カソバリヘッダー001

ハイトワゴンクラス

【クラス7位!】0-100km12秒台!NWGNの加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

NWGNは、軽さがウリのハイトワゴンクラスの中では残念ながら軽量化対策を徹底していないことが、馬力とトルクはあっても実際の加速に影響してしまっています。

 

もし、あなたが、NWGNの購入を検討しているのでしたら、今回の記事ではエンジンの馬力とトルク、実際の加速感、そして0-100km/hの加速タイムを詳しく解説しますので、購入前には必ず確認をしておいてください!

 

 
スポンサードリンク

 

その1.NWGNの馬力とトルクを評価

出典:honda.co.jp

大人気!全軽自動車加速ランキング、ベスト18はこちらです!

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

NWGNの見た目はごく普通のハイトワゴンの形で、ホンダのNシリーズの中では、いい意味でも悪い意味でも特徴がないモデルです。

 

そんなにスポーティーな感じのする車でもありませんが、軽自動車ファンの間では加速感や馬力感には定評があります。

 

NWGNに搭載されるエンジンは「S07A型:658cc 直3 DOHC」というエンジンで、Nシリーズの販売から使われているエンジンですが、NBOXではすでに新型「S07B型」+「VTEC」となっていますので、1世代前のエンジンとなります。

 

では、実際の馬力・トルクはどうでしょうか?

NWGNの最高出力(最大馬力)と最大トルクを検証してみましょう。

 

【NWGN/カスタム 最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
【ノンターボ】
・C/G/G・L
43(58ps)/7,300 65(6.6)/4,700
【ターボ】
・Gターボ/
ターボSSパッケージ
47 (64ps)/ 6,000 104(10.6) /2,600

※カスタム含む

 

上記のように検証すると、自然吸気(ノンターボ車)の最高出力58psは、軽自動車のノンターボ車の中では最大馬力を誇っており、トルクに関しても軽自動車トップクラスを誇ります。

 

また、ハイトワゴンクラスのレジェンドともいえるワゴンRのノンターボ車の最大値が「馬力52ps、トルク6.1kgf・m」ですから、NWGNの馬力とトルクがどれだけ評価に値するかが分ります。

 

ターボ車の馬力は一般的なターボ車の馬力64ps、トルクは「ワゴンR」の98N・m(10.0kgf・m)を上回っています。

【ワゴンRスティングレー】

出典:szuki.co.jp

参考

⇒【クラス最速!】ワゴンRの軽トップクラスの3つの加速と馬力を徹底評価!

 

このようにエンジン性能だけ見るとNWGNの馬力・トルクは非常に優れているといえます。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.NWGNの実際の加速感を評価!

出典:honda.co.jp

 

続いて実際の加速感の評価です。

 

エンジンが高性能のNWGNですが、ターボモデルで加速を求めるのであれば、NWGNカスタムの

・Gターボパッケージ

・GターボSSパッケージ

二択となります。

 

上記2グレードがおすすめな理由は、シフトレンジにSというスポーツモードがあり、さらにパドルシフトが搭載されます。

 

このモードを使えば、エンジンの力が発揮しやすい回転域をうまく使うことができます。

 

ただS07Aのターボエンジンは、高回転域にパーワーが頭打ちになるので、0-60km/hの領域は得意ですが、80㎞/h以上の領域は不得手と言えます。

 

それほど軽量な車でもないので「カスタムGターボ」は重量840kg(FF)となっており、軽自動車の中では5位の加速性能を誇る「ワゴンRスティングレーHYBRID T」の800kgの車両重量と比較すると30kg重くなってしまってるところは、非力な軽自動車ではかなりのマイナス点となってしまっています。

 

エンジンのアドバンテージと、それ以外のマイナス要素を総合するとターボモデルの中では悪くはないものの並みの加速力といえます。

 

一方、ノンターボモデルは最近の軽自動車にしては高回転型の特性を持っています。

 

そして馬力・トルク共に同クラス車より頭一つ抜きんでているため、ノンターボ車の中では加速性能は高いといえます。

 

少し重いのは残念ですが、それ以上の馬力とトルク・エンジン性能を持っていまが、ここにスポーツモードやマニュアルモードがあればいいのですが実装はされていません。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.NWGNの0-100km/h加速タイムを評価!

出典:honda.co.jp

 

それでは、エンジンの性能とNWGNカスタムのスポーツモードなどの実際に加速に影響するところがご理解できたと思いますので、続いては実際の0-100km/hの加速タイムです。

 

NWGNの0-100km/hの加速タイムに関しては、ネット上の加速動画、各種ユーザーレビュー等のデータを集計した平均値となります。

 

NWGNのノンターボ、ターボ車の加速タイムは以下のようになります。

・NWGNカスタム(Gターボパッケージ):12.4秒

・NWGN(G):16.9秒

 

ターボ車もなかなかの速さで、全軽自動車の中では7位の加速力を誇っています。

 

しかしながらパドルシフトのテクニックも関係してくるので関係するのでターボ車の平均値としては12.5秒くらいが妥当かと思います。

 

また、一般的には17秒後半~のタイムになりがちなノンターボの加速は、ノンターボの軽自動車としては高い評価ができそうです。

 

ノンターボ車は静止状態からのスタートは苦手ですが、80㎞/h以上になっても、馬力やトルクが頭打ちにならないのが好タイムの理由です。

 

ただ、普通のDレンジなのでCVTがエコ巡行したがるのが、加速においては少し邪魔ですね。

 

俺の一言

 

NWGNは動力性能はトップクラスのターボでも軽量化がおろそかになっていますので、並みの加速力になっています。

 

ただノンターボのNAモデルは、高速が得意で意外にも加速感、馬力感を感じられます。

 

 

あなたの1フォローがより良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

大人気!軽自動車加速ランキングはこちらです!

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

関連記事

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【ターボ車クラス最低】eKワゴン、カスタムの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【購入は待て】ターボ1択!デイズの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【期待外れ】トルクが細い!キャストの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【クラス最速】軽N/A最大馬力!NONEの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【クラス最下位!】ムーヴキャンバスの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【クラス最速!】ワゴンRの軽トップクラスの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【ターボも遅い】3分でわかる!ムーヴの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです

-ハイトワゴンクラス

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.