カソバリヘッダー001

ハイトワゴンクラス

【予想外の速さ!】0-100km12.5秒!デイズの加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

日産デイズ、デイズハイウェイスターは、2016年の「三菱自動車燃費不正問題」の問題発覚後に低燃費設定から、少しばかり加速重視のコンピューター設定にシフトしましたので、加速感、馬力感は若干向上していますが、車両重量が重たいために加速力はそこまで良くはありません

 

もし、あなたが、デイズの購入を検討しているのでしたら、今回の記事を読めばターボ1択であることがわかりますので、必ず購入前には確認しておいてください!

 

 
スポンサードリンク

 

その1.デイズのの馬力とトルクを評価!

出典:nissan.co.jp

大人気!全軽自動車加速ランキング、ベスト18はこちらです!

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

スポーツカーではないのでデイズ、デイズハイウェイスターのような軽自動車の馬力とトルクはあまり重要でないと考える方もいると思います。

 

しかし、デイズのような日常使いが多くなる車は、家族を乗せるシーンや上り坂など出足の良さや加速の評価も重要です。

 

デイズは日産と三菱で共同開発で作られた車であり、エンジンはデイズに搭載されるエンジンは三菱製の

・自然吸気(ノンターボ):3B20型 659cc 直3 DOHC

・ターボ車:3B20型 659cc 直3 DOHC インタークーラーターボ

というように、eKワゴン、スーパーハイトクラスの日産デイズルークス、三菱eKスペースと同じエンジンを使用しています。

参考

⇒【とにかく遅い!】デイズルークスの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【購入するな!】問題アリ!eKスペースの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

それでは、デイズの馬力とトルクについて検証、評価していきます。

 

【デイズ/ハイウェイスター 最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
【ノンターボ】
・J/S/X/G
36(49ps) / 6,500 59 (6.0) / 5,000
【ターボ】
・ハイウェイスターGターボ
47 (64ps)/ 6,000 98(10.0) / 3,000

※ハイウェイスター含む

※ターボ車はハイウェイスターのみ

 

ノンターボモデルの馬力は、ライバルの「ワゴンR」「ムーヴ」が52psなのに対してハイトワゴンクラス最低、軽自動車全体で見ても最低値になっています。

参考

⇒【クラス最速!】ワゴンRの軽トップクラスの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【ターボも遅い】3分でわかる!ムーヴの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

さらに、トルクに関してもトルクが細いことで有名なダイハツ車と比較しても、やや値は低く、アイドリングストップ車は若干トルクが抑えられているため、加速や馬力を重視するのであればアイドリング無しの方が有利と言えます。

 

一方ハイウェイスターGターボの馬力は、他の軽自動車ターボと同じく、規制値上限いっぱいの64psに設定されており、トルクは軽自動車の中では上位の数値です。

 

では次に、実際の加速感について検証していきましょう。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.デイズの実際の加速感を評価!

出典:nissan.co.jp

 

エンジンスペックでは、ノンターボ車の非力さが目立ちましたが、実際の加速感はどうでしょうか?

 

まず、ノンターボモデルの加速力はライバル車、ハイトワゴンクラス内では下位に属します。車両重量が830kg~910kgと比較的重量級になっているにもかかわらず、馬力、トルクは弱いということで、パワーウェイトレシオ、トルクウェイトレシオといった値も良くないことからもお分かりになるかと思います。

 

また、CVTの性能も依然として燃費に振ったセッティングになっていますので、スムーズとは言いがたい加速感になってしまいます。

 

一方、ターボモデルのハイウェイスターのエンジン性能はなかなかのものです。

 

ですが、それほど軽量でもない車体(880kg~920kg)と、ノンターボ車同様の加速を重視していないCVTの影響で、同クラスのターボ車と比べても劣る点のほうが多く感じます。

 

ただ、デイズの特性ですがシフトレンジに「Lレンジ」というレンジがあり、こちらは加速に関して俊逸です。

 

Lレンジに入れると無理やり高回転を維持し全開加速することができるので、信号待ちからの加速力が欲しいときや、幹線道路の合流斜線などで役に立ちます。

 

ただ、このLレンジではエンジン音も高まるので車内の快適性は相当失われますが。。。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.デイズの0-100km/h加速タイムを評価!

出典:nissan.co.jp

 

デイズの加速についての、実際の値はどうでしょうか?

 

デイズルークスのネット上にある加速動画やユーザーレビュー等の0-100km/hのタイムを集計してに平均値を出すと、下記のようになります。

・デイズハイウェイスターGターボ:12.5秒

・デイズハイウェイスターG(ノンターボ):18.7秒

ターボ車に限り、そんなに悪くないタイムで、軽自動車の中ではトップとまではいかないまでも十分速いほうです。

 

デイズに搭載される三菱製「3B20型」エンジンはショートストロークエンジンのため、出だしは苦手ですが一度加速してしまえばトルクや馬力が出しやすくなるので高速域は得意です。

 

エンジン特性としては、ある程度回転数を維持すれば馬力とトルクが出るので、シフトレバーを使って「Lレンジ」を上手く使ってやるのが、加速を良くするポイントかと思います。

 

一方DレンジやスポーツモードのSレンジの加速はお世辞にも良いとはいえません。

 

アクセルを思い切り踏み込んでやれば、コンピューターが感知しエンジンの回転数を上げてくれますが、普通の運転の仕方では「3B20型」エンジンの苦手な低回転領域しか使うことが出来ません。

 

ちなみに、2016年のニュースにもなった「三菱自動車燃費不正問題」の影響を受け、低燃費には諦めが入ったのか、マイナーチェンジを経て少しCVTのセッティングが低燃費から加速重視にやや変わり、以前の2016年以前のデイズ、デイズハイウェイスターと比較するとやや加速感が良くなったことはありがたいことです。

 

ですが、下記の記事でも詳しく解説していますが、エンジン自体はもともと「i(アイ)」というミッドシップ用のエンジンを流用しており、エンジンの設定自体に問題があります。

参考

⇒【購入するな!】問題アリ!eKスペースの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

デイズが発売されたのは2013年のことですから、エンジン自体がすでに1世代昔のモデルになってしまっていることは、加速性能、燃費には大いに影響が出ています。

 

俺の一言

 

ネット口コミなどではデイズのどのグレードでも加速に関する酷評が相次いでいますが、ショートストロークエンジンの特性と「Lレンジ」を上手く使えば鋭い加速も可能です。

 

デイズの加速と馬力を辛口評価すると、評価できるのは「デイズハイウェイスターGターボ」のみといえます。

 

現在の所では、エンジンそのものに無理がありますので、購入はフルモデルチェンジまで待った方が良いですね。

 

 

あなたの1フォローがより良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

大人気!軽自動車加速ランキングはこちらです!

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

関連記事

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【ターボ車クラス最低】eKワゴン、カスタムの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【期待外れ】トルクが細い!キャストの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【クラス最速】軽N/A最大馬力!NONEの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【クラス最下位!】ムーヴキャンバスの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【加速イマイチ】軽量化に失敗?NWGNの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【クラス最速!】ワゴンRの軽トップクラスの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【ターボも遅い】3分でわかる!ムーヴの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです

-ハイトワゴンクラス

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.