カソバリヘッダー001

ガソリン車

【SUV最速クラス】0-100km7.3秒!CX-5 25Tの加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

~加速の良い新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

2018年10月に待望のガソリンターボ車の販売がされましたCX-5ですが、その2.5Lターボの加速力、馬力、トルクは、SUVではかなり秀逸です。

 

今回の記事を読めば、CX-5・25Tガソリンターボ車の加速力が、本当に素晴らしく、「買っても損はない1台!」ということが理解できますので、是非、最後までお読みください!

 

 
スポンサードリンク

 

その1.CX-5・25Tガソリンターボ車の馬力とトルクを評価!

 

出典:mazda.co.jp

~加速力、馬力、トルクのあるSUVをお探しのあなたへ!~

国産SUVの0-100km/h加速ランキング、馬力、トルクランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト23!国産SUV0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年版】ベスト21!最新!国産SUVトルクランキング!

⇒【2019年版】トップ20!最新国産SUV馬力ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもお勧めです!

 

CX-5 はもともとディーゼルターボとガソリンNA(ノンターボ車)だけのラインナップで、ガソリン車の加速不足が残念な車でした。

 

しかしついに、2018年10月に待望のガソリン車のターボモデル「25T」が追加されました。

 

CX-5にターボが無い頃、

「ターボがあればなぁ・・・」

と、待ちわびた追加モデルです。

 

私の予測では2.3Lターボあたりが妥当かと思っていましたが、その予想を良い意味で裏切り2.5Lのターボが追加されました。

 

追加されたCX-5・25Tのガソリンターボ車に搭載されるのは以下のエンジンです。

・PY-VPTS型 2488cc水冷直列4気筒DOHCターボ

 

上記のエンジンは、2018年10月に販売されたCX-8のガソリンターボ車「25T」と同一のエンジンになります

参考

⇒【0-100km7.5秒!】CX-8ガソリン車の馬力と加速を徹底評価!

 

NAのエンジンは

・PY-VPS型:2,488cc 直列4気筒 直噴DOHC

ですから、型式的に見てもガソリンエンジンをターボ化したエンジンであることが分かります。

 

それでは、CX-5・25Tガソリンターボ車の最高出力(最大馬力)と最大トルクを評価していきましょう!

 

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
・25T L Package
・25T Exclusive Mode
169(230)/4,250 420(42.8)/2000

 

上記のように検証すると、さすが2.5Lのターボ車ということで、ガソリン車でもかなりトルクが太いことがわかります。

 

CX-5におけるグレード間の最大馬力とトルクの違いを確認してみると、

・25S(ガソリンNA):馬力190ps/トルク25.7kgm

・XD(ディーゼルターボ):馬力190ps/トルク45.9kgm

・25T(ガソリンターボ):馬力230ps/トルク42.8kgm

というように、ガソリン車のNA車は馬力こそディーゼルターボのエンジンと同じですが、トルクが圧倒的に低い値となっているので、CX-5のボディサイズを考えるとガソリン車のNAは、パワー不足が否めません。

参考

⇒【絶対買うな!】パワー不足!CX-5ガソリン・ノンターボ車の加速と馬力を徹底評価!

⇒【SUV最速ディーゼル!】CX-5・XDの加速と馬力を徹底評価!

 

一方、25Tガソリンターボエンジンの方は、馬力はディーゼルターボと比較して40ps向上し、トルクもディーゼルに迫る勢いです。

 

馬力とトルクのバランスを考えると、ガソリンターボエンジンの加速性能が一番高く評価出来る存在になっています。

 

また、CX-5のガソリンターボエンジンの特徴は、馬力トルク共にピークが低めに設定されているということです。

 

同じガソリンターボのSUV、ハリアーのガソリン2.0L、ダウンサイジングターボモデルのスペックは、

・最高出力(最大馬力):170kW(231ps)/5,200〜5,600rpm

・最大トルク:350N・m(35.7kgf・m)/1,650〜4,000rpm

となっており、大分性格が違うことが伺えます。

参考

⇒【ターボ1択!】ハリアーガソリン車の3つの加速と馬力を徹底評価!

 

CX-5のガソリンターボ車は、ターボであるもののピークを上げすぎず、SUVとして悪路や勾配でもしっかりと加速できるような設定になっています。

 

同じ排気量であればNAよりも馬力・トルクに優れるターボエンジンですが、弱点は低回転域でパワーが薄くなってしまうことにあり、SUVにとってこの弱点はあまり宜しいものではありません。

 

そういったターボのネガティブな部分がなるべく出ないように、SUV向きのターボにセッティングされているのがCX-5の特徴です。

 

しっかりと考えて作られていて評価できますね。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.CX-5・25Tガソリンターボ車実際の加速感は?

