カソバリヘッダー001

ハイトワゴンクラス

【異常に遅い】0-100km15秒!eKワゴン/カスタムの加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

eKワゴン、eKカスタムは車両重量が重たいために、ターボ車の馬力とトルクでも軽自動車の中では加速性能はトップクラスではありません。

 

もし、あなたが、eKワゴン、eKカスタムの購入を検討しているのでしたら、今回の記事を読めばターボ車であっても加速性能は期待できないことがわかりますので、購入前には必ず確認をしておいてください!

 

 
スポンサードリンク

 

その1.eKワゴン/eKカスタムの馬力とトルクを評価!

出典:mitsubishi-motors.co.jp

大人気!全軽自動車加速ランキング、ベスト18はこちらです!

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

eKワゴン、eKカスタムのような軽ハイトワゴンクラス車は加速や馬力を追及するようなモデルではないと思う方もいると思います。

 

しかし、日常生活の中ではファミリーカーならではの、人数を乗せた場合や、上り坂、幹線道路の合流時など、特に「飛ばす」為ではなく「快適」ために加速性能は需要だといえます。

 

eKワゴンは他社のライバル車と同様に、通常モデルの「eKワゴン」と上位モデルの「eKカスタム」というラインナップで販売されています。

 

eKワゴンは三菱と日産で共同開発して作られた車です。

 

そしてエンジンを担当したのは三菱モータースで、エンジンはeKシリーズ、並びに日産の「デイズ」シリーズと同様に下記のようになります。

・自然吸気(ノンターボ):3B20型 659cc 直3 DOHC MIVEC

・ターボ:3B20型 659cc 直3 DOHC MIVEC インタークーラーターボチャージャー

 

では実際のスペックを見ていきましょう。

 

【eKワゴン/eKカスタム 最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
【ノンターボ】
・E e-Assist
・M e-Assist
・G Safety Package
36(49ps) / 6,500 59 (6.0) / 5,000
【ターボ】
・T Safety Package
47 (64ps)/ 6,000 98(10.0) / 3,000

※カスタム含む

 

上記のようにノンターボモデルの馬力は、国内各社の軽ハイトワゴン、軽自動車全体で見ても最低となってます。

 

日産のデイズと同じエンジンなのでハイトワゴンクラスでは同率、最下位の値でとなっており、後述しますが、加速に関しての評価は残念なものになりそうです。。。

 

ですが、以前はアイドリングストップ車は最大トルクが

・5.7kg・m/5500rpm

と小さく設定してありましたが、2018年5月28日のマイナーチェンジで上記の表のように改善されました。

 

一方のターボモデルに関しては、軽自動車の自主規制値いっぱいまで最大馬力設定してあり、トルクの最大値も悪くない値です。

 

ということで、ノンターボ車に関しては、かなり数値が悪いことを理解したうえで、実際の加速感について検証、評価してみましょう。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.eKワゴン/eKカスタム実際の加速感を評価!

出典:mitsubishi-motors.co.jp

 

続いて実際の加速感の評価です。

 

まず、ノンターボ車の加速は正直、良くありません。

 

エンジンの動力性能が他社に比べて低く、車体の重さもハイトワゴンクラス最軽量のワゴンRと比較すると100kg近く重く、ノンターボ車では最廉価グレードで830kg~890kgと重量級であることも影響しています。

参考

⇒【クラス最速!】ワゴンRの軽トップクラスの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

ということで、ノンターボ車はお話になりませんので、ターボ車を中心に考えていきたいと思います。

 

ターボモデルはeKワゴンは、eKカスタム両方に設定されています。共同開発されたデイズとデイズハイウェイスターと混同する方もいるかと思いますが、デイズの場合はハイウウェイスターにしかターボモデルがありません。

 

eKワゴンは、eKカスタムはよりも装備品が少く、20kg軽量の「T Safety Package」860kgで、姉妹車の日産「デイズ・ハイウェイスターGターボ」と比較しても、同様に20kg軽いので共同開発したeKワゴン・デイズの中では、ほんの少しですが、一番加速性能が高いといえます。

【デイズハイウェイスター】

出典:nissan.co.jp

参考

⇒【購入は待て】ターボ1択!デイズの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

さらに、eKカスタムの「T」モデルは15インチアルミホイール、14インチアルミホイールになっております。14インチのアルミホイールの方がタイヤの径が大きく取れるためタイヤのグリップ性能が増します。

 

ですからeKカスタムのほうが明らかに見た目はスポーティなのですが、eKワゴンの「T Safety Package」が一番加速を得意とするモデルだといえます。

 

確かにコーナリングでの加速性能はeKカスタムのほうが有利と言えますが、もともと両車共に重心が高いモデルですから、その点はあまり気にする必要が無いと思います。

 

では次に、実際の加速タイムを検証していきましょう。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.eKワゴン/eKカスタムの0-100km/h加速タイムを評価!

出典:mitsubishi-motors.co.jp

 

eKワゴンの加速についての、実際の値はどうでしょうか?

 

ネット上のサイトや動画等から独自集計した平均値になりますが、実際に0-100km/hの加速タイムを検証すると、以下のタイムになります。

・eKカスタム T Safety Package(ターボDsレンジ) :15.3秒

・eKワゴン M e-Assist:18.03秒

 

eKワゴンの「3B20型」エンジンはショートストロークエンジンのため、出だしは苦手なうえにCVTは、「燃費不正問題」発覚以後に多少エコ重視から加速重視に変更されたものの、依然としてタイムの結果は良くありません。

 

ターボ車のタイムに関しても、クラス最下位クラスのタイムとなっております。

 

かえって「Lレンジ」という(ATでいうローギア)を上手く使った方が上記のタイムを上回る良いタイムを出すことが可能です。

 

ただ、馬力や加速感を得るために、そういった小技を使わなくとも「Dレンジ」でアクセルを強く踏んだ時には、それなりの加速はしてほしいものです。。。

 

俺の一言

 

ご存じの方も多いと思いますが、「燃費不正問題」発覚以後の、国土交通省に提出された燃費がひどい値に修正されています。

 

ターボ車の加速はクラス最下位で、燃費も改ざん・・積極的に選ぶ理由を見つけるのが難しいでしょう。

 

ご家族、ご友人にディーラー従業員がいる場合、もしくは熱烈な三菱ファン以外は購入は控えた方が良いです。

 

あなたの1フォローがより良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

大人気!軽自動車加速ランキングはこちらです!

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

関連記事

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【購入は待て】ターボ1択!デイズの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【期待外れ】トルクが細い!キャストの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【クラス最速】軽N/A最大馬力!NONEの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【クラス最下位!】ムーヴキャンバスの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【加速イマイチ】軽量化に失敗?NWGNの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【クラス最速!】ワゴンRの軽トップクラスの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【ターボも遅い】3分でわかる!ムーヴの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです

-ハイトワゴンクラス

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.