カソバリヘッダー001

スーパーハイトクラス

【クラス最速】0-100km12.3秒!スペーシアの加速と馬力を徹底評価!

投稿日:

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

2017年にフルモデルチェンジされたスペーシアは、スズキのお得意の軽量化と、軽自動車ではスズキ唯一のハイブリッドモーターのアシストが付きますので、スーパーハイトクラスでは最速の加速力があります。

 

もし、あなたが、スペーシアの購入を検討しているのでしたら、今回の記事では、スペーシアの加速と馬力、そして0-100km/hの加速タイムを解説いたしますので、購入前には必ず確認をしておいてください!

 

 
スポンサードリンク

 

その1.新型スペーシアのエンジンの馬力とトルクを評価

出典:suzuki.co.jp

大人気!全軽自動車加速ランキング、ベスト18はこちらです!

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

スーパーハイトクラスは軽自動車のなかではかなり大柄なモデルですが、新型スペーシアの他の車種は車重の軽量化にかなり苦労をしているところですが、新型スペーシアの車両重量は850kg~というように軽量化に成功しています。

 

スーパーハイトクラスの大型ボディの車はどうしても車重も重くなり、空気抵抗も大きくなりるので、大きなボディをスムーズに加速させるためには軽量化とエンジンの馬力とトルクは重要です。

 

スペーシアに搭載されるエンジンは

・自然吸気(ノンターボ):R06A型 658cc 直3 DOHC 吸排気VVT

・ターボ:R06A型 658cc 直3 DOHC VVT インタークーラーターボ

というスズキの汎用型エンジンで、「ワゴンR」「ハスラー」のようなハイブリッド搭載モデル以外にもアルトラパンにも使用されています。

 

それでは実際にスペーシア、スペーシアカスタムの最高出力と最大トルクを検証してみましょう。

 

【スペーシア/スペーシアカスタム エンジン最高出力と最大トルク】

グレード 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
ハイブリッドG/GS 38(52ps)/6,500 60(6.1kgf・m)/4,000
ハイブリッドX/XS 38(52ps)/6,500 60(6.1kgf・m)/4,000
ハイブリッドXSターボ 47(64)/6,000 98(10.0)/3,000

※カスタム含む
※ターボ車はカスタムのみ

 

上記の様にスペーシアの馬力とトルクを検証すると、軽自動車の馬力は自主規制値があるため、ターボの軽自動車の多くは自主規制いっぱいの馬力を64psに設定しており、トルクに関しては10.0kgmあれば、スタート時のモータアシストも付きますので加速に関しては必要にして十分な値でしょう。

 

新型スペーシアは旧スペーシアからのフルモデルチェンジに際して、エンジン自体は同じ「R06A型」を使用していますが、ハイブリッドモーターは新たに「WA04A型」に変更し最高出力、最大トルクも大幅に向上しました。

 

ハイブリッドモーターのスペックは以下の通りです。

 

【スペーシア/スペーシアカスタム モーター最高出力と最大トルク】

モーター 最高出力
kW(PS)/rpm
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
旧スペーシア
WA04A型
1.6(2.2ps)/1,000 40(4.1kgf・m)/100
新型スペーシア
WA05型
2.3(3.1ps)/1,000 50(5.1kgf・m)/100

 

上記のようにモーターのスペックを検証すると、ターボもノンターボ車も先代にはなかったハイブリットモーターの採用により、エンジンと合わせた動力性能は加速にとってよい効果をもたらします。

 

スペーシアのハイブリットシステムはいわゆるマイルドハイブリッドで、モーターのアシスト力はそんなに大きい値ではありません。しかし、エンジンの最大馬力が自主規制されている軽自動車にとって、ハイブリッドモーターの役割はエコ以上に、加速にとって有効に働きます。

 

そのため、エンジンモーターを合わせた動力スペックはターボ車もノンターボ車も評価できる値です。

 

 
スポンサードリンク

 

その2.新型スペーシアの実際の加速感を評価

出典:suzuki.co.jp

 

続いて実際の加速感の評価です。

 

新型スペーシアは全モデルハイブリッドを搭載しています。

 

大型のスーパーハイトクラスのボディを考えたとき、やはりノンターボのエンジンだけでは出だしの加速感が少ない、上り坂が厳しいという事がありますので、旧スペーシアの反省を含め、どこにも手を抜いていないことが鮮明に現れており評価できます。

 

中でもスペーシアカスタム・ターボ車のハイブリットの馬力感・加速感は俊逸です。

 

馬力感や加速感に優れる理由の1つ目は軽量なボディにあります。

 