 

それでは、CX-5・25Tガソリンターボ車に実際に乗ってみたときの感覚を、CX-5・XD(ディーゼルターボ)や25S(ガソリンNA)とどの程度の違いがあるかどうか比較し評価していきます。

 

馬力とトルクのピークを低回転域にもってきているCX-5は、出だしからしっかり加速して、出だしモッサリのNAエンジンとは比較にならない馬力感とトルク感があります。

 

更に速度を上げていっても、急激な盛り上がりも無ければ息切れ感も無いフラットなパワー感を得ることができ、やんちゃなターボというよりは大人のターボといった印象です。

 

一方、XDグレードのディーゼルターボエンジンはというと、出だしでまずグワっとトルクが出てきますが、そのトルク感は加速していくと辛さが出てきて高速域の伸びがなくなってきます。

 

ガソリンターボはそのような息切れ感もないので、低速から高速域までオールマイティに対応することが出来ます。

 

以上のことを踏まえると、CX-5の中では一番弱点の少ないパワートレーンであることは明らかです。

 

 
スポンサードリンク

 

その3. CX-5 ・25Tガソリンターボ車の0-100km/hの加速タイム

 

いままでのCX-5の良いとこ取りのような、ガソリンターボ車であることがわかってきたので実際の加速のタイムも気になるところです。

 

追加されたばかりなのでデータが少ないので多少の誤差があるかもしれませんが、ユーザーの加速動画や口コミ、雑誌等のタイムを独自に集計した平均値が以下の値になります。

・CX-5 25T L Package(2WD):7.25秒

 

やはり、特筆すべきはガソリンターボの伸びやかな加速感です。

 

これだけの性能があれば、ロングツーリングも問題ありませんし、低速域もバッチリカバーしていますので、アウトドアユースも十分可能なレベルです。

 

あえて、重量の軽いFFモデルのタイムを載せましたが、4WDモデルでも0.1~2秒程度の違いかと思います。

 

先ほどお話ししましたハリアーのガソリンターボ車の加速タイムは

・ハリアーELEGANCE(ターボ)FF:7.3秒

となっていますが、CX-5・25Tと違い、ハリアーの場合かなりエンジンを酷使した加速感で上記のタイムを叩き出しています。

参考

⇒【ターボ1択!】ハリアーガソリン車の3つの加速と馬力を徹底評価!

 

ちなみに、CX-5・25Tと同じエンジンを搭載したCX-8のガソリンターボ車のタイムは、

・CX-8 25T PROACTIVE(ターボ):7.50秒

となっています。

 

CX-8ガソリンターボ車とCX-5・25Tの車両重量を比較すると

・CX-8(ガソリンターボ車):1,710kg~1,890kg

・CX-5・25T(ガソリンターボ車):1,620kg~1,680kg

となっており、100kg~200kgの重量差がありますので、0-100km/h加速タイムでは0.25秒の差がついてしまっています。

参考

⇒【0-100km7.5秒!】CX-8ガソリン車の馬力と加速を徹底評価!

 

私の今までの感覚ですと、

「SUVは4WDだろ!」

と言う考えで、SUVのFFを乗る意味が良くわかりませんでした。

 

しかし、CX-5のようなスタイリッシュで加速が良いガソリンターボモデルなら、「かっこよくて速い車」という感覚でFF車でも積極的に選べるのではないかなと思えてきました。

 

俺の一言!

 

CX-5のガソリンターボ車を待ち望んでいたのは私だけではないはずです。

 

そんな、民衆の声に耳を傾け具現化してくるマツダの姿勢は評価できます。

 

ターボのセッティングもかなり煮詰めてあり、扱いやすいターボになっています。あえてわがままをいうなら、もう少しだけピークを上にして、ヤンチャ感を出したほうがよりスポーティSUVなった気がします。

 

あなたの清き1フォローが、より良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

~加速力、馬力、トルクのあるSUVをお探しのあなたへ!~

国産SUVの0-100km/h加速ランキング、馬力、トルクランキングはこちらです!

⇒【2019年版】ベスト23!国産SUV0-100km/h加速ランキング!

⇒【2019年版】ベスト21!最新!国産SUVトルクランキング!

⇒【2019年版】トップ20!最新国産SUV馬力ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもお勧めです!

 

関連記事

 

⇒【絶対買うな!】パワー不足!CX-5ガソリン・ノンターボ車の加速と馬力を徹底評価!

⇒【SUV最速ディーゼル!】CX-5・XDの加速と馬力を徹底評価!

⇒【0-100km7.5秒!】CX-8ガソリン車の馬力と加速を徹底評価!

⇒【ターボ1択!】ハリアーガソリン車の3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです

 

-ガソリン車

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.