カソバリヘッダー001

ガソリン車

【SUV最速!】0-100km6.5秒!レクサスLX570の加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

~加速の良い新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

レクサスLXは国内で正規に販売されているSUVの中では最重量の2680kg~2730kgという車両重量をになっていますが、巨大な排気量と化け物じみた馬力とトルクで国産SUVでは最速の加速力を誇っています。

 

今回の記事では、レクサスLXの加速力、0-100km/hの加速タイムが如何に素晴らしいかがよく理解できますので、是非、最後までお読みください!

 

 
スポンサードリンク

 

その1.レクサスLXの馬力とトルクを評価!

 

出典:lexus.jp

~加速力、馬力、トルクのあるSUVをお探しのあなたへ!~

国産SUVの0-100km/h加速ランキング、馬力、トルクランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト23!国産SUV0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年版】ベスト21!最新!国産SUVトルクランキング!

⇒【2019年版】トップ20!最新国産SUV馬力ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもお勧めです!

 

レクサスLXは国内最大クラスのSUVですからエンジンの大きさもそれに見合うものとなっており、5.7Lエンジンを積んでいます。

 

レクサスLXに使用されるエンジンは以下のものになります。

・3UR-FE型:5,662cc V型8気筒DOHC

上記の大排気量エンジンは、国内ではレクサスLXのみに搭載されていますが、国外では北米仕様の「ランドクルーザー」の最上位モデルにも搭載されているエンジンになります。

 

大型のSUVはガソリンエンジンよりもトルクの出やすいディーゼルエンジンが採用されることもありますが、レクサスLXの場合5.7Lクラスの大排気量のガソリンエンジンで大型ボディもビクともしない加速を得ています。

 

それではレクサスLXのSUVクラスというクラスを越えても最大級のエンジンの最高出力(最大馬力)と最大トルクを早速評価してみましょう。

 

【レクサスLXの最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
LX570 277377/5,600 53454.5/3,200

 

上記のように検証すると、レクサスの最上級SUVに恥じない評価の圧巻のスペックです。

 

ちなみに、国内2位の大排気量の「ランドクルーザー」の馬力とトルクは、

・最高出力(最大トルク):234kW(318ps)/5,600rpm

・最大トルク:460N・m(46.9kgf・m)/3,400rpm

となっていますので、いかにレクサスLXの馬力とトルクが優れているかが理解できると思います。 

参考

⇒【0-100km7.4秒!】ランドクルーザー200系の加速と馬力を徹底評価!

 

SUVは日本だけでなく世界規模で車のトレンドとなっており、パワートレーンも各社凌ぎを削って多種多様なものが開発されています。

 

しかし、レクサスLXはそれを嘲笑うかのようにNAのガソリンエンジンを大型化することで、力でねじ伏せています。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.レクサスLXの実際の加速感は?

 

それでは、レクサスLXの実際の加速感を検証していきましょう。

 

レクサスLXの加速感の評価はまさにラグジュアリーそのものです。

 

5.7Lもある大排気量エンジンによって、2680kg~2730kgという3トンに近い車体であっても、ほぼ全域で余裕のある馬力感・加速感を得ることができます。

 

例えるなら、子供が思いっきり走るのと同じ速度で、オリンピックの陸上選手が小走りするのと似ています。

 

軽トラでも確かに全力近いパワーで100km/hで高速道路を巡航することは出来ますが、レクサスLXにとって100km/hは小走り程度になります。

 

そのため、高速巡航でも全くストレスなくまるで高級サルーンに乗っているような加速感で巡航することができます。

 

V8エンジンなので、馬力も吹け上がりも良好でターボのような鋭さはありませんが、どの速度域でも息切れすることなく気持ちよく加速していくことが出来ます。

 

弱点を挙げるとすれば、日本に良く見られる細い路地や、山道のワインディングなどでは、幅広背高の車体が邪魔をして本来の馬力や加速性能を活かすことができなくなります。

 

そういった、小回りが求められるシーンで加速性能を発揮できるとなると、「レクサスNX」あたりのほうが得意になるので、レクサスLXは直線でパワーを感じられるような走り方が似合います。

 参考

⇒【SUV最速クラス!】レクサスNX300の加速と馬力を徹底評価!

 

速度は出ていてもそれを感じない加速感がレクサスLXの評価できるところです。

 

ゆったりと、千葉の通称「波乗り道路」九十九里浜有料道路なんかを晴れた日に走ったら気持ちよさそうですね。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.レクサスLXの0-100km/h加速タイム

 

大型エンジンの馬力とトルクで余裕の加速が持ち味のレクサスLXの実際の加速のタイムはどうでしょうか?

 

レクサスLXは海外でも人気のモデルなので、世界各国のユーザーやレビュー動画を参考にして独自集計した平均値が以下の値になります。

 

・レクサスLX(LX570):6.5秒

 

さすがレクサスの最上級SUVです。

 

レクサスLXの0-100km/Lの加速タイム6.5秒は国産SUVの中では最速のタイムになります。

 

2.7トンもある車体をグイグイ引っ張り加速して、スポーツカー並みのタイムをたたき出しており、

「車体の重さなんてエンジンが大きければ何とでもなる!」

ということを証明しています。

 

内装も超豪華・重い車体・空気抵抗を受けやすい背高ボディなど、加速性能を阻害するものがいくつも見つけられるのにこれだけのタイムが出ているのは凄いです。

 

高級サルーンから乗り換えても全く不満のない馬力と加速性能で、実際にそういう方が増えているのも頷けます。

 

レクサスNX300のガソリンターボ車も0-100km/hのタイムで

・レクサスNX300(Fスポーツ):6.7秒

という、レクサスLXに迫るタイムを出していますがNXはターボの鋭い加速で、「頑張ってる感」が出てしまいます。

参考 

⇒【SUV最速クラス!】レクサスNX300の加速と馬力を徹底評価!

 

その「頑張ってる感」をスポーティと捉えるか、ウィークポイントと見るかは人それぞれですが、ゆったりとした大人の加速を求める人には最高の一台に間違いありません。

 

俺の一言!

 

流石に5.7Lの圧巻のエンジンは、文句のつけようのない加速性能です。

 

これで満足できなければSUVクラスを諦めスポーツカーに乗るか、中東向けの特別仕様のLX570にスーパーチャージャーを搭載したモデルを逆輸入してください。

 

ただ、LXの加速感にはスポーツ感は少なく、エンジンの鼓動を感じたい方やターボの鋭いふけ上がりが好きな人には、加速はいいけど面白味はないように評価されてしまうかもしれません。

 

あなたの清き1フォローが、より良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

~加速力、馬力、トルクのあるSUVをお探しのあなたへ!~

国産SUVの0-100km/h加速ランキング、馬力、トルクランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト23!国産SUV0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年版】ベスト21!最新!国産SUVトルクランキング!

⇒【2019年版】トップ20!最新国産SUV馬力ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもお勧めです!

 

-ガソリン車

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.