ライバルたちの車重をみてみましょう。

・タントXターボ:960kg

・NBOX GLターボセンシング:930kg

・デイズルークスハイウェイスターXターボ:960kg

・スペーシア ハイブリットXSターボ:900kg

 

かなりの軽量化に成功した新型NBOXよりも30kgも軽くなっており、しかも、他のモデルにはないハイブリットモーターを積んでの値です。

 

スペーシアのGグレードに関しては850kgと、スーパーハイトクラスの中では一つ抜けた実力です。

 

2つ目は、ハイブリットモーターの採用です。

 

ハイブリットモーターは低速からいきなり力が出せるのが特徴です。

 

MT車は空ぶかしなどでエンジンをあおってはある程度回転数を上げることができますが、最近のCVT全盛のご時世では、いきなり馬力やトルクのピークをもってくることが出来ず、モーターのような特性は、静止状態からの加速の時にとても役立ちます。

 

特にターボ車にありがちな、低速域でのパワー不足を解消することができます。NBOXのターボ車のように低速域の弱点を補おうとして、低回転域にトルクを集めると高回転で馬力とトルクが頭打ちになってしまいます。

 

ノンターボ車もハイブリットの恩恵を受け、他社のノンターボ車とは一線を画す加速のスムーズさを持っています。

 

また、先ほどもお話ししましたが、新型スペーシアには全車「パワーモード」が搭載され、エンジン、CVTの制御変更とモーターアシストをさらにトルクアップさせることができます。

 

これは、スペーシア独自のもので、スズキのワゴンRやハスラーなど他のハイブリッド車にも装備されていない機能で、「パワーモード」はノンターボ車は言うに及ばず、ターボ車では軽自動車の中では爆発的な加速力を生み出します。

 

 
スポンサードリンク

 

その3.新型スペーシアの0-100km/h加速タイムを評価

出典:suzuki.co.jp

 

実際の加速感や馬力感を評価する上で参考になる値に0-100km/hのタイムがあります。

 

なお、スペーシアハイブリッドの加速タイムは、ネット上の加速動画やユーザレビューのタイムを集計した平均値になりますので、多少の誤差はご容赦ください。

 

ターボとハイブリットの強力な組み合わせのスペーシアカスタムのタイムは以下のようになります。

・ハイブリットXSターボ(パワーモード):12.3

 

スーパーハイトクラスでこの値はすごいですね。軽自動車全体でも間違いなくクラス上位です。

 

エンジン性能の優れるNBOXで12.4秒ですから、相当な実力です。

【NBOXカスタム】

出典:honda.co.jp

 

ライバルのNBOXのほうが、出足は60km/hまでは有利ですが、それ以降の伸びはスペーシアに軍配があがるのは、低速域をハイブリットに任せた効果でしょう。

参考

⇒【合格点】軽N/A最大馬力!新型NBOXの加速と馬力を徹底評価!

 

俺の一言

 

車重が重いスーパーハイトクラスで、これだけの大きなボディをよくここまで、加速できると思います。

 

最近のスーパーハイトクラスの群雄割拠時代を頭一つリードする存在といえるでしょう。

 

今回は2014年にフルモデルチェンジした新型スペーシアの加速と馬力について検証してきました。

 

スーパーハイトクラス最速で、更に価格もNBOXよりも安くなっていますので、購入はお勧めです!

 

あなたの1フォローが、より良い記事づくりのモチベーションにつながりますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

大人気!軽自動車加速ランキングはこちらです!

⇒【最新版】ベスト18!軽自動車0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【最新版】全8車種ハイトワゴンクラス0-100km/h加速ランキング

※別ウインドウで開きますので、後で読んでみるのもおすすめです!

 

~加速力のある新車・中古車の購入を考えているあなたへ!~

あなたはディーラーの新車よりも最大127万円も安く購入できることもある、新車・未使用車の非公開車両があることをご存知ですか?

⇒たった1分で完了!超お買い得な非公開車両の検索はコチラです!

※「ズバット車販売」は中古車販売大手「ガリバー」と提携していますので詐欺行為などは一切ございません!

 

関連記事

⇒【最新版】軽自動車スーパーハイトクラス0-100km/h加速ランキング!

⇒【合格点】軽N/A最大馬力!新型NBOXの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【トルクが細い】買うのはやめろ!タントの3つの加速、馬力を徹底評価!

⇒【とにかく遅い!】デイズルークスの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【購入するな!】問題アリ!eKスペースの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【ターボ1択】重過ぎて遅い!ウェイクの3つの加速と馬力を徹底評価!

⇒【悪用厳禁!】新車営業マンを泣かせる!?禁断の限界値引き交渉術とは?

⇒目次はこちらです

-スーパーハイトクラス

Copyright© バリキックス , 2019 All Rights Reserved.