カソバリヘッダー001

ハイブリッド/電気自動車

【0-100km10.9秒!】決して速くない!イグニスの加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

~加速の良い新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

イグニスは1.2Lのマイルドハイブリッド車ですが、車両重量は880kgと軽自動車並みに軽量化されていますので、馬力感、トルク感は実際のスペック以上に感じることができます。

 

ですが、所詮、1.2LなのでSUVの中では加速力はあまりありません。

 

今回の記事では、イグニスの加速性能、馬力、トルクについて詳しく解説いたしますので、是非、最後までお読みください!

 

 
スポンサードリンク

 

その1.イグニスの馬力とトルクを評価!

 

出典:suzuki.co.jp

~加速力、馬力、トルクのあるSUVをお探しのあなたへ!~

国産SUVの0-100km/h加速ランキング、馬力、トルクランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト23!国産SUV0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年版】ベスト11!国産ハイブリッドSUVトルクランキング!

⇒【2019年版】トップ20!最新国産SUV馬力ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもお勧めです!

 

イグニスのパワートレーンは1.2Lのデュアルジェットエンジンにマイルドハイブリッドを搭載したものです。

 

この1パターンのみという分りやすい設定になっています。

 

イグニスに使用されているエンジンとモーターは以下の通りです。

・K12C型:1,242cc 直列4気筒DOHC

・WA05A型:直流同期電動機

 

上記のK12C型エンジンと WA05A型モーターの組み合わせは、「スイフト」「ソリオ」のマイルドハイブリッドと同じものを使用しています。

参考

⇒【本気で遅い!】スイフトハイブリッド、マイルドハイブリッドの加速と馬力を徹底評価!

⇒本気で非力!ソリオハイブリッド/マイルドハイブリッドの加速と馬力を徹底評価!

 

それでは早速、スズキ・イグニスの最高出力(最大馬力)と最大出力を検証、評価していきましょう。

 

【イグニスのエンジンの最高出力と最大出力】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
MG
・MX
・MZ
67(91PS)/6,000 118(12.0kgf・m)/4,400

 

上記のようにイグニスの馬力とトルクを検証すると、エンジン性能は、排気量を考えればいたって並みです。

 

ただ1.2LというSUVにしては、とても小さなエンジンですから少々心もとない気もします。

 

そこに組み合わされるのは、モーターになります。

 

イグニスに使用されるモーターは以下の通りです。

 

【イグニスの最高出力と最大出力】

モーター 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
・WA05A型 2.3(3.1ps)/1,000 50(5.1kgf・m)/100

 

上記のようにモーターのスペックは非常に小さいものです。

 

これは、マイルドハイブリッドという、停止時からの加速のみモーターがアシストするハイブリッドシステムになっていますので、通常時にはモーターは一切動かないということで、このような貧弱な馬力とトルクになっています。

 

しかし、イグニスのような小型エンジンの車にとって、発進時は猫の手も借りたい状況なので、そこにモーターパワーが加わるということはとても重要ことです。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.イグニスの実際の加速感は?

 

それではイグニスの実際の加速感を評価しましょう。

 

イグニスのエンジンの特徴は、デュアルジェットエンジンを採用していることにあります。

 

デュアルジェットエンジンとは、通常のエンジンは燃料噴射装置のインジェクターを1気筒に1つ備えているのが特徴ですが、イグニスの場合1気筒に2つついているのが特徴です。

 

そのことによりスペックよりも意外に加速力があるという評価をされています。

 

さらに、MZグレードのFF車で880kgという軽自動車並みの軽量ボディも加速にとってはプラスな点です。

 

エンジンの特性やハイブリッド、軽量な車体、これらの条件がそろうことによって、イグニスは小型のエンジンながらキビキビした加速感を得ることができます。

 

当然スポーツカーのような鋭い加速感や馬力感ではありませんが、可愛いコンパクトカーのつもりで乗ると「おおっ!」という驚きがあります。

 

燃費も重視しているので、加速に有利なATでなくCVTの採用ですが、MZグレードならマニュアルモードも使えるため、効率よく加速させることが可能です。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.イグニスの0-100km/hの加速タイム

 

加速感は、小排気量の割には意外に高評価のイグニスですが、実際のタイムはどうでしょうか?

 

0-100/hの加速タイムをもとに考えてみたいと思います。

 

加速タイムについては、各種ネット上のユーザーレビューや加速動画、雑誌等のタイムを独自集計した平均値になります。

 

・イグニスMZ(FF):10.9秒

 

いくら軽量化した車両重量でも1.2Lのエンジンでは限界があります。

 

同じ小型系のSUVでいうと、同じスズキのジムニーシエラが11.9秒ですから、小型SUVではなかなか好成績とも言えます。

参考

⇒【SUV最低レベル!】新型ジムニーシエラの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

しかし、半数以上のSUVは、0-100km/hの加速タイムは10秒は切って当たり前なので、絶対的な速さは期待できません。

 

ジムニーシエラのように本格的な4WDを搭載しないことで、軽快な走りを実現しているので、イグニスを選ぶなら個人的にはFF車がおすすめです。

 

正直言いまして、イグニスの4WDシステムは、ジムニーシエラに比べると気休め程度なので、毎年決まって積雪のある地域や、荒れ道を走る機会の無い人にとってはお荷物でしかありません。

 

その分が軽くなるのでイグニスで加速を求めるなら、MZグレードのFF車がおすすめです。

 

俺の一言

 

小排気量ながらキビキビ走るイグニスは評価が高いですが、実際の加速性能を見てみると、あくまでも「小さいエンジンだから・・」という偏見ありきのものです。

 

実際には絶対的な速さは皆無で、馬力を重視する人には物足りない印象です。

 

あなたの清き1フォローが、より良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

~加速力、馬力、トルクのあるSUVをお探しのあなたへ!~

国産SUVの0-100km/h加速ランキング、馬力、トルクランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト23!国産SUV0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年版】ベスト11!国産ハイブリッドSUVトルクランキング!

⇒【2019年版】トップ20!最新国産SUV馬力ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもお勧めです!

 

-ハイブリッド/電気自動車

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.