カソバリヘッダー001

ハイトワゴンクラス

【クラス最速!】0-100km12秒台!NONEの加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

ホンダNONEは、軽自動車好きの方はご存知かもしれませんが、軽自動車の中ではトップクラスであり、ハイトワゴンクラスでは最速の加速性能を誇ります。

 

もし、あなたが、NONEの購入を検討しているのでしたら、今回の記事でNONEの馬力と加速力、0-100km/hの加速タイムまで詳しく解説しますので、購入前には必ず確認しておいてください!

 

 
スポンサードリンク

 

その1.NONEの馬力とトルクを評価

出典:honda.co.jp

大人気!全軽自動車加速ランキング、ベスト18はこちらです!

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

NONEの公式ホームページには「愛らしいルックスで、走りも楽しく」とあります。

 

やはりN360を意識したモデルだけあって、往年の車好きにもその走りは自然と期待されてしまいます。

 

NONEに搭載されるエンジンは、

・自然吸気(ノンターボ):S07A型:658cc 直3 DOHC

・ターボ車:S07A型:658cc 直3 DOHC 空冷式ICターボ

という初代Nシーリーズのために開発されたエンジンで、2017年発売の新型NBOXでは次世代の「S07B型」+「VTEC」エンジンを使用していますが、現在フルモデルチェンジをしていないNONE、NWGNは販売当時のまま「S07A型」を使用し続けています。

参考

⇒【加速イマイチ】軽量化に失敗?NWGNの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

それではNONEの最高出力と最大トルクを検証してみましょう。

 

【NONE 最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
【ノンターボ】
・Standard/Standard·L
・Standard LOWDOWN/
Standard LOWDOWN L
・Select
・Premium
43(58ps)/7,300 65(6.6)/4,700
【ターボ】
・Standard Tourer
・Premium Tourer
・RS
47 (64ps)/ 6,000 104(10.6) /2,600

 

ノンターボモデルは、ターボ車ほどではないもの、最高出力58psはノンターボ車での軽自動車最大馬力となり、ライバル車よりも優れた性能を発揮します。

 

軽ハイトワゴンのお手本ともいえるモデル、スズキのワゴンRのノンターボ車の最大馬力が52ps、トルクが6.1kgmなので、NONEのエンジンが優れていることが分かります。

参考

⇒【クラス最速!】ワゴンRの軽トップクラスの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

NONEのターボ車に関しては他のターボ車同様に自主規制値の限界値64psとなっております。

 

トルクに関しては軽ターボ車の中ではトップクラスの数値で、ハイトワゴンクラスではライバルとなる「ワゴンRスティングレー(ターボ)」と比較しても上回っています。

 

ターボ車のエンジンの動力性能としてはまず申し分ないでしょう。

 

エンジン性能を見る限りでは、ターボ・ノンターボ共に同クラスではいい値をマークしているといえます。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.NONEの実際の加速感を評価!

出典:honda.co.jp

 

エンジンスペックが比較的良いということがどのように実際の加速に作用するのでしょうか?

続いては実際の加速感の評価です。

 

NONEが発売した当初、ターボ車の加速性能の評価は賞賛の嵐で、ネットなどでは軽の怪物とまで言わしめたことがあります。

 

NONEのエンジン性能は自主規制がある中でも、頭一つ抜けており、CVTの設定とトルクピークを低回転にしたことで、出だしからぐんぐん加速していきます。

 

マイナス点を上げるとすればS07Aのターボエンジンは、高回転域にパワーが頭打ちになるため、80㎞/hからの加速は不得手と言えます。

 

ただし、60km/hまでは普通車のコンパクトカークラスにも引けを取らない加速をします。

 

一方でノンターボモデルは最近の軽自動車にしては、ホンダ伝統の高回転型のエンジンになっており、馬力・トルク共に同クラス車よりほんの少し優れているため、加速性能は高いといえます。

 

ただ、現行のNONE「DBA-JG1型」は2012年11月発売で、現在ではモデル末期となっております。

 

先ほどお話ししたように2017年には新型NBOXはS07B型エンジンになり、更にVTECを軽自動車初で搭載するなどの大幅な改良が施されましたが、NONEは2012年の発売当時のままです。

 

そのため、発売当初は、NONEの加速性能は絶賛されていましたが、時が経つにつれライバルたちも実力を伸ばしてきました。

 

特に脅威となるのがワゴンRなどのスズキの軽自動車達です。

【ワゴンRスティングレー】

出典:suzuki.co.jp

 

エンジンパワーこそS04Aに若干及ばないものの、NONE(RSグレード重量860kg)より軽量なモデルが出てきました。

 

ワゴンRスティングレー(ハイブリットT)は、ターボとハイブリットがついて800kgに収まっています。

 

更に言うと、スズキのアルトワークスは、車両重量を極限の670kgまで削り、ハイパワーのターボ車を載せるというコンセプトのもと加速性能を伸ばしています。

【アルトワークス】

出典:suzuki.co.jp

参考

⇒【軽NO.1】最速王アルトワークスの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

もともと非力な軽自動車ですから車両重量が軽い方が馬力やトルクが活かせるので、圧倒的に加速が良くなります。

 

こうした理由で、後発の車種の進化によってかつての「怪物」とまで言わしめた加速は少し影を潜めてきた感があります。

 

 

 
スポンサードリンク

 

その3.NONEの0-100km/h加速タイムを評価!

出典:honda.co.jp

 

とはいっても、全体で見れば十分加速力のあるNONEですから、実際の加速タイムを確認しておきましょう。

 

NONEの0-100km/hの加速タイムは以下のようになります。

・Premium Tourer(ターボ):12.2秒

・Standard LOWDOWN(ノンターボ車):17秒

 

やはりターボ車はなかなかの早さです。80㎞/h以上の伸びが厳しい特性を持っていてこのタイムですから、いかに60km/hまでが早いかが分ります。街乗りならストレスを感じることはなさそうです。

 

ノンターボの加速もなかなか評価ができそうです。

 

確かにスタートは少し苦手ですが、80㎞/h以上になっても、馬力やトルクが頭打ちにならないのが利点ですが、MT車があれば更にタイムは出せそうですが、最近のAT車全盛の時代では難しいところです。

 

俺の一言

 

2012年発売のNONEは後発の車に若干の追従を許していますが、この軽快さはいまだにトップクラスに位置し、その加速は相対的に見てもまだまだ評価できます。

 

未だに加速については軽自動車トップクラスに君臨していますので、購入を考えるなら、一番スポーティーなセッティングがされているRSグレードがお勧めです。

 

あなたの1フォローがより良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

大人気!軽自動車加速ランキングはこちらです!

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

関連記事

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【ターボ車クラス最低】eKワゴン、カスタムの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【購入は待て】ターボ1択!デイズの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【期待外れ】トルクが細い!キャストの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【クラス最下位!】ムーヴキャンバスの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【加速イマイチ】軽量化に失敗?NWGNの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【クラス最速!】ワゴンRの軽トップクラスの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【ターボも遅い】3分でわかる!ムーヴの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです

-ハイトワゴンクラス

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.