カソバリヘッダー001

スーパーハイトクラス

【クラス最下位】0-100km15.3秒!ウェイクの加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

ウェイクは車両重量が1tを超えるグレードも販売されている軽自動車の中では最重量級になりますので、ターボ車でも馬力とトルクが足りず、加速力はスーパーハイトクラス最下位となってしまっています

 

もし、あなたが、ウェイクの購入を検討しているのでしたら、今回の記事を読んで、ウェイクの加速力が全くないと言う事を確認してから購入するようにしてください!

 

 
スポンサードリンク

 

その1ウェイクの馬力とトルクを評価

出典:daihatsu.co.jp

大人気!軽自動車スーパーハイトクラスの加速ランキングはこちらです!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

ウェイクはレジャーや街乗りと多方面に使うことを想定されて作られた車です。

 

特にレジャーなどでは、坂道、高速道路など加速が必要なシーンがたくさんあり、コンパクトカー並みの重量になっているウェイクにとって加速や馬力は非常に重要です。

 

ウェイクに搭載されるエンジンは以下の通りです。

・自然吸気(ノンターボ):KF-VE型 658cc 直3 DOHC DVVT

・ターボ車:KF-VET型 658cc 直3 DOHC DVVT インタークーラーターボ

 

上記のウェイクのエンジンは、スーパーハイトクラスの「タント」をはじめ、「ムーヴ」「ミライース」等に使用される汎用型のエンジンになります。

 

それではエンジンの加速性能を左右するエンジンの最高出力と最大トルクについて評価していきたいと思います。

 

【ウェイク 最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
【ノンターボ】
・D/D “SA Ⅲ”
・L “SA Ⅲ”/
L “レジャーエディションSA Ⅲ”
38 (52ps) / 6,800 60 (6.1) / 5,200
【ターボ】
・Gターボ “SA Ⅲ”
・Gターボ “レジャーエディション SA Ⅲ”
47 (64ps)/ 6,400 92 (9.4) / 3,200

 

上記のようにウェイクのスペックを検証すると、ベース車のタントと同じエンジンを使用しているために、ノンターボ車では標準的な52ps、ターボ車の馬力は自主規制値いっぱいの64psです。

 

馬力に関しては軽の中ではトップクラスです。(軽ターボ車は64psのみ)

 

ターボ車のトルクに関しては、ライバルのスペーシアやNBOXなどが軒並み10.0kg・mを越えてきているところからすると、ライバルより若干で劣る値になっており、同クラスの車両と比べると残念ながら下位クラスの数値です。

参考

⇒【合格点】軽N/A最大馬力!新型NBOXの加速と馬力を徹底評価!

 

軽自動車の中でも最大級、最重量のクラスなので、かなりのパワーがないと車をスムーズ加速させることができませんが、その中で、ライバルより劣るエンジン性能は加速に関して不利と言わざるを得ないでしょう。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.ウェイクの実際の加速感を評価!

出典:daihatsu.co.jp

 

続いて実際の加速感の評価です。

 

エンジンのスペックをスーパーハイトクラス内で比較すると、ターボ車は並み以下、ノンターボは並といったところです。

 

ですが、先ほどもお話ししたように、加速においてウェイクの最大の弱点は車重です。

 

【ウェイクグレード別車両重量】

グレード FF 4WD
D/D “SA Ⅲ” 990kg 無し
L “SA Ⅲ”/
L “レジャーエディションSA Ⅲ”
1,000 1,040
Gターボ “SA Ⅲ”
Gターボ “レジャーエディション SA Ⅲ”
1,020 1,060

 

上記のようにウェイクの車両重量を検証すると、ほぼすべてのグレードで驚異の1トン越えを果たしています。

 

スーパーハイトクラスにおいて1トン越えは、もともと660ccというエンジンが小さく、非力な軽自動車にとってこの重さはかなり厳しいですね。

 

ちなみにですが、「ホンダフィット1.3L i-VTEC(FF)」の車両重量が1,010kgになっていますので、ウェイクの重さは相当なものだということは理解できると思います。

【フィット】

出典:honda.co.jp

 

ノンターボ車においては、平坦な街乗りならともかく、坂道、フル乗車、高速の合流時などでは、馬力感や加速にかなり不足を感じることになりそうです。

 

ターボ車であっても、この重さと切り立ったピラーの空気抵抗もあり、加速感を重視する人にとっては不満を感じるレベルになるでしょう。

 

レジャー向けの軽自動車になり目的地に行くまでは、「高速道路」「峠道」「上り坂」を多く利用することとなりますので、そこまで加速を求めてない人であっても、余力を感じることは難しくなります。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.ウェイクの0-100km/hの加速タイムを評価!

出典:daihatsu.co.jp

 

流石にウェイクの大きさに加速を求めるのは無理がありそうですが、実測値で評価してみたいと思います。

 

ウェイクの0-100km/hのタイムはネット上の加速動画やユーザーレビュー等の実測値を集計した平均タイムとなりますので、多少の誤差はご容赦ください。

 

ウェイクの0-100km/hの加速タイムは以下の通りです。

 

Gターボ “SA Ⅲ”:15.3秒

 

計り方の誤差もあると思うので一概には言えませんが、結構な遅さです。

 

高速の合流時ではベタ踏み必至ですね。

 

ノンターボ車は信頼できる記録はありませんが、は21秒以上かかりそうです。

 

上記のような0-100km/hのタイムにはエンジン性能の低さと車重がもろに影響されています。

 

「CVTの設定や、エンジンのトルクピークが‥云々」の問題を逆に気にするよりも、重さがなんとかならないと加速の問題はどうにもならなそうです。

 

さらに、大人4人乗りということになると、加速やスピードということはあきらめて安全運転で進むしかありませんね。。。

 

俺の一言

 

ことわざに「二兎を追う者は一兎をも得ず」とある中で、使い勝手を得ているのですからそれで良しとするしか無く、この大きさ・重さで加速を求めるのは無理です。

 

レジャー向けということですが、あまりにも重たい車重のために、レジャーの目的地に着く前に運転手は疲れ果ててしまいますので、少しでも馬力のあるターボ車の購入の1択になります。

 

あなたの1フォローが、より良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

大人気!軽自動車加速ランキングはこちらです!

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

関連記事

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【要確認】クラス最速!新型スペーシアの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【合格点】軽N/A最大馬力!新型NBOXの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【トルクが細い】買うのはやめろ!タントの3つの加速、馬力を徹底評価!

⇒【とにかく遅い!】デイズルークスの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【購入するな!】問題アリ!eKスペースの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです

-スーパーハイトクラス

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.