでの加速を重視する人にはおススメのSUVです。

参考

⇒【最新版】国産スポーツクーペ0-100km/h加速ランキング!

 

ジュークNISMO RSの馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【ミドルクラスSUV最速!】ジュークNISMO RSの加速と馬力を徹底評価!

 

4位:マツダ・CX-5 2.5T(ガソリン車)

出典:mazda.co.jp

CX-5 2.5Tの馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【SUV最速クラス!】CX-5・25Tガソリンターボ車の加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100km/hタイム】

・CX-5 25T L Package(2WD):7.25秒

・排気量:2488㏄(ガソリンターボ)

・車両本体価格:3,326,400円~

 

CX-5のターボモデルがランキング上位に来ています。

 

9位にもディーゼルモデルが入っていますが、それよりも追加されたターボモデルの方が加速性能は高く、ガソリンターボなので高速域での伸びもばっちりです。

 

4WDモデルを選べば、悪路でもオンロードでも納得のパフォーマンスをえられること間違いなしです。

 

CX-5 2.5Tの馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【SUV最速クラス!】CX-5・25Tガソリンターボ車の加速と馬力を徹底評価!

 

3位:レクサス・RX450h

出典:lexus.jp

レクサス・RX450hハイブリッドのエンジン、モータースペック、実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【0-100km7.2秒!】レクサスRX450hの加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100km/hタイム】

・レクサスRX450h"F SPORT"(AWD):7.2秒

・排気量:2488cc+2モーター

・車両本体価格:7,176,000円~

 

日本が生んだ高級ブランドレクサスのSUVであるRXのハイブリッド車は加速力もハンパないです。

 

各社ハイブリッドのSUVはラインナップしていますが、ここまで加速が良いハイブリッド車のSUVを作り上げたのはレクサスだけです。

 

エコ・走破性・加速性のどれも犠牲にしたくない欲張りなドライバーでもしっかりと満足させてくれるのは、加速の良いRX450hだけです。

 

レクサス・RX450hハイブリッドのエンジン、モータースペック、実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【0-100km7.2秒!】レクサスRX450hの加速と馬力を徹底評価!

 

2位:レクサス・NX300(ガソリン車)

出典:lexus.jp

レクサス・NX300ガソリン車の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【SUV最速クラス!】レクサスNX300の加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100km/hタイム】

・レクサスNX300"F SPORT"(2WD):6.7秒

・排気量:1998㏄(ガソリンターボ)

・車両本体価格:5,711,000円~

 

スポーツカー並みの2.0Lターボの性能により、鋭い加速が得られます。

 

ハリアーと同じ排気量でここまでのタイム差が出るのは6ATの影響が出ています。

 

レクサスISなどのスポーティサルーンから乗り換えても全然遜色ない加速力を誇ります。

 

レクサス・NX300ガソリン車の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【SUV最速クラス!】レクサスNX300の加速と馬力を徹底評価!

 

1位:レクサス・LX570

出典:lexus.jp

レクサス・LX570の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【SUV最速!】0-100km6.5秒!レクサスLX570の加速と馬力を徹底評価!

 

【0-100km/hタイム】

・レクサスLX(LX570):6.5秒

・排気量:5662㏄(ガソリン)

・車両本体価格:11,150,000円~

 

5662㏄のエンジンからくりだされる加速は圧巻の一言です。レクサスLXはグローバルに売られる車なので日本車離れしたエンジンの大きさです。

 

最大クラスのボディサイズのレクサスLXですが、それをまったく感じさせない馬力とトルクが、ランキングトップの所以です。

 

レクサス・LX570の馬力、トルクなど実際の加速感などの詳細はこちらです!

⇒【SUV最速!】0-100km6.5秒!レクサスLX570の加速と馬力を徹底評価!

 

 

 
スポンサードリンク

 

俺の一言

 

上位にはレクサス勢が多くラインナップしていますが、レクサスそのものが燃費よりも走りをメインとした車種ということが言えます。

 

現在、各社は加速や走りよりも燃費を重視している傾向が強くなってきてしまっていますが、せめて1グレードは加速重視のモデルを残しておいてほしいところです。

 

 

あなたの清き1フォローをよろしくお願いいたしますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速の良い車をお探しのあなたへ!~

大人気!各クラス別の0-100km/h加速ランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト21!国産ミニバン0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年版】国産スポーツクーペ0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年版】ベスト21!国産コンパクトカー0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後日読んでみるのもお勧めです!

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

 
スポンサードリンク

 

関連記事

 

⇒【2019年版】国産スポーツクーペ0-100km/h加速ランキング!

⇒【2018年】ベスト21!国産コンパクトカー0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年版】ベスト21!国産ミニバン0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒もくじはこちらです

-SUV

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